« 悪魔が来りて笛を吹く(古谷版) | TOPページへ | 犬神家の一族(古谷版) »

2006年03月08日

● よし、松崎に行こう♪


このところ私の頭の中は 松崎ヒャッホイ状態である。




実は 昨夜、また新たな映像の中に「松崎」を発見し 我ながら、何故 この時期にたて続きに「松崎」なのか 物凄く驚きでもある。^^


その新たな映像とは『悪魔が来りて笛を吹く(古谷版)』の中にあった


松崎

このシーンである。


これは、金田一耕助が この物語の中で明石の須磨に一人の刑事と連れだって調査に行く場面があり、その「須磨」の風景として使用された場面である。


申し訳無いが、何故か 今の私にはゲゲゲの鬼太郎が持つ「妖怪アンテナ」並の「松崎レーダー」がビンビンに稼働しており、こんな些細なカットでも見逃す事が出来ないらしい。^^


御理解頂く為に 各作品の同じ様なアングルを整理して並べてみよう。


例えば、2003年までフェリー乗り場があったところから「梶寅旅館」「瀬崎稲荷」方向をみた場面


松崎
(76年 エデンの海)


松崎
(77年 悪魔が来りて笛を吹く(古谷版))


松崎
(78年 女王蜂(古谷版))


松崎
(90年 つぐみ)


松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 3話」)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 4話」)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 6話」)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 6話」)



逆に「瀬崎稲荷」近辺から 旧フェリー乗り場方向を見た場面


松崎
(76年 エデンの海)


松崎
(90年 つぐみ)


松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 4話」)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 6話」)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 6話」)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ メイキング」)




松崎
(76年 エデンの海)

松崎
(90年 つぐみ)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 4話」)




松崎
(90年 つぐみ)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 4話」)




松崎
(90年 つぐみ)

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 4話」)




松崎
(77年 悪魔が来りて笛を吹く(古谷版))

松崎
(04年 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 4話」)




「女王蜂」で松崎を発見した時もビックリしたけど、「悪魔が来たりて笛を吹く」で 再び松崎を発見した時は もう「運命」だと思ったね。


とどめは


松崎

松崎
(77年 悪魔が来りて笛を吹く(古谷版))


この画像。


これ、私の記憶にある「松崎」の某旅館の2階の部屋から見える景色のままなのだ。^^;


もうね、「セカチュー」「横溝」 大好きなそれらに包まれて老後を まったりと過ごすのは松崎しか無いね。


というわけで、以上 総集編的にまとめてみました。


【参考記事】

   『「エデンの海」で松崎を見た』(76年)

   『悪魔が来りて笛を吹く(古谷版)』(77年)

   『女王蜂(古谷版)』(78年)

   『松崎温泉(静岡県)』(80年代初頭)

   『「つぐみ」で見る「松崎」』(90年)

   『私は 必ず松崎の民家を買うぞ


そして、TV版『世界の中心で、愛をさけぶ』の映像…


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『西伊豆 松崎』関連の記事

コメント

いつもロムってましたが、はじめてコメントさせていだきます。

私は昨年の夏休みを利用して、松崎のロケ地巡りをしました。

私も重度の「セカチュー症候群」を自認しておりますが、
「朔と亜紀の世界」そのままの風景に心から感動しました。

ブタネコさんの数々の考察に感動を頂いてきた私としては、
ブタネコさんの「松崎旅行記」をぜひ読んでみたいです。

体調が戻られたら、夏ぐらいに訪問されてはいかがでしょうか?

★ のぶりん さん

こちらこそ、はじめまして コメントありがとうございます^^

>ブタネコさんの「松崎旅行記」をぜひ読んでみたいです。


いいですねぇ… 書いてみたいなぁ…^^

今後も拙ブログを宜しく御願い申し上げます。

どんどん見つかりますね(^^;。
松崎ってこれだけロケ地に使われていること自体が驚きです。
こうやって並べて見ると圧巻です。
あの「なまこ壁通り」も確かに同じ場所ですね。

今日、つぐみを通して(流して)見てみたのですが、これって伊豆の「松崎」という地名がそのまま隠さずに出てくるのがまた嬉しいですね。
真田広之が劇中で「こんな町に住んでみたかったんだ」なんてセリフがあり、ちょっと嬉しくなりました。
原作も「松崎」が舞台なんでしょうか?

