« 弁護士のくず 1-4話 | TOPページへ | 4~6月期新ドラマ雑感 »

2006年04月14日

● オリエント急行殺人事件


映画「オリエント急行殺人事件」 (1974年公開:英)について語ってみる。




アガサ・クリスティの名探偵「ポワロ」シリーズの一作で 傑作の呼び声が高い作品でもある。


とにかく、出演者が豪華で


  ・アルバート・フィニー

  ・イングリッド・バーグマン

  ・ローレン・バコール

  ・リチャード・ウィドマーク

  ・ショーン・コネリー

  ・アンソニー・パーキンス

  ・ジャクリーン・ビセット

  ・ヴァネッサ・レッドグレイヴ

  ・マーティン・バルサム

  ・ジャン・ピエール・カッセル

  ・ジョン・ギールグッド

  ・ウェンディ・ヒラー

  ・レイチェル・ロバーツ

  ・マイケル・ヨーク

  ・コリン・ブレイクリー

  ・ジョージ・クールリス

  ・デニス・クイリー

  ・ヴァーノン・ドブチェフ


そうそうたるメンバーである。


画像

画像

ロンドン-イスタンブール間を3日間かけて走破する寝台列車「オリエント急行」の中で 乗客の一人が殺されて発見される。


画像

たまたま、その列車に乗り合わせていたポワロ(上の画右)が やはり同乗していたポワロの知人で鉄道会社の重役でもある人物から依頼され捜査にあたる。


この作品は 純然たるミステリーなので 迂闊にあらすじを述べてネタバレするのは嫌なので余計な事は語らない。


で、許される範疇で申し上げれば この作品は原作も そして、この映画も とても巧く構成されていて名作だと思う…という事。


画像



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『短小説「北斗星」』関連の記事

コメント

 クラヒー!! 『オリエント急行・・・』、私の大好きな作品です。もともとは、海外推理小説にはまっていた友人の影響で読み始めたのですが、紹介された多くの著者の作品の中でとにかく、クリスティー作品は群を抜いていました。私ごときが彼女の作品を語っても仕方ありませんが(笑)、単なる事件解決の妙ではなく、壮大な人間ドラマを楽しませてくれる点で大いに驚き、感動したものです。『オリエント・・・』は法の枠を超え、人生そのものを考えさせられました。ポワロ(クリスティ)、最高です!!

 とかく、原作と違って、映像作品の場合、上映時間の制限上、「一番映っている人物が犯人」という可能性が高く、あまり楽しめませんが、本作品の場合は・・・・、私もこのへんでやめておきます(苦笑)。

 クリスティ作品が出たついでといっては恐縮ですが、ブタネコさんは彼女の謎の失踪事件についてはどうお考えでしょうか?? 

FORREST

★ FORREST さん

「オリエント…」は 秀逸ですよね

ポワロの解決方法が とても意外で…^^

これは 本当に いろんな意味で傑作だと思うんです私は。

>「クリスティの失踪」

うわぁ… 凄いトコ突いてきましたねぇ…^^;

これ、語ると深いんで ちょっと御時間を…^^;

すいませんです。

 クラヒー!! 「クリスティの失踪」、ブタネコさんの解説を楽しみにしています。オリバー・ストーンの『JFK』をスタートにして、JFK暗殺事件の真相もお聞きしたいのですが、これまた、大変なことになってしまいそうで・・・(笑)。

FORREST

★ FORREST さん

>JFK

そう言えば、コンプトンが… って知った時、物凄くビックリしましたね 私は^^

あ、義弟が「すっかり 御無沙汰してスイマセン」と申しておりました。^^

彼は 今、案外 Brandenburgerの辺りを漂ってるみたいです(内緒です) ^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。