« 白夜行 第9話 | TOPページへ | 続 札幌のアネハ »

2006年03月10日

● 不死蝶(古谷版)


古谷一行が金田一耕助を演じた78年版「不死蝶」を語ってみる。




不死蝶

不死蝶



   私は帰って来ます。


   蝶が死んで 翌年には また甦るように…


   私は帰って来ます。


   いつか… きっと…



洞窟の奥底にある古井戸で 男性の死体を残したまま そう言い残して姿を消した女が23年前にいた。


不死蝶


そういう物語のベースからして、横溝ワールド爆発である。^^ 


不死蝶
竹下景子


不死蝶
江木俊夫と栗田ひろみ


不死蝶
植木等


不死蝶
小沢栄太郎


その他に…


不死蝶

不死蝶

不死蝶


今回の舞台は


不死蝶

不死蝶

信州の射水という町


そこに、ブラジルの移住して大成功を納め莫大な財産を築いた日系人の娘が ある目的で問題の「射水」に訪れ、滞在する事から事件が起きる。


その娘を演じているのが…


不死蝶

不死蝶

不死蝶

不死蝶

竹下景子なわけだが…


これが実に綺麗というかカワイイというか… そうチャーミング(死語?^^;)なのだ。


それと、私にとって もう一つのお楽しみが


不死蝶

不死蝶

不死蝶

この栗田ひろみである。


可愛かったなぁ…(現在は シラネ^^;)


不死蝶

植木等も 実に渋く良かった。^^


不死蝶

江木俊夫は 残念ながらマグマ大使を呼んではくれませんでした… orz


まぁ、なかなか映像化してもらえない横溝作品の秀作の中で この古谷版「不死蝶」は そんなに悪くなかったが、どことなく2時間ワイド化への凋落観が漂い始めている感もあった。


やっぱり古谷版は78年のシリーズが分岐点なんだなぁ…



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『古谷一行:TV』関連の記事

コメント

この『不死蝶』は、内容はすっかり忘れてしまっているのですが、それでもそのタイトルと角川文庫の表紙絵から、子供心にも非常に印象が強かったことだけは覚えています。

女の子が読んでみたくなるようなタイトルと表紙だったんですね。

洞窟ものという点でも面白かったように記憶しています。
横溝は得意ですね、洞窟とか迷路とか。

>私は帰って来ます。
>蝶が死んで 翌年には また甦るように…
>私は帰って来ます。
>いつか… きっと…

そうそうこの文句。「帰って来ます」のリフレインも謎めいていて、蝶というのがまたミステリアスな美しさを感じさせ、これだけでなんかこう、乙女心を刺激されたようなところがありました。

竹下景子はどことなく あどけなさも残っていてきれいですね。

>そんなに悪くなかったが、どことなく2時間ワイド化への凋落観が漂い始めている感もあった。
 なるほど。思えば「横溝正史シリーズ」というのは「ワイド・サスペンス」の走りだったのかもしれませんね。

★ HAZUKI さん

なかなか良かったんですけどねぇ…

惜しむらくは 昔の解像度の低いTVだったら気にもならないんだろうけど、今のTVは鮮明度が違うから 宙づりのピアノ線とか 作り物の洞窟がモロバレなんです^^;

そこに予算を感じてしまい ワイド・サスペンスを感じてしまった次第です。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。