« 相武紗季を ちょびっと♪ | TOPページへ | 雑感(4月23日) »

2006年04月22日

● 北海道にもウルルがあるのか?


今年もまた もうすぐ季節がやってくる…




そう、この季節とは…




アイヌネギだ!!!




画像


参考までに語っておくと 私に言わせれば このアイヌネギこそ、山菜のキングofキングである。


アイヌネギは わりとアッと言う間に成長してしまい


画像


上の画の様になってしまう。

(成長すると スズランに似てる)


なので、


画像


このぐらいになる直前(上の画でも 成長し過ぎ…と指摘する人がいる)のタイミングで収穫したものが もっとも美味しい。


私は 軽く湯がいて


画像


この様な状態のに 卵の黄身だけをおとし、醤油でかきまぜて食べるのが大好きだ。


で、上のように軽く湯がいて 適当の長さに切ったものを小分けにして 急速冷凍しておき、ジンギスカンを食べる時に ニラやニンニクの茎と同じ要領で焼いて食べるのも絶品だし…


画像


この様に醤油漬けにしておくと 長期保存が出来るし、そのまま食べるのも良し、別の料理の薬味として使うも良し、いろんな使い方が出来る。


でね、この「醤油漬け」にする際の”漬け汁”は 北海道においては”家庭の味”のひとつとして その家独特のやり方がある。


例えば、単純に生醤油だけ…というオーソドックスな家が多いが、中には 酒やみりんを混ぜる家もあるし、酒も 日本酒とは限らず、焼酎、ワイン、ウォッカなど こだわる家もある。


我が家の場合は 酒は適当な日本酒を少し混ぜる程度で こだわるのは醤油。


「白醤油」で漬けるのが 実に美味しいのである。


この”漬け汁”を”家庭の味”として捉えるのは アイヌネギだけでは無く、他の代表的なものは「数の子」や「イクラ」


よく、本州の 身の程知らずな人は道産子に「美味しいイクラを送って」と呑気に言うが、真の道産子家庭では イクラはイクラとして買ってくるものでは無く、通称”腹子”と呼ばれる 鮭の腹から取り出したままの状態のものを買ってきて 生温い水で洗いほぐし、独自の”漬け汁”で漬けて”イクラ”を作るのである。


ゆえに、~ってメーカーの美味しい…等と認識しているわけでは無い事を覚えておくと良い。


近年では このアイヌネギを「行者(ギョウジャ)ニンニク」と呼び 折からの山菜ブームも相まって 本州方面のスーパーなどでも売られていたりするから、もし、目についたら試してみる事をお奨めするが、重要な事として前もって御注意申し上げるべき事としては「匂い」である。


これは、「くさや」や「ニンニク」や「ニラ」なんかよりも はるかに臭い。^^


特に、湯がかずに生で食べると 最高に臭い。^^;


しかし、以前 別の記事で述べた事だが


「アイヌネギ」「ジンギスカン」「カンカイ」


これらの匂いは 道産子にとって郷愁を伴う 素晴らしい香りなのである。


さて、先述した中に 醤油漬けを”薬味”として…と述べたが、それを具体的に述べると醤油漬けにしたものを細かくみじん切りにした状態にして「おろしニンニク」の代わりに使ってみる事をお奨めする。


個人的に、今まで いろんな食べ方を試してきたが それらの中で特にベストマッチだったのは これまた季節柄、旬でもある「鰹のたたき」 それと「イカ刺し」の「おろし生姜」の代わり等で 要は、少し鮮度が落ちてたり 旨味が欠けている刺身を食べる時、騙されたと思って試してみると良い。




今年の札幌の天気は 実に奇怪至極である。


例年であれば、4月の初旬 いわゆる、小中高の入学式が行われる 6・7・8日あたりに一度、激しい雨が吹き荒れたり、みぞれ混じりの雨が降り、それを期に春の兆しが訪れるのだが…


20日過ぎの今日ですら 街には雨が降り、山間部からは残雪がまだ消えない。


ま、判りやすく言えば






 寒い!!! って事で…




ところで、先日 今や別荘代わりになってしまった 二代目開業医の病院の とある病室で本を読みながら 院内に流れる有線でラジオを聴いていたところ アイヌの末裔の一人であるという人がゲストに出演していて アイヌ文化にまつわる話をいろいろとしていたのだが…


アイヌの民話には コロボックルと呼ばれる妖精の様な神をはじめとして いろんなモノに それぞれ神様がいるのだそうだ。


で、その中には「アイヌネギの神」というのがおり、アイヌネギを採る時に 根を傷つけず、しかも生えているものを全部採らずに 少しだけ残しておくと 次の年も そこにアイヌネギが繁茂するのに、後の事(他人の事)を考えずに根こそぎ採ってしまうと「アイヌネギの神」が怒り、祟るのだそうだ。


たしかに、山菜を採る時は 引っこ抜いて根を傷つけたりせずに、茎を切って根を残すのはマナーどころか鉄則である。


まぁ、そういう”言い伝え”で正しい事を導くのは民間伝承として 良い事だと思うのだが…


そんなアイヌの話を色々と聞いているうちに 何故か、何処かで聞いた話の様な気がしてきたわけで…


そのトドメの言葉となったのが


『アイヌの言い伝えによると、物事には必ず理由がある…って事なんです』


私は それを聞いた途端「え?」と思う






アボリジニと同じか? と。




少し、真剣に研究してみようと思った次第だ。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2006年)』関連の記事

コメント

そもそも亜紀の弔辞も実際はネイティブアメリカンの言葉からですよね。

面白いのは、ネイティブアメリカンにしろアボリジニにしろアイヌにしろ、彼らの考えを他者(他民族)に押し付ける、言い換えれば布教活動の様なことはしていないということ。
なのに三者には共通項がある。
まあ「物事には理由がある」というところだけですけどね、このブタネコさんの記事を読んだ時点までだけだと。

ブタネコさん、皆様こんにちは

先日は、らーめんネタ回答ありがとうございました。おろしにんにくって初めてだったので、今度挑戦してみます。で、今日も、食についてなので、食らい付きましたw

アイヌネギですかぁ。ほんと、茎の部分が、すずらんと似てますね。すずらんは毒性が強いと聞いたことがありますが・・
ぬたと呼ばれる、みそで和え物にしても美味しそうですね。上の保存びんはブタネコさん所有のものですか?
私、保存びん見るの大好き~~変わり者かな
それぞれのお宅での、保存されてるのって、色んなものがあって面白いんですよ。解かってくれるかなぁ~
子供心に驚いたのが、マムシの焼酎付けw
姿まるまる入ってますものね。
あとは、らっきょとか、にんにく、酢大豆と、ぐみとかetc・・
その家特有の調味や、味付けって、受け継がれていかれる物ですからね。明太子もそうでしたね。

今年もまた、もうすぐ季節がやってくる~で
昨年の記事読んでたら、奥様が寝込んでいらしたのが、1年前。そのときお嬢様が料理をなさっていた記事を読んで、改めて色々考えさせられる想いが致しました。
いつか、嫁がれる時は、ブタネコさんのお家の味・・あっ、相手先の家庭の味になるのかな~
私は、娘には保存びんと、ぬかみそ持たせたいと思ってるんですけども・・・今どき古臭いですかねw

★ うごるあ さん

そう、その通り^^


★ エメラルド さん

>ぬた

あぁ、それ 今度、試してみますね…

でもね、アイヌネギには独特の辛味があるので 酢味噌と合うかな…


>保存瓶

上の画は よそから頂いてきたもので 私のではわりませんイメージ画ということで^^;

ただし、概ね どこの家庭でも似たような感じだと思いますよ 幅広の広口瓶ってところが^^


昨年来、娘はずいぶんと料理の腕をあげましたよ^^
(けっして親バカでは無く^^;)

>相手先の家庭の味になるのかな~

相手の味覚を変えさせれば済む話です。^^

場合によっては、密かに私が婿を説得して、嫌でも私が そうさせます^^

>保存びんと、ぬかみそ持たせたいと思ってるんですけども・・・今どき古臭いですかねw

いえいえ、大変 結構だと私は思います。^^

是非、そうさせるべきです。

料理をきちんと出来る… 男女差別と誤解されるやもしれませんが、私は 女性は それなりにきちんと料理が出来るべきだ…と思っております。

それは けっして、女性蔑視という気持ちでは無く、子供にとって 母親は ちゃんと料理の出来る人であるべきだ… と、思うからです。

子供なんかいらない…とか、妻よりも夫の方が料理好き…というケースは また、話はべつですけどね^^


ブタネコさん、こんにちわ。

アイヌネギ、大好きです。
うちは酢味噌で食べますが、卵の黄身と醤油もおいしそう・・・さっそく試してみます!

