« 白夜行 最終回(言い訳編) | TOPページへ | 白夜行 最終回(悪魔編) »

2006年03月26日

● 白夜行 最終回(天使編)


「天使なブタネコ」編 TV版「白夜行」を最終回まで見終えて思ったのは…




「綾瀬はるか」の女優度が かなりアップしたなぁ…と。


よく、大物女優なんて言われている人でも 落ち着いてよく見比べれば 違うドラマになって違うキャラクターのはずなのに 結局は同じ人にしか見えない…というパターンが少なくない。


判りやすく言えば、「世界の中心で、愛をさけぶ」の亜紀と 今回の「白夜行」の雪穂の様に 全然違うキャラを見事に演じ分けて見せたと思う。


どんなに人気が高い女優でも、いつも演じる女性が同じキャラでは、2作目までは我慢できるが3作目では完全に飽きるし、そんなのを「女優」とは呼びたくない。


けどね、綾瀬はるかは「演じ分け」が出来てたなぁ…


「純真な女の子」と「娼婦の様な女」 その二つだけでも演じ分けられる女優が彼女と同年代にどれだけいるか? 実にたいしたもんだと思う。


その成長ぶりに 綾瀬ヲタの私としては 只々、感無量で 次のドラマでは 今度はどんな女の子を見せてくれるのか? それを楽しみに思わせて貰うばかり。




具体的に言えば 日頃、私がヒャッホイしてる「綾瀬はるか」「石原さとみ」「長澤まさみ」 この3人に共通なのは声の質だと感じてる。


もっと具体的に言えば この3人が それぞれ今までに出演した映画やドラマの中でみせたナレーション それがどれも私はお気に入りなのである。


長澤まさみで言えば映画版「世界の中心で、愛をさけぶ」のラストのテープでの語り


石原さとみで言えば「おじいちゃん・本当のことを聞かせて~石原さとみと小野田寛郎 の戦争と平和を巡る旅」でのナレーション


そして、綾瀬はるかは「世界の…」は別格にして「ねずみの嫁入り」での朗読。


下手なマッサージ器より何倍も癒してくれるヒーリング効果を感じる。


そして、「石原さとみ」と「綾瀬はるか」に共通なのは「泣き」の演技にあり、この二人がドラマの中で泣くと つい、私も貰い泣きしそうになり、「よしオジサンが守ってやる」と画面に口走るオバカな私になれる。


で、「長澤まさみ」の場合は 他の二人の様に「貰い泣きさせる」様な「泣き」の演技はまだ見てないが、その代わり、彼女には 心の底から楽しくさせてくれる「笑顔」があり、「石原さとみ」も いい「笑顔」を持っている。


今までに 綾瀬はるかに足りないと思っていたのは その「笑顔」のレパートリーだったのだが、今回の白夜行では「妖しい笑顔」や「計算づくの笑顔」など、いくつかの新たな笑顔を身につけた。


それだけでも充分に幅が広がったと認めたいんだなぁ…。


だからね、たったそれだけの事が感じられただけで TV版「白夜行」は面白かったと思ってる。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『白夜行』関連の記事

コメント

ブタネコさん今晩は
ネコゴング押させていただきました。
正に、天使編と言われるような、優しい最終回のコメントですね。実にさらっと
私も、はるかちゃんは演技がめきめき上達したと思いました。
この雪穂を演じるにあたって、彼女は再三、生身の人間を演じてるようで、楽しいとかやりがいがあると言ってましたし、等身大と言っては、物語上失礼ですが、役にハマってたと思います。
また、一段と泣きの演技も上手いし、美しいし
これからも楽しみな女優さんです。
それから、ブタネコさんに愛される女優さんたちは、幸せなんじゃないかなぁ~と思う今日この頃。

激しく同意でございます。(笑
綾瀬さんの声は癒し効果抜群でございます。
ねずみ~は子供たちにも好評ですた。

★ エメラルド さん

役にハマって見える…というのは ある意味、役の設定を演じきってることでもあるわけで…

最近は ただファンです…ってだけで 褒め言葉の一つとして「ハマってますねぇ」を使用する人が多いけど、エメラルドさんの様に 分別つけた上での御指摘には 只々、同感と思うばかりです。^^

良い仕事だった…と 誉めてあげたいです。 私も。


★ やじ さん

ええ、癒されました^^

悪魔編とは違うコメントを書こうと思います。

今回の作品は山田君とはるかちゃんにとって、演じる事がきつかったと思うんです。
実際オールアップの山田君のコメントで

「疲れた。疲れ果てた」

って言ってるのを聞いて、精神的にボロボロになりながら、必死で
このドラマと向かい合ってきたんだなーって思います。
その経験は、2人の今後の演技力にいい意味で、大きな影響を受けていると思います。
はるかちゃんはセカチューの時と比べて、ものすごい成長しましたよね。
山田君同様、はるかちゃんも応援していきたいと思うようになりました。
今後2人が共演するのだけは、やめて欲しいけど(苦笑)
お互い別のドラマや映画などで、たっくさん活躍して
大物俳優に育っていって欲しいと思います。

★ Mint さん


>実際オールアップの山田君のコメントで

>「疲れた。疲れ果てた」


この部分に関しては

「そりゃそうだろな… お疲れさま」

と申し上げたいと思います。

しかし…


>って言ってるのを聞いて、精神的にボロボロになりながら、必死でこのドラマと向かい合ってきたんだなーって思います。


この部分には 共感しかねます。^^;

「役者なんだから 当たり前」

それぐらいしてくれなきゃプロじゃない。


>今後2人が共演するのだけは、やめて欲しいけど(苦笑)


へぇ、そうですか^^

私は「是非に」とか「懇願」という気持ちまでは無いけど、共演があっても それはそれで良いなと思います。

ただし、T○Sで石○で…って言うのなら願い下げです。

こんにちは。「悪魔編」が賑わっていらっしゃるので、こちらにも一言。

>「純真な女の子」と「娼婦の様な女」 その二つだけでも演じ分けられる女優が彼女と同年代にどれだけいるか? 実にたいしたもんだと思う。

「女優」という立場に胡坐かいて、キレイな役しかしたくないとか、寝ぼけたこという方たちに是非とも聞かせたい(その方の年齢問わず)。

私が綾瀬はるかちゃんのファンになったのは、彼女の「廣瀬亜紀」を目の当たりにしてからなのですが、あの可憐さ美しさに危うさが上乗せされているところが好きです。
反論を覚悟で言うと、吉永小百合、夏目雅子に通じる透明感、そして役者魂を感じるな、と。

なんだかいつも何らかの不幸に見舞われる役柄を演じているため、できればすごい明るい役をやって欲しい・・・と心から願っています。

希望は森本梢子作の少女漫画「研修医ななこ」の杉坂ななことか。昔のフジテレビドラマ「最高の片思い」のリメイクで深津絵里がやっていた主人公・うさぎとか・・・(妄想炸裂中^^;)

★ しき さん

>「女優」という立場に胡坐かいて、キレイな役しかしたくないとか、寝ぼけたこという方たちに是非とも聞かせたい(その方の年齢問わず)。


スイマセン。

「いつも少年の様な瞳の輝きを持つ ブタネコです」と いつも自己紹介する私は… たしかに寝惚けてます。 orz


>吉永小百合、夏目雅子に通じる透明感、そして役者魂を感じるな、と。


その二人のような女優に育って欲しいなぁ…と願ってます。^^

もちろん可能性が充分にあると信じてます。^^


>できればすごい明るい役をやって欲しい・・・と心から願っています。


心の底から願ってます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。