« コーヒー一杯の幸せ | TOPページへ | 金田一耕助と役者魂 »

2006年05月02日

● 天国にいちばん近い島


これ見たら、何人が 遠い目をしたり、泣く奴が現れるだろうか…




画像

1985年 角川映画


主演は

画像

 原田知世


森村桂の原作と言えば 当時の女子中・高生には かなり人気が高く、その中でも この「天国にいちばん近い島」は トップクラスの作品と評されていた。


それを元に


画像

画像


という前置きで描いたのが かのロリコン大林宣彦である。


画像

主人公の万里(原田知世)は 物凄く内気な子


画像

お父さん子だった彼女は 幼い頃に父親(高橋幸宏)から

「この地球の先っぽには,天国にいちばん近い島というのがあって,

 そこではみんな幸せに暮らしてるんだよ」


画像

という話を聞いて育つが、その父親が急死してしまい、何もかもヤル気を失ってしまう。


けど、父が残した話の「天国にいちばん近い島」に行けば


画像

何かが変わるかもしれない…と思い立ち母親(松尾嘉代)に頼んで


画像

旅に出る。


そんな旅で赴いた先が 

画像

画像

画像

画像

画像

父の話に出てきた ニュー・カレドニア


画像

 ケン・ソゴル(高柳良一)


画像

 峰岸徹(右)


画像

 小林稔侍


画像

 室田日出男


画像

 泉谷しげる、赤座美代子、乙羽信子


そこで、いろんな人達と知り合い…


画像

画像

画像

画像

画像


画像

ニューカレドニアの自然の中で、少女から大人へと成長する。


画像


この作品は封切り時、ストーリーの出来に賛否両論あり、大いに評価が分かれ、3割ぐらいが高い評価に対して7割以上が 駄作と評した。


正直に言うと 私は角川3人娘と呼ばれた中で、「薬師丸ひろ子」よりも「原田知世」が良いと言ってた派なので この作品への評価は高い。


画像

特に、乙羽信子が ニューカレドニア沖で戦死した旦那の供養に訪れるシーンは この作品とは全く関係の無い部分で落涙までした。(ToT)


ただ、あらためて見直して 良く判ったのは 全編を通じてロリコン大林宣彦の嫌らしさ全開作品なのである。


さすがに、後年 小林聡美、宝生舞、石田ひかり、高橋かおり…と言った面々に 無駄なヌードを強要しただけの事はあり、さすがに 当時16歳の原田知世にヌードまではさせないが、^^;


画像

さりげなく、こんなシーンを盛り込んでいる辺りが さすが巨匠だ
(いろんな意味で^^;)


画像

このドラム缶風呂の中で泣くシーンがうまく演じられない原田知世に


画像

表向きは「演出」の大林の この表情は、ただのスケベでしか無い。


ただね、今となっては こんな事は どうでも良い事ばかり…


画像

画像

画像

画像


とにかくね、可愛いかったんだ 原田知世が^^

(今でも そんなに変わって無いのが 凄いよ、ホント^^)


この映画の主題歌だった 原田知世の「天国に一番近い島」が

原田知世のこの頃の曲の中では一番大好きな私である。

(映画とはマッチしてなかったけど^^;)




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『原田知世』関連の記事

コメント

後ろから数えて 5番目の画像って
ブタネコさんの 自画像?(・ω・ )モニュ?☆\(-.-メ)バキッ

★ taku って人

自画像だとすりゃ 俺は相当、絵心あるな…って おい!

うわあぁぁ!懐かしい!
私も、「薬師丸ひろ子」よりも「原田知世」派でした。
ひろ子ちゃんの方は、今ではすっかり母親役などが似合う女優さんになっちゃいましたが、知世ちゃんは、ちっとも変わらないのが凄いですよね。
コレを読んで、また観たくなりました。(^^♪

★ あかり さん

本当は 渡部典子派だったんです 私

ぶっ!!マジすか?!
計り知れないですね、師匠!^^;
確かに、いい女優さんではありましたが。
して、渡部典子さんは、今いずこに・・・?

この映画を見て、新婚旅行でニューカレドニアに行ってしまった私です。
先日もカラオケで熱唱してしまいました。

★ あかり さん

>渡部典子さんは、今いずこに・・・?

シラネ^^;


★ mac さん

>この映画を見て、新婚旅行でニューカレドニアに

そういう友人が 3組知り合いの夫婦にいます。^^;

>先日もカラオケで熱唱してしまいました。

私は 同じ角川つながりで「野生の証明のテーマ」とか「人間の証明のテーマ」いきます^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。