« 道産子バトン | TOPページへ | 私は 必ず松崎の民家を買うぞ »

2006年03月05日

● 女王蜂(古谷版)


古谷一行が金田一耕助を演じた78年版「女王蜂」を語ってみる。



女王蜂

女王蜂


主な出演者:


女王蜂

金田一耕助(古谷一行)


女王蜂

日和警部(長門勇)


女王蜂

大道寺智子(片平なぎさ)


女王蜂

速水欣造(神山繁)


女王蜂

神尾秀子(岡田茉莉子)


女王蜂

大道寺槇(南美江)


女王蜂

多門連太郎(夏夕介)など々…




この作品は全三話で 物語の半分までは非常に良く出来ている。


しかし、後半は 前半部の健闘も空しく、唾棄すべき駄作となっている。


そりゃ何故か?


今回はネタバレを どうかお許し願いたい。^^;


常々、私は 横溝作品を映像化する際に 横溝正史の記した原作のストーリーに手を加えられるのを極力、嫌だと申し上げている。


しかしながら、その映像制作者達のアレンジが それなりの説得力を持ったものであれば許容もするし評価もする。


例えば、私が個人的に高い評価をしている市川崑監督の石坂浩二版金田一の映画作品も 色々とアレンジが加えられており、中には犯人が原作とは微妙に代えられた物もある。


しかしながら、それは私としては充分に許容範囲の物であり、横溝作品の原作が醸した世界を決して破壊していないと思えたのは 脚本家の久里子亭によるところが大。


ところで、この脚本家の「久里子亭(クリスティ)」って 市川崑のペンネームだって知ってました? 


で、クリスティと聞けば ミステリー好きにはピンとくるでしょ?


そう、市川崑氏も大のミステリー・ファンであり、だからこそ、他の監督達と違って原作の持つ雰囲気を大事にしてくれる訳だ。^^


例えば、ある原作を映像化する際に原作通りにしようとすると その舞台装置などに どうしても多額な予算が必要となり、その資金が捻出出来ないからと言って 予算内での映像化を図る為に 原作の設定を大きく変える…という事は 制作者側の言い分としては映像作品も商品であるから 費用対効果の原則を考えた場合に「当たり前」だと考える。


けどね、我々視聴者(観客) 特に、原作のファンとしては 予算を理由に原作をブチ壊すのなんて本末転倒、原作をグチャグチャに映像化するぐらいなら ハッキリ言って 映像化する資格なんか無い…のではないか?と思う。


でね、古谷一行が金田一耕助を演じた78年版「女王蜂」の後半部を「唾棄すべき駄作」と私がコキおろす理由はいくつもあるが ひとつだけ重要な事を申し上げると


多門連太郎が 毒入りチョコレートを食べさせられて殺されるのである


原作を愛読された方なら これがどういう意味かお判りだと思う。^^;


こんなもの許せる範疇なんかじゃ絶対に無い。(激怒)


この「女王蜂」という作品を 私は横溝の傑作のひとつだと考えているのだが、何故か この作品を映像化するのは難しいらしい。


色々と調べてみると…


1990年にテレ朝系で

『横溝正史傑作サスペンス 女王蜂』

名探偵金田一耕助が怪奇連続殺人の謎に挑む!「浴室の美女の妖しい痣と消えた婚約指輪の秘密…」美しい名門母娘が招く怪奇連続殺人!

というサブタイトルで…

金田一耕助:役所広司

等々力警部:石立鉄男

神尾 秀子:小川知子

多門連太郎:川崎麻世

大道寺智子:井森美幸


なんて配役で… 大道寺智子に井森美幸 もう、それだけで噴飯物である。


また、


1994年にはTBS系で

『金田一耕助の傑作推理(19)女王蜂』

古都に響く月琴の音色・鬼面が踊ると人が死ぬ


というサブタイトルで 古谷一行が再び金田一耕助として登場するが、伊豆の名家だったはずの大道寺家が 奈良の大財閥・大道寺家となっており…


1998年にも 今度はフジ系で

『女王蜂 近づく男は必ず死ぬ…男の命を糧に生き残る女系一族の悲劇!月琴の里で再び女王蜂と呼ばれる女が婿を選びはじめた…』

というタイトルで金田一耕助に片岡鶴太郎

他の出演者は 池上季実子、川越美和、加藤武、牧瀬里穂、細川俊之、伊集院光、二宮さよ子、筒井真理子など


この作品を私は未見なので とあるHPで「あらすじ」を見たところ…


『耕助(片岡鶴太郎)は、岡山県の旧家の女主人・琴絵(筒井真理子)の首吊り自殺の取材を依頼された。恋人が墜落死して以来、記憶をなくしていた琴絵は、突然記憶がよみがえり、墜落事件の手記を書いて出版社に送った直後、自殺したという。家には琴絵の夫・欣造(細川俊之)と娘の智子(川越美和)、琴絵の幼なじみの秀子(池上季実子)らがいた。』


岡山県で 琴絵が首吊り自殺ですか… orz


もうね、「そこまでして映像化しなくちゃ駄目なんですか?」と、泣きながら駄々をこねる他無い。(ToT)


だから、先日 フジ系で放映された 金田一耕助:稲垣吾郎 大道寺智子に栗山千明の『女王蜂(稲垣版)』は 非常に真摯な作品と もっと褒め称えなければならないのだな…と思うばかりなのである。^^;




女王蜂


さて、古谷一行が金田一耕助を演じた78年版「女王蜂」に話を戻す。


この作品の前半部は 非常に良い出来なのである。


女王蜂

「月琴島 遠景」


女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

雰囲気も 決して悪く無い。


ヒロイン大道寺智子役の


女王蜂

女王蜂


「片平なぎさ」は 78年当時19歳で、



こんな感じでグラビアに出たり…
(注:上記画像が78年当時の物かは確認してません)


「純愛」など いくつもシングル・レコード発表するアイドル歌手だったのだが、この作品の中で 既に今日の「サスペンスの女王」の片鱗を見せている。


それは この作品のラストを御覧頂くと判る。


女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂

女王蜂


如何であろう、断崖絶壁の上に立つ 探偵役とヒロイン 今では立ち位置こそ違えども構図は今日のそれである。^^;


で、ふと 気になって この作品の監督は?と見れば


女王蜂

「富本壮吉」氏


なので、この人を調べてみたら その後、1980年~89年の10年間に50本近くの「月曜ワイド」「火曜ワイド」「土曜ワイド」などの2時間ドラマでサスペンス物を撮った人でした。^^;


だから、最後にハッキリと言っておきたい。


山村美沙とか、西村京太郎とか、内田康夫の様な連中が書いた ひと山ナンボの原作であれば 好きなだけ2時間ドラマの原作で使い捨てにすればいい。


しかし、そんなお手軽作品ばかりを撮ってるような連中に 横溝作品を弄らせるのは




 100年早い!!!



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『古谷一行:TV』関連の記事

コメント

「久里子亭」のことはどこかで聞いたことがありましたが、江戸川乱歩ばりにしゃれた もじりですね。

市川監督は海外ミステリのことをよくご存じでいらっしゃるからこそ、横溝正史という純日本作品に対する理解も取り組み方も半端じゃないのだと思います。
一連の作品からは、これが日本のミステリ映画だという誇りのようなものすら感じられます。

もちろん時代的背景といったものも手伝っていますが、画面に漂う空気のしっとり感は、横溝独特の怪奇浪漫世界をあますところなく捉え伝え、かつて こういう時代があったということをしみじみ教え感じさせてくれます。

新作にも、平成という時代に迎合しない市川監督ならではの横溝の世界を期待したいです。

それにしても多門連太郎が殺されてしまうとは あんまりですな・・・大団円も修正せざるをえなかったでしょうね。
片平なぎさ は若いですね。しかし花束を持っているシーンは稲垣版にもあったと思いますが、どうしても智子に持たせたかったんですかね。
これは別段どうでもいいことですが、原作では花束を投げるのは智子じゃないんですよね。

しかし いろいろ手を替え品を替え作られていたのですね『女王蜂』。『女王蜂』というより、“『女王蜂』を下敷きにした作品” ということなのでしょうね。

>「そこまでして映像化しなくちゃ駄目なんですか?」
 まったくです。原作と似ても似つかないものにするくらいなら作ってくれないほうがいい。
『女王蜂』というのはそのタイトルの持つ妖しさとともに、美しい女性にむらがる男たちという図式が大衆受けすると思われていたのかもしれませんね。
TVを観て、興味本位に原作を手にとって肩すかしを食らった人もいたかもしれません。

