« 女王蜂(古谷版) | TOPページへ | 『嫌いな夫と別れる15の方法』バトン »

2006年03月05日

● 私は 必ず松崎の民家を買うぞ


先日『「つぐみ」で見る「松崎」』という記事を書いた。




その前には『松崎温泉(静岡県)』という記事も書いた。


そして、この松崎という町がTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」で ブッ壊れた「セカチュー症候群」患者にとって聖地となった。


で、私が その松崎に行ったのは 何度か泊まりに行った修善寺の旅館で、ある松崎の旅館を紹介されて出かけた…という事も既に述べた。


しかし、実を言うと ただ「良いところなんですよぉ…」と言われて出かけたのでは無い。


その重要な理由を 昨夜まですっかり忘れていた。^^;


つまり、こういう事なのだ。


歴史上の人物に「依田勉三」という人がいる。


この人は 明治維新後に北海道に開拓使と呼ばれた人達が移住した時代、晩成社を組織して十勝(帯広)を開拓した祖と呼ばれる人物なのである。


で、その功績が 例えば、

画像

北海道土産で有名な六花亭のマルセイバターサンドのマルセイとは 晩成社が「マルセイ・バター」を作った事に因んでおり、このお菓子の包み紙も そのバターのラベルを模した物なのだ。


そんな縁で、昭和53年(1978年)に、依田勉三生誕の地である松崎町と、依田勉三開拓の地である帯広市が姉妹都市となったのだ。


実は 私は帯広に親戚を多く持つ身で 祖父の一人は帯広在住だったのである。


なので、たまたま旅先で それを知ったのも不思議な縁と思い出かけたのだったのだが…


それを すっかり昨夜まで忘れていた。^^;


で、昨夜 古谷一行が金田一耕助役で78年(奇しくも^^;)に放映された「女王蜂」を見ていたのだが…


映像の背景を見ていて「あれれ?」と思う。


その映像とは…


女王蜂

金田一耕助が 汽船のりばの前で考え込むシーン…(78年)


しかし、背景が どこかで見たような… そう、映画「つぐみ」(90年)では

女王蜂

このシーンの場所(ほぼ同じカメラ角度)なのである


これは 実は…

世界の中心で、愛をさけぶ

TV版「世界の中心で、愛をさけぶ 6話」のこのシーンの場所なのだ。


だから、78年版の「女王蜂」をじっくり調べてみると…

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂


これらの背景は「松崎」なのである。


そう、「女王蜂」の原作は伊豆が舞台だから これはこれでアリなんだけど…


女王蜂

女王蜂


という「女王蜂」の映像を見て 先日、「つぐみ」を見た時に疑問に思っていた記憶がスッキリした。


そう、つぐみに映っている

女王蜂

女王蜂

このフェリー乗り場だったところが…


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」の

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

夢島から帰ってきて 倒れた亜紀を背負って朔が走り、救急車がスピンターンする場所


世界の中心で、愛をさけぶ

朔の両親が黄昏る場所… だったんだね…(ToT)


なので、調べ直してみて よく判った。


松崎港と沼津港を結ぶフェリーがあったんだけど 2003年に廃止となり、「世界の…」が撮影された2004年時には すっかり跡が無くなってたんだ…


そうだよ… フェリー乗り場と 小さな漁港というロケーションが やはり大好きな横溝ワールドの 岡山の下津井と似ていて 実際に松崎に行った時に気に入ったんだ。


なのに、私の記憶の中にあった フェリー乗り場が「世界の…」の映像に無いばかりに、梶寅旅館や 瀬崎稲荷等の位置関係が失われて 全く、気付かなかったのだ。


すると… 嫌な予感に襲われて さらに調べてみたら…

世界の中心で、愛をさけぶ

「松本写真館」って 依田邸だったのか… orz


だったら、私が 松崎を旅した時に 自らその前まで行って眺めた建物だったのに…


なんで、気付かなかったんだろう… 昨夜まで。 orz




それにしても…


他人が聞けば「こじつけ」と笑うかもしれないが 私はすっかりと記憶が蘇って、松崎を旅した時に見た記憶と その後、いろいろと変わったであろう町の景色とが ようやく重なったのも この78年版「女王蜂」で 何気に見つけた背景からだと思うと…


