« 短小説「北斗星」 19 | TOPページへ | 短小説「北斗星」 20 »

2006年04月07日

● サマータイムマシン・ブルース


映画「サマータイムマシン・ブルース」を見た。




サマータイムマシンブルース

この作品を監督した本広克行は「踊る大捜査線」のシリーズで著名な人。


そのせいもあってか、この作品と「交渉人 真下正義」にはリンク出来る部分が いくつもあるし


サマータイムマシンブルース

この左の人物などは「踊る…」ファンなら知らない人はいないだろう。^^


主演は


サマータイムマシンブルース

瑛太と上野樹里なんだと思う。


サマータイムマシンブルース

思う…という表現は 私には「誰が主演」と決めて流れている物語には思えなかったらで、しいて挙げれば… その二人なんだろうな…と。


しかし…


私にとって「スウィング・ガールズ」以後、「上野樹里」は 密かに注目している女優さんである。

サマータイムマシンブルース

サマータイムマシンブルース

サマータイムマシンブルース

サマータイムマシンブルース


と言うのも、この娘は 違うドラマで見る度に キャラ設定の違いの演じ分けが巧みで、その上、見る度に見た目が違う風に感じる娘なのである。


世間的に人気が高い若手女優でも どんなドラマで どんなに違うキャラ設定の筈でも、いつも同じ風に見える役者より 私はこの「上野樹里」の様な女優さんが大好きなので、この作品で また違う「上野樹里」に会えたのは とても嬉しいが、この「サマータイムマシン・ブルース」という作品は 2回繰り返して見たが、たぶん もう、見ない。^^;


話の流れや設定の関係で この作品は 必ず2回、出来れば直ぐに続けて繰り返し見る事をお奨めする。


しかし、2回目を見終わったら 充分に満足できてしまい、3度目を…という気には私の場合なれなかった。^^;


作品としては「中の下」といった感じの出来で 2時間弱の暇潰しに見るには手頃な作品だと思う。

さて、この作品の中で…


サマータイムマシンブルース

サマータイムマシンブルース


久しぶりに「真木よう子」を見た。


この娘も なかなか渋い女優さんに成長してる事が感じられ オジサンはとても嬉しい。


尚、この作品の ブタネコ的見所は


サマータイムマシンブルース

サマータイムマシンブルース

サマータイムマシンブルース

この香川県の善通寺近辺の風景だ。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『コメディ』関連の記事

コメント

ビール片手にボーと見ましたが、なかなか楽しめる映画でした。及第点ですよね。
>上野樹里さん    あまり活躍しませんでしたが、いい味だしてましたね〜。
トラックバックいただきました。

★ samurai-kyousuke さん

ども、御無沙汰してます。^^

私も まったりとした時間に 暇潰しの
つもりで見ましたが…

充分に 暇がつぶせて満足しました。^^

なんか 上野樹里が ますます、目が離せなくなりつつあります^^;


私は今日、これ観ました。

特に今「のだめ」をやっている最中だけに余計に上野樹里の素晴らしさが確認できました。

それに私も香川県の善通寺近辺の風景は一番惹かれたところです。

あんな風に風呂上り、普通に境内を通っていくのはかなりうらやましいです。

★ うごるあ さん

>あんな風に風呂上り、普通に境内を通っていくのはかなりうらやましいです。

ですねぇ…

そういう環境に住んだ事の無い私は 同じ様に感じましたmon♪

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。