« 短小説「北斗星」 | TOPページへ | 白夜行 最終回(天使編) »

2006年03月26日

● 白夜行 最終回(言い訳編)


正直言って、今でも感想が巧くまとめられない。^^;




「あ~、面白かった」と素直に満足する「天使なブタネコ」と…


「なんじゃ、こりゃ」って 不満タラタラな「悪魔のブタネコ」と…


その、どちらとも言えない「いつものブタネコ」と…


率直に言って感想が3パターンあるんだなぁ。^^


それらが頭の中でグチャグチャに入り混じって収拾がつかないのです。^^;


だから、いつもなら翌日には記事を更新するのだが、今回はそれを止めて「エースコンバット」で遊んだり、他の話の記事を書き 少し頭を冷やしながら合間に一服しつつ考えてるうちに「どうせまとめきれないなら 感想、書かなきゃいいじゃん」とも思ったり…


で、今回は 試しに3パターンの感想を とりあえず述べてみて 読む人に好きなのを選んで貰おうと考えた。


総体的な感想は あらためて考えがまとまるようなら 語ってみたいと思ってる。^^;




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『白夜行』関連の記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。

今回の感想3つ・・・私にもほぼ同じような3つの感想がありまして、
見ごたえのあるドラマで面白かったのですがモヤモヤしたものが残ってしまいました。
最初はどういうオチを用意してたんでしょうか。気になります。

ちなみに、悪魔さんにポチッとさせて頂きました。

しかし、セカチューも見ていましたが、
綾瀬さん、山田さんはこのドラマで全く違う顔見せてくれましたし、いい役者さんになっていきますね。

初めてレスします。

私もこのドラマは何が言いたいのか。こんなドラマを放送する意味があるのか。そう思って毎回このドラマを見てきました。もちろん「綾瀬はるか」という女優の成長を見るだけでも価値はあったのですが...

しかし、TBSの公式ページの武田鉄矢氏のインタビュー記事

「犯罪者2人が愛というテーマでずっと何かを追い続けるのならば、笹垣も何か強いもの持っていないとダメだと思って、演出家と相談して、隙間隙間で親鸞の(教えを説いた)『歎異抄』を口ずさんでるんです。これは最初にやった時に演出家が訳分からず「あっ、いいですね!」って言ってくれて、それ以降やらせてもらってるんですよ。なぜ『歎異抄』なのかと言いますと、このドラマの持っている最終的な大きいテーマじゃないかと思うんだけど、「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」というのがあるんですが、悪こそ神の救済の対象なんだという意味で、これは原作の中で深く漂ってるんじゃないかって思ったんですよね。雪穂がマリア様に向かって自分の運命を呪う所がありましたが、マリアから打ち捨てられたヒロインを救いうる宗教は世界にたった一つ、親鸞の浄土真宗だけなんですね。これがどういう結果になるか分からないですけど、毎回小さく『歎異抄』の一部分をつぶやきで入れています」

を読んで、何かストンと腑に落ちるものがあったんです。まあ、若い人にはなかなか理解できない境地かもしれませんが...

とうとう終わってしまいましたね。
ブタネコさん、お疲れ様でした。

10話まで「白夜行」の世界にどっぷりつかってヒャッホイしていた私です。が…

最終話の歩道橋のシーンをみてさーっと血の気がひき
怒りなのか悲しみなのかなんだかわからない涙が止まりませんでした。
ドラマから現実の世界へ引き戻されました。

でも、毎週木曜日9時を中心に3ヶ月間を過ごしたのは事実。
はるかちゃんは、高校生・大学生・若妻(なんかエロい)・ショップ経営者と
いろんなファッションの綾瀬雪穂をみせてもらって楽しかったし
(バスローブやゆかた姿も色っぽかった)
「にやり」にドキッとさせられ翻弄されました。
山田くんは、へたれ・クロ・抜け殻のどの亮司も魅力いっぱいで萌えどころが多かったし、
例の件があっても「やっぱり嫌いになれない、好き」と再認識しました。
(ブタネコさんにきっとイタいファンだと苦笑されますね)

で、天使・悪魔・いつもの3つから1つが選べず
3つともポチッとしちゃいました。
優柔不断な「バカ女!」でごめんなさいっ。


★ かんすけ さん

こちらこそ、はじめまして^^

>見ごたえのあるドラマで面白かったのですがモヤモヤしたものが残ってしまいました。


そう、私もそうだったんです。


特に、9話ぐらいから そのモヤモヤ度が徐々に強くなって…^^;


今後も よろしく御願いします。^^


★ topgun さん

こちらこそ、はじめまして^^


>TBSの公式ページの武田鉄矢氏のインタビュー記事
(記事本文略)


成る程なぁ…

歎異抄を盛り込んだ経緯と主旨は そういう事だったんだ…^^

だとすると、尚更 私は「武田イラネ(-.-")凸」論者になりますね。

武田の言う「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」と言う部分は歎異抄のまさにキモの部分なんだけど、そこを説明するためには かなりの宗教論になりますので、ここでは多くを語れませんが、私的に言えば 武田の用い方は親鸞上人の意に添った解釈では無く、むしろ 浄土真宗を邪教だと主張する側の引用解釈に近いモノと思えます。