「帯広」「横溝」「セカチュー」… これだけ条件が揃う場所も他には無い。


春になって 私の身体も自由が利くようになる頃には 松崎に行こう。^^


そして、古い民家で手頃な出物を必ず探しだして購入しよう…


そう決めた。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『個人的なセカチュ-』関連の記事

コメント

>そして、もし、古い民家で手頃な出物を探して購入しよう… そう思った

管理人で雇ってくれ!(;´Д`)タノム・・・

★ taku 殿

>管理人で雇ってくれ!(;´Д`)タノム・・・

アナタが ブタネコ・ヒャッホイになるか?

話は それからだ^^


ブタネコ・ヒャッホイになるか?

"(,,゚Д゚)∩ハイッ私がなります・・・立候補!!"

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノヒャッホイホイ

久しぶりにコメントさせて頂きます(^O^)

松崎に家を買う…
奥方様に、なんて説明するんだろう(◎-◎;)

他人事ながら(;^_^A

★ Wen さん

(以下、私信)

あの涙(さとみ)は 貰い泣きするよね…

ホント、ヒャッホイだよ(ToT)


★ 龍之介 さん

他人事と判ってるのなら聞かなきゃいいのに^^

どうして気になるのでしょう? 不思議な方ですね。^^;

昨日の朝に それとなく話したら

「資産価値の下がらない物件なら いいんじゃない?」

って言われただけです。


いやあ、とてもステキな話ですね(^^)。

ブタネコさんが愛していた作品、
ゆかりある土地、
そして最近、ぶっこわれてしまったドラマ

それがこの松崎でつながっていたのですね。
こんな偶然も一生に何度かはあるのでしょうが
読んでいて私もなんだかジーンときました。


金田一耕助が汽船乗り場で考え込むシーンのカット、
その下につぐみのカットがありますが、改めて
この画像をじっくり見ていたら画面右奥には
あの見慣れた建物を発見しました。
ちょっとこの画像では小さくてわかりにくいですが
セカチュウ第3話でサクちゃんがラストでアキと
別れた後の自転車をこぐシーンで写った
あの倉庫です。TBしておきましたので
確認してみてください(^^)。
そして女王蜂で警官が映っている2コマの下には
浜丁橋の近くにあるなまこ壁の昔ながらの建物が
映っています。この建物もセカチュウでは何度も
画面に登場していますが、確かここは「依田」姓
所有の建築物です。
画面で見る限り浜丁橋のデザインはまだ現在のもの
にはなっていないようです。
そして金田一耕助がサクちゃんと同じ場所を自転車
でこいでいるのがなんとも嬉しくなりました(^^)。
でもちょっと道幅は今よりも狭い感じがします。
そしてあのフェリー乗り場ですね。
山口百恵の「エデンの海」では女王蜂に似た感じの
風景が出てきます。白い灯台のような造築物が
同じようにぽつんと立っています。

下津井漁港は映画のロケ地になっていたのですね。
残念ながら私はすぐ近くの鷲羽山ハイランド(^^;
には遊びに行ったことがあるのですが、ここはまだ
行ったことがありません。でも岡山のこの付近の
海岸沿いにはちょっと懐かしい雰囲気の場所が
いまでもたくさんあります。

そして、今回の記事で少し驚いたのが
マルセイバターサンドが
依田勉三と深い関わりがあったことです。
実は私の妻は北海道出身で、
このお菓子が大好きなんです(^^;。北海道に行った
帰りには100%購入です。最初はちょっとその濃い
まったりとした味わいにすこし抵抗がありましたが
慣れるとくせになってしまう味です。

依田勉三は松崎出身の偉人なんですよね。
ブタネコさんは映画の「新しい風」はご覧になりましたか?
松崎でロケも行われたようで私は手に入れたのですが
まだ見れていないので、暇をみつけてゆっくり
見ながらその人のことを勉強してみたいと思っています。
松本写真館って確かに「依田家」らしいです。
依田勉三にかかわりがあったかどうかは不明ですが
昔は松崎銀行としても使われていたようです。
全部「囲炉裏端」さんのところで覚えたことですが(^^;。

