« O弁護士の話(その2) | TOPページへ | 優しい時間 第7話 »

2006年04月26日

● 「悪魔の手毬唄」と夏目雅子


77年版「悪魔の手毬唄(古谷一行版)」の手毬唄と夏目雅子の1シーン。(約5分)

画像画像画像



【管理人注記】

この動画は 視聴期間が終了となりました。

御意見・御要望・御感想は 御気軽にコメントに寄せて下さい。^^

尚、『悪魔の手毬唄(古谷版)』という記事を御参照頂けますと幸いです。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『懐かしい映像』関連の記事

コメント

手毬のシーン、時間的長さが結構あったんですね。CMの度に挿入とありましたので、もっと短いのかと思ってました。
角川文庫の杉本一文の表紙絵を連想させる おかっぱの女の子、なんか郷愁を誘われました。
(しかしこうして かわいらしい声で聴いてみると やっぱ子供が歌う歌詞ではないなあと思いました^^;)

古谷・金田一、いやあ、ハツラツさがあっていいですね。
それにしても、あの袴姿は自然の風景に本当によく似合う。
自然の鮮やかな緑色と金田一のくすんだ冴えない灰色との対比が印象的でした。横溝ワールドですね(笑)
蔵に映る影も雰囲気ありました。

夏目雅子は『西遊記』ぐらいしかきちんと観た作品がないのですが、こうして動いてしゃべっている姿を観るとあらためてきれいな女優さんだなと思いました。凛とした美しさですね。
こういうきちんとした雰囲気を持った女優さんて最近観ないような気がします。
しかもこういう美人が方言でしゃべるところがまたいいんですよね。

このあいだの稲垣版が記憶に新しい『女王蜂』、夏目雅子が智子だったら良かったなあ、と、今回動画を視聴する機会を得てふと思いました。

貴重な動画をありがとうございました。

★ HAZUKI さん


手毬のシーンは 実は3つに別れていて 歌詞の1番は第1話 2番は第2話 そして3番が第4話の冒頭に挿入されてます。

その理由は HAZUKIさんには判るはず。^^

しかし、この手毬唄 知らずに聴けば童謡なんですけど、歌詞は実におどろおどろしい^^;


>『女王蜂』、夏目雅子が智子だったら良かったなあ、と、今回動画を視聴する機会を得てふと思いました。

たぶん、横溝作品の どのヒロインも全てこなせる数少ない女優さんだと私は思っているのです。


>しかもこういう美人が方言でしゃべるところがまたいいんですよね。

全く同感です。 方言って 本当に温かくていいですよねぇ^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。