« 雑感(4月23日) | TOPページへ | 妖怪大戦争 »

2006年04月24日

● ハサミ男


映画「ハサミ男」を見た。




ハサミ男


この作品を見ようと思った理由は 単純明快な話で 主演が


ハサミ男

ハサミ男


「豊川悦司」と「麻生久美子」だったから。


で、「あらすじ」は…と述べたいところなのだが この作品はサスペンス系なのでネタバレになりかねないから 述べるのを辞める。


まぁ、どうでも良い話なのだが…


本屋、CDショップ、そして レンタルビデオ店 この3者に共通して言える事は 昔風に言えば「ジャンル分け」 今風に言えば「カテゴライズ」が 店によって様々で、たとえば この「ハサミ男」の場合 半々の割合で「サスペンス系」か「ホラー系」、置かれる棚が違うのだろうと推察する。


パッケージを見ると 一見、ホラーっぽいのだが、ハッキリ言って、これはサスペンスだから お間違えの無いように^^


例えば、誰かのブログで紹介されていたDVDを見ようと思って レンタル屋に行ってみるのは良いのだが… 一生懸命、サスペンスのコーナーを探して見つけられず


「あちゃ、この店には置いて無いや…」


と、安易に結論づけるのは早い。


ホラー系の棚に 未貸し出しで ちゃんとあったりするからだ。


私の知り合いの店は わりと繁盛しているせいか、予算に恵まれていて 品揃えが多い方なのだが、店長にセンスが無く とんでも無いカテゴライズで 内容とは全く違う棚に並べている事が多い。


過去、何軒か見て回った経験で記憶に残るのは


近年、希にみる駄作と違った意味で評価が高い「パール・ハーバー」が 戦争映画の棚にあるのは間違い。

(恋愛ドラマに しとけ)


スピルバーグの「太陽の帝国」も同様で「戦争映画」と言うよりも 「ヒューマンドラマ」であるし…




さて、「ハサミ男」だが…


ハサミ男

ハサミ男


「豊川悦司」は 彼独特の不思議な雰囲気の漂う男…という役柄で 際だったキャラ設定では無い。


「豊川悦司」は 「青い鳥」や「愛してると言ってくれ」「危険な関係」等のTVドラマでは 少し暗め無愛想っぽい男…というイメージが強いが 映画では


 「傷だらけの天使(1997)」

 「Lie Lie Lie(1997)」

 「Love Letter(1995)」

 「12人の優しい日本人(1991)」


と、いった感じで 個性的なひょうきんな設定が少なくない。


私は 無愛想な「豊川悦司」も嫌いでは無いが、この人はコミカルな役の時の方が 味があって大好きなので、この「ハサミ男」の様な役柄は あまり好みでは無い。


ハサミ男

ハサミ男

ハサミ男

ハサミ男


「麻生久美子」は これまた彼女特有の 不思議な雰囲気の女の子であり、これも際だったキャラ設定では無い。 


「麻生久美子」の場合、「カンゾー先生」での役柄で度肝を抜かれたわけだが、その後「贅沢な骨」「赤影」「リング0」等では 独特の暗さを持った役ばかり、そんな中で目をひかれたのは「ひまわり」という映画での演技だったのだが、これも けっして明るい女の子では無い。


一時期、柴崎コウと飲料水のCMに出演していた事があり、その時には「これ、ホントに麻生久美子?」と驚くほど 明るい女の子で、「なんだ、明るい娘の方が 全然、良いじゃん」と思っていたところ…


先日、オダギリ・ジョーと共に「時効警察」というドラマで 初めてと言って良いと思える弾けた役を演じているのを見て とても嬉しかった。




と言うわけで、「ハサミ男」に関しては 感想としては「可」でも「不可」でも無い。


ただ、サスペンスとしては 相当、早い段階で筋書きが読めてしまうので三流の脚本である。


が、お手軽2時間ワイド・サスペンスを見るよりは はるかに面白い。


個人的に意表を突かれたのは


ハサミ男


久しぶりにボウズを見れた事。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『麻生久美子』関連の記事

コメント

 クラヒー!! ブタネコさん、しばしご無沙汰でした。検査入院お疲れ様です。

 怪作『パールハーバー』、戦争映画の棚でなく、恋愛映画の棚に置けというのは賛成ですね~(笑)。あれを戦争映画として観るから、腹が立つのです。恋愛映画として観れば、不快なだけで済みますよね(爆)。メインテーマは良かったですが、恋愛部分も酷かった・・・。

FORREST

★ FORREST さん

恋愛映画の棚であれば まず、私は そのコーナーに行かないのでパッケージを見ずに済むのですが、戦争映画のコーナーにあると パッケージを見る度に「ケッ」と 腹が立つモノで…^^;

すいません、器が小さいんです 私は^^;

麻生久美子っていいですよね(^^)。
実は私は「SALA」というCMでファンになったのですが、時空警察を見たとき、その彼女が同一人物と気付くまで、ニブイ私はかなりの時間を要しました(^^;。

この記事に掲載された麻生久美子の画像を見て、俄然見たくなった私は、今朝かみさんにTSUTAYAで借りてくるよう頼んだのですが、探しきれずに手ぶらで帰ってきていました(T_T)。
ブタネコさんオススメの「カンゾー先生」も近い内に見てみたいと思います(^^)。

★ roadrace さん

>「SALA」

なんとなく覚えてます。^^

結構、CMに出てるんですよね 麻生久美子って^^

>「ハサミ男」

おそらく「準新作」扱いだと思います。^^

>「カンゾー先生」

麻生久美子好きは必見ですよ。^^

ただし、物語には期待しないで下さい。^^;

(特にラストはね^^;)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。