とりとめのない、流れの悪い文での
コメント失礼いたしました(^^;。

>管理人で雇ってくれ!(;´Д`)タノム・・・

じゃ、私はtakuさんの使用人で・・・

★ roadrace さん


今回は 本当に御手数をおかけして申し訳ありませんでした。


>こんな偶然も一生に何度かはあるのでしょうが


いやぁ… 感無量です。 何にも言えません。


>TBしておきましたので確認してみてください(^^)。


拝見しました… また、「セカチュ-症候群」再発です。^^


読んでいて私もなんだかジーンときました。


>そして女王蜂で警官が映っている2コマ


そう、背景が梶寅旅館なんですよね


>この建物もセカチュウでは何度も
>画面に登場していますが、確かここは「依田」姓
>所有の建築物です。


やっぱり、そうですよね…


>そして金田一耕助がサクちゃんと同じ場所を自転車
>でこいでいるのがなんとも嬉しくなりました(^^)。


もう、何も言えません(ToT)


>山口百恵の「エデンの海」では女王蜂に似た感じの
>風景が出てきます。


了解です。 早速、店長に命じて探させます。^^


>白い灯台のような造築物が
>同じようにぽつんと立っています。


そう、私には その白い灯台がランドマークだったのです。

無くなっていたとは…^^;


>下津井漁港は映画のロケ地になっていたのですね。


「悪霊島」と「獄門島」に出てきます。^^


>でも岡山のこの付近の
>海岸沿いにはちょっと懐かしい雰囲気の場所が
>いまでもたくさんあります。


ここは 私の大好きな風景の場所なんです。


>マルセイバターサンドが
>依田勉三と深い関わりがあったことです。


これ、道産子でも 知らない人が多いんです。^^;


>ブタネコさんは映画の「新しい風」はご覧になりましたか?
>松崎でロケも行われたようで私は手に入れたのですが


いやぁ… 今回、依田勉三を検索して初めて知り、早速 発注しました。

これに古谷一行が出てるの見て「うわぁ」って思いましたよ^^;


>松本写真館って確かに「依田家」らしいです。


私が旅した頃は 依田家縁の地ってのが 松崎観光のウリで、案内所で貰ったパンフに しっかり明記されていたから 建物の前まで散歩がてら見物に行ったんです。^^;

なのに、セカチュー見て ブッ壊れて、撮影地が松崎だって判ってても思い出せなかった… 一昨夜まで(ToT)


>じゃ、私はtakuさんの使用人で・・・


ゲストで招待しますよ^^ 大歓迎です。

もう、とんでもございません。
私、いつもブタネコさんの記事を楽しく読ませて頂いておりますので、ちょっとだけお役に立てて頂けたかなと思うと嬉しく思います。

「エデンの海」はioさんの「はるかかなた」に掲載・紹介された記事で知りました。「映画」のカテゴリーに今もあります。この映画にも松崎はたくさん出てきます。

・・・気のせいかもしれませんが、この記事のタイトル。語尾のニュアンスが最初の時と変わってませんか(^^;;;;

★ roadrace さん

>・・・気のせいかもしれませんが、この記事のタイトル。語尾のニュアンスが最初の時と変わってませんか(^^;;;;

ええ、「買いたい」から「必ず 買うぞ」に いつのまにか変わりました^^

( ̄- ̄)ゲストで招待かぁ~、それもありかなwww

\(o⌒∇⌒o)/ ワァイ♪♪♪

★ Wen さん

お構いなく。

今晩は、何だか楽しそうですね、いいな~~暖かくなってきて、体が軽くなるといいですもんねw ヒャッホイですか・・・eです。それから、この間気が付きました、どうして時効警察は、あんなに遅い時間に流れるのか、おじさん達の為ですねw では、また。

★ おがっち さん

人間、夢や希望や野心を無くしたらオシマイです。

特に男はね。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。