« タッチ | TOPページへ | 短小説「北斗星」 23 »

2006年04月11日

● 真珠郎(古谷版)


古谷一行が金田一耕助を演じた78年版「真珠郎」を語ってみる。




真珠郎

真珠郎


この作品のラストには


真珠郎


という風に「お断り」が流れる通り、本来の原作には 金田一耕助は登場しない。


以前、同じ様に原作では金田一耕助が登場しないのに、それをあえて登場する設定に変えて映像化された『仮面劇場(古谷版)』では その変更に苦言を呈したが、この「真珠郎」では 逆に私は迎合したいと思った。


それは、「真珠郎」に「金田一」を融合させる努力や配慮が 映像通して制作者側の姿勢が感じられたからに他ならないと思う。


主な出演者は


真珠郎

「大谷直子」が若い^^


真珠郎

「中山仁」と言えば 「サインはV」なんだが…^^;


真珠郎

「原田大二郎」が まだ、脂まみれじゃ無いんだ…^^;


真珠郎

「岡田英次」が不気味


真珠郎

真珠郎

真珠郎

「加藤嘉」がオチャメ


で、最終的には


真珠郎

真珠郎

真珠郎

「早川絵美」こと「真珠郎」がね 良い雰囲気を出してるんだ^^


ドラマの構成や物語的には「なんじゃ、それ」的要素は たしかにいっぱいある。


しかし、横溝独特の「怪奇ロマン」や「御伽草子」的雰囲気を 古谷のテレビ・シリーズの中では最も巧く表現できている作品かもしれないと思った。


最後に、

真珠郎

真珠郎

真珠郎


こういう時代を感じさせる絵は良かったよ。^^

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『古谷一行:TV』関連の記事

コメント

ストーリーの細かいところは覚えていないのですが、そうか、これも金田一ものとして制作されていたのですね。
「お断り」が何だか微笑ましいですね。

>「真珠郎」に「金田一」を融合させる努力や配慮が 映像通して制作者側の姿勢が感じられた
>横溝独特の「怪奇ロマン」や「御伽草子」的雰囲気を 古谷のテレビ・シリーズの中では最も巧く表現できている作品かもしれないと思った。
 画像を拝見してなるほどと思いました。
幻想的な雰囲気と、現実的なシーンの対比が面白くていいですね。

>こういう時代を感じさせる絵は良かったよ。^^
 古谷版はロケ・シーンに味がありますよね。乗り物や景色だけでなく、画面全体から滲み出てくる雰囲気そのものが、横溝ワールドを支えているなあと思いました。

今こういった雰囲気を画面上に醸し出そうとするのは難しいと思います。

CG合成の技術も確かに素晴らしいですが、作り物と本物とでは、やはりどうしても違いが見えてしまうんですよね。

その時代の空気という、目に見えないものまで創り出すのは至難の業だからです。

古谷版の画像を拝見するたび、その感を強くします。

★ HAZUKI さん

>「お断り」が何だか微笑ましいですね。

まったくです。^^;

こんな真似されると 私も鬼じゃないから怒れません^^

>古谷版はロケ・シーンに味がありますよね。乗り物や景色だけでなく、画面全体から滲み出てくる雰囲気そのものが、横溝ワールドを支えているなあと思いました。

仰る通りだと思います。

内容には それぞれ一長一短はありますが古谷版の77/78年のシリーズは 原作を読む上での時代や 土地柄をイメージする際の資料としてはとても有益だと思います。^^


かなり以前の記事なので読んでもらえるかわかりませんが、コメントさせていただきます。自分が横溝作品に初めてはまったのが中学の時に見たこの真珠朗でした。
 冒頭の妖しい雰囲気のたたずまいの真珠朗に引き込まれて作品を見続け、翌日の日曜日には角川文庫版を買いに行ったものでした。登場人物が限られた中なのに意外な犯人、なによりも@@@@@@というトリックは心底驚かされました。その後の横溝正史シリーズは欠かさず見ようとしましたがどうしても途中で眠くなり完全に見られたことは少なかったです。(まだ子どもだったので・・)
 ちなみに真珠朗役の早川絵美さんはザ・カゲスターのベルスターだったことを後年知ってひっくりかえりました。(真逆なんで・・・)
 仮面劇場にも美少年が出ていますが横溝先生は美少年好きな面もあったのでしょうか?ドラマとしてはこちらの方が原作に忠実に描かれていたと思いましたが。

★ toshi さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

また、コメントを公開するに辺り 一部を管理人権限で削除もしくは伏せ字にさせていただきました事を御了解願えますと幸いです。

さて、

>横溝先生は美少年好きな面もあったのでしょうか?

というお尋ねですが、私の記憶と実感では 特別なほどの「美少年好き」では無いと思います。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。