ゆえに、そんな安易なノリだったのか…と思うと「フザケンナ!!」と言いたいですね。


★ satomin さん

>でも、毎週木曜日9時を中心に3ヶ月間を過ごしたのは事実。

私も その通りです。^^


>例の件があっても「やっぱり嫌いになれない、好き」と再認識しました。
>(ブタネコさんにきっとイタいファンだと苦笑されますね)


いえ、間違っても言いませんよ。^^


>3つともポチッとしちゃいました。


ありがとうございました^^

ブタネコさま、よく覗かせて貰っていたのですが、はじめてコメントいたします。

私は去年突然目覚め、出演DVDを買いまくっている山田さんのファンですが、白夜行は色んな意味で疲れるドラマでした。
原作はそれなりに楽しんで読みました。その主な原因は、雪穂が最後まで真っ黒だったからです。ひとかけらの後悔も良心も感じさせなかったからこそ、物語の進め方・終わりにも納得できました。
ドラマでは原作に描かれていなかった部分を補って余りあるほどの描写が有り、その多くが「あ、そうくるか!」と見て嬉しくなるような(少なくとも私には)映像にクギ付けでしたが、
雪穂・亮司共に、犯罪を重ねていく苦悩することに重点を置かれていて、弱さや戸惑いが見られたことは、不満に感じました。
特に雪穂は、最後の場面でも原作どおり何事も無かったかのような顔をして立ち去って欲しかったと思います。
少なくとも人前では・・・。
その後生ける屍となったのは、素晴らしい展開だっただけに、あんなに大泣きさせず、表情だけで雪穂の心情を表現して欲しかったので、残念です。
ファンとして一番引っかかった子供うんぬんは、自分自身子どもを一人で育てている者として、割り切れない思いはあります。
我が子も含め、親のエゴで振り回される事に違いは無いですし、生まれたお子さんの存在自体を「なかったことにして」応援は出来ません。
私は、俳優の演技には、その人がそれまで歩んできた道のりが出ると思っています。ただ遠くを見つめる後姿からでも、何かを感じ取る事が出来るように。
だから真相はどうであれ、彼には小さな命を大事にし、そこから愛情や苦悩を増幅させて欲しいし、演技にも反映させて欲しいと思います。
3ヶ月間、ドラマにはまらせていただいた事はスタッフ皆さんにお礼申し上げたい所ですが「番宣にセカチューを多用した事」と「9時台に放映して内容が中途半端になった事」そして「無理矢理(?)子どもネタを広げて、亮司の遺伝子を残すという展開にした事」は、内容に集中できず、大変残念に思いました。
長文スイマセン。

★ みかnママ さん

こちらこそはじめまして^^

コメントありがとうございました。


>白夜行は色んな意味で疲れるドラマでした。


私は 終わってから疲れてます。^^


>ひとかけらの後悔も良心も感じさせなかったからこそ、


原作に関して この部分は 大いに同感です。^^


>物語の進め方・終わりにも納得できました。


「終わりの後に…」私は興味が残りましたが、仰る意味は判っているつもりです。^^


>ドラマでは原作に描かれていなかった部分を補って余りあるほどの描写が有り、その多くが「あ、そうくるか!」と見て嬉しくなるような(少なくとも私には)映像にクギ付けでしたが、


TVの8話までは同感


>雪穂・亮司共に、犯罪を重ねていく苦悩することに重点を置かれていて、弱さや戸惑いが見られたことは、不満に感じました。


ここも仰る意味は よく判ります。^^


>特に雪穂は、最後の場面でも原作どおり何事も無かったかのような顔をして立ち去って欲しかったと思います。

>少なくとも人前では・・・。


この「少なくとも人前では」は同感です。

しかも、見せに戻るのでは無く 道を何処かに向かって行っちゃうし…

( 何処行くんだ~ 雪穂ぉ~ って気持ちも ほんの一瞬浮かびましたもん )


>私は、俳優の演技には、その人がそれまで歩んできた道のりが出ると思っています。ただ遠くを見つめる後姿からでも、何かを感じ取る事が出来るように。
>だから真相はどうであれ、彼には小さな命を大事にし、そこから愛情や苦悩を増幅させて欲しいし、演技にも反映させて欲しいと思います。


この部分は大いに同感します。^^

ただ、ファンだから…と言って「山田は そんなヤワじゃない」とか「強い」と信じてあげるのも結構とは思いますが、みかnママさんの様に限度を備えたお考え、御発言であれば良いと思うんです。^^

「信じる」のが高じて限度を超えちゃったコメントを 当たり前の様に語る方には辟易していたところなので「良かったな山田」と思いました。^^


>3ヶ月間、ドラマにはまらせていただいた事はスタッフ皆さんにお礼申し上げたい所ですが「番宣にセカチューを多用した事」と「9時台に放映して内容が中途半端になった事」そして「無理矢理(?)子どもネタを広げて、亮司の遺伝子を残すという展開にした事」は、内容に集中できず、大変残念に思いました。


大いに同感です。^^


今後も よろしく御願い申し上げます。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。