★ roadrace さん

なんなんでしょうね… この連続は^^;

今、手許に「つぐみ」の原作が無いので確認できませんが 確認出来次第お知らせします。^^

ほんとに、松崎でどんどん盛り上がっていきますね。
実は私も、ブタネコさんと同じく90年代初めに松崎を訪れております。92年です。
当時付き合っていた彼が、私と「つぐみ」を観た数日後、「吉本(ばなな)一家は毎夏、伊豆の土肥に行くらしい」という情報をどこからか仕入れて来て、(松崎へは毎年行かれているかどうか定かではなかったのですが・・・それと数年前に彼女のお父様が土肥の海で溺れて新聞記事になったの覚えていらっしゃいますか?)早速その夏私たちも行ってみたんです。
土肥から松崎に行き、土肥金山やなまこ壁、長八美術館などまわり、梶寅旅館の前で写真を撮りました。もちろん海水浴もしてきました。
「世界の~」にはまっているとき、その舞台になにか懐かしさを覚え、どうやら伊豆らしいとわかり、とうとう「つぐみの舞台だ!」と確信したとき、ひとり感動に打ち震えたのを覚えています。ひとりと書いたのは、その時の彼は今の旦那ではありませんので(笑)・・・
私も文庫本は今手元になく(彼の元にあるので)松崎と書いてあったのかは確信できませんが、たしかに松崎を舞台にしたお話です。
私たちは、その当時「つぐみ」を観てその地を訪れたので、やはり好きな映画のひとつだったのだと思います。
今観たらどうなんでしょうね・・・。
私も「世界の~」にはまってしまった身としては、もう1度松崎を訪れたいと強く思います。
ブタネコさんもtakuさんたちと行きそびれてしまったんですよね。近いうちに行けるといいですね。

★ てら さん

>数年前に彼女のお父様が土肥の海で溺れて新聞記事になったの覚えていらっしゃいますか?


すいません、知りませんでした^^;


>今観たらどうなんでしょうね・・・。

私は「つぐみ」を見て「世界の…」よりも 「あぁ、これこれ これが俺の知ってる松崎だ」と思いましたが、ウチのブログの画像を見たtakuさんによると「そんなに違ってないと思うけど…」と言ってました。

まぁ、「エデンの海」を見ると… (ToT)


>ブタネコさんもtakuさんたちと行きそびれてしまったんですよね

ええ、津軽海峡を渡るつもりが 三途の川を渡るトコでした^^;

>近いうちに行けるといいですね。

ええ、行きます。

行って民家を買うんです。(キッパリ)^^

o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ
その民宿の番頭にzekuwさん、風呂焚き爺にtakuさんを雇ってやってください。。。
彼らは熱望してるとおもいますよー
o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

★ ピエロ さん

>その民宿

すいません 民宿じゃなくて アトリエ です^^

くれぐれも サトリエ と、お間違いの無いように…

松崎で盛り上がってますね。

昨年の9月に仕事にかこつけて松崎行きを決行したのは、実はこのブタネコさんのブログの影響でした。(松崎プリンスホテルを語っておられました、私もプリンスに宿泊^^)
ぜひ、体力を回復されて松崎アトリエ購入を実現してください。
それにしても、聖地松崎のなんというすばらしさ。完全にヒャッホイになりきってしまいました。
そこで出会ったボランティアのガイドさんから、「つぐみ」に限らず過去何度となく松崎がロケ地として映画に登場してきたと教えたもらったものでした。ブタネコさんが取り上げた作品いくつかは私も見てますが、気づきませんでしたね。

実は10日・11日と下田に家族旅行してきたのですが、残念ながら松崎には回れず。
稲取を通過しながら、亜紀の入院した病院が!、とかあの駅が!とか一人つぶやきながら走ってました。残念!

★ おじさん さん

>昨年の9月に仕事にかこつけて松崎行きを決行したのは、実はこのブタネコさんのブログの影響でした。


ほう、行かれましたか^^

羨ましい限りですねぇ…


>取り上げた作品いくつかは私も見てますが、気づきませんでしたね。

以前なら私も気付かなかったんでしょうが、最近は 映像を見るときの感度が上がっておりまして^^; 「あれ?」って 引っ掛かりますね^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。