数年前、うちの庭に生えているアイヌネギを取りに母が外に出ると、裏の家のガキどもに
むしり取られていたことがありました(激涙)
「おままごとにつかう」と言う理由だったそうです。

アイヌネギの臭さはまさに強烈ですよね(笑)
父がアイヌネギを食べた日は、寝る時寝室のふすまは開けっ放しでした。
(母曰く臭くて死にそうになるそうです(^^))

★ junchin さん

>うちは酢味噌で食べますが

あら… 酢味噌 アリなんだ…

私も 今度、試してみます。^^


>「おままごとにつかう」

間違いなく、アイヌネギの神様に祟られるぞと アイヌの長老に言われますよ^^

>父がアイヌネギを食べた日は、寝る時寝室のふすまは開けっ放しでした。

我が家では アイヌネギを食べる時は 皆で揃って食べます。
(お互い様…って意味でもあり、自分か嫁か娘か判らなくしてしまう…って意味もあり^^;)

ブタネコさん、こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいております。

ですが、今日はこちらの雑感を読んでいるうちに思わず涙が・・・。
だって、懐かしくて食べたくて・・・アイヌネギ。
5年前に故郷札幌から離れて以来、食べていません。でもあのたまらない香り、今でもしっかり思い出せます。
我が家はさっと湯がいて醤油に漬けるだけでしたが、それでご飯3膳はいけました。
私にとってまさに『母の味』です。
母はフルタイムで働いていて、とても忙しい人でしたが、山菜採りには必ず行っていました。私も何度か連れて行かれましたが、さすが富良野の山奥出身だけあって、目利きはすさまじかったです。
そして採ってきたものをご近所におすそ分けし、3,4日するとまた新鮮な山菜の頂き物が我が家へ。春の間中、山菜が飛び交っていました。その中でもアイヌネギは保存するつもりでいても、つい食べすぎちゃってあっという間になくなってしまうんです。その分貴重価値が高かったです。
もうひとつの『母の味』はにしん漬けです。こちらは毎年母が送ってくれるので、冬の最大の楽しみになっています。
こうして考えてみると、母は私にとって非常に偉大な人です。側にいられるうちに、もっと色んなこと教えてもらえばよかったと後悔しています。
離れて暮らすようになってからも唯一続けていたのが梅漬けだったのですが、一昨年カビさせてしまいました。関西のマンション暮らしではちゃんと手をかけてあげないといけなかったのです。縁起が悪いので3年間はお休みしようと決めましたが、今年漬けちゃおうかな。娘が「お母さんの梅干しが一番おいしい」なんてかわいいこと言ってくれるので。
久しぶりに母に電話して相談してみよう!

長文大変失礼しました。
ブタネコさんのおかげで元気でました。
暦が春でもまだまだ寒い札幌。
でもね、きっともうすぐですよ。新緑の芽が吹き、たんぽぽの黄色が映え、やわらかな日差しに包まれ、澄み切った青空が広がる。
私はやっぱり札幌が大好き。

★ ひまわり さん

>だって、懐かしくて食べたくて・・・アイヌネギ。

すいません、お気持ち よく判ります。^^

だって、本州に居住している時の私が そうでしたから

>もうひとつの『母の味』はにしん漬けです

あぁ、そうでしたね「にしん漬け」もありました^^

書き忘れてスイマセン。^^


>もっと色んなこと教えてもらえばよかったと後悔しています。

そう、どんなに沢山の事を教えて貰っていても「まだまだ」と思われる そんな親に私はなりたい(ToT)


>元気でました。

そうですか^^ そう言われると、「ブログやってて良かった」そう感じます。

ありがとうございます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。