ロケの風景そのものは決して悪くありませんね。夕焼けもきれいですし。
しかし断崖絶壁のラストシーンのくだりは笑えました。そっか~「ワイド・サスペンス」の監督だったのか~。
ここに原点があったんですねぇ。よっぽど気に入ったんですね、あの構図(笑)

確かに、多少の脚色は仕方がないとしても、原作に敬意を払った作り方をしてくれなければ、原作を愛するファンとしては、何だか横溝正史その人をないがしろにされたような気さえして悲しくなりますね。

★ HAZUKI さん


>横溝正史という純日本作品に対する理解も取り組み方も半端じゃないのだと思います。


同感です。


>もちろん時代的背景といったものも手伝っていますが、画面に漂う空気のしっとり感は、横溝独特の怪奇浪漫世界をあますところなく捉え伝え、かつて こういう時代があったということをしみじみ教え感じさせてくれます。


心の底から 同感です。^^


>新作にも、平成という時代に迎合しない市川監督ならではの横溝の世界を期待したいです。


ですね。^^


>それにしても多門連太郎が殺されてしまうとは あんまりですな・・・大団円も修正せざるをえなかったでしょうね。


修正じゃありません。^^;


全く違うモノになってました^^;


>片平なぎさ は若いですね。しかし花束を持っているシーンは稲垣版にもあったと思いますが、どうしても智子に持たせたかったんですかね。


2時間ワイドですから^^


>『女王蜂』というのはそのタイトルの持つ妖しさとともに、美しい女性にむらがる男たちという図式が


そう、そこ!!!


>確かに、多少の脚色は仕方がないとしても、原作に敬意を払った作り方をしてくれなければ、原作を愛するファンとしては、何だか横溝正史その人をないがしろにされたような気さえして悲しくなりますね。


私は 腹が立ってます。


だったら、大道寺智子役は 山村紅葉にでもやらせとけ!! とか…


等々力警部なんて名前じゃなくて 十津川警部にしとけ!! とか…


そんな気分です。

こんばんは。
「女王蜂」読破しました! 「夜歩く」を読んでから読んだためなのかどうかはわかりませんが、ストーリー全体から溢れる“華”の部分に感じ入りました。

ロマンスの要素が、これまで読んだものの中で一番強かったように思います。美しい少女の周りに男性が群がる様を女王蜂にたとえた横溝先生のセンスに脱帽です。

そのせいなんでしょうかね? 原作をいじり倒してまで映像化しようとする人々が多数存在するのは。
多門氏がチョコレートで殺される。
琴絵が首吊り自殺をする。
圧倒的な美貌や雰囲気を持たない女優が智子を演じる(関係ない?)
全部、NGです。
私もブタネコさんと一緒に駄々をこねます^^;

そういった意味でも稲垣版金田一の栗山千秋=智子は、とてもしっくりきました、私の中では。それと同時に手塚理美=秀子もとてもはまり役に思えます。
多門=及川光博は…、本人が公式ホームページで語っている通り、彼は純和風の男前なので本人の希望している「犬神家の一族」の青池静馬とかの方が似合っている気がします。ただ、私の希望は「夜歩く」の寅太ですが^^;

稲垣版金田一はこれからどの作品を映像化するのか、まだ未知数ですが(というか、有名どころは押さえてしまっている感もあったり・・・)、新たなファンを開拓するためにも、片岡鶴太郎版のような、原作を冒涜するような構成ならびにキャスティングはやめてください(ToT)と、祈るより他にありません。

さて、今度は何を読もうかと、書店の横溝正史コーナーでしばらく悩むことにします^^

★ しき さん

あぁ、成る程 次は「女王蜂」でしたか^^

>全部、NGです。
>私もブタネコさんと一緒に駄々をこねます^^;

それと、良い感じに 横溝かぶれになられましたね^^

個人的に とても嬉しいです。

原作を読んだら 絶対にダメでしょ?

東野圭吾の「白夜行」程度の原作なら TV版で探偵が出なくても、笑ってられますけどね^^;

>さて、今度は何を読もうかと、書店の横溝正史コーナーでしばらく悩むことにします^^

さて、何を読まれるのか ワクワクしております^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。