« 「眠れる森」 最終番宣&ED | TOPページへ | 白夜行 第7話 »

2006年02月23日

● 雑感(2月23日)


トリノ・オリンピックも終盤になり 私の個人的注目の競技で あと残っているのはフィギュア女子の3選手のみ。




昨日、それもSPが行われ 


画像

荒川3位


画像

村主4位


画像

安藤8位となっている。


TVでは連日、「金の可能性が大」などと言う声が飛ぶ中、私は成績なんかどうでも良い。


どれだけの感動を与えて貰えるか… そればかりが楽しみで見続けている。


思えば、私がフィギュアを目の当たりにしたのは 札幌オリンピックで「氷上の妖精」と呼ばれたジャネット・リンを 札幌が地元であるがゆえに生で観たのだ。


それまで、競技中に一度も失敗をした事が無い…と言われた彼女が 何でもない場面で不意に尻餅をつき、真駒内のアイスアリーナが悲鳴とも失望ともつかない声で包まれる中、何も無かったかの如く立ち上がり、ニコッと笑った。


当時は東西冷戦真っ只中で、ソ連や東ドイツといった東側共産圏の有力国の選手達は 国の威信を一身に背負って出場しており、今では華麗なフィギュアというイメージしか無いので想像つかないかもしれないが、東側諸国の選手達は けっしてニコリとした笑みなどは絶対に浮かべず、まるで戦争をしているかの如きピリピリと張りつめた空気を周囲に放っていた。


もちろん、そういった国と直接対戦する競技では自ずと火花は激しく 特にアイスホッケーのロシアvsアメリカは 最初から喧嘩腰であり、試合中に流血しながら殴り合う大乱闘など日常茶飯事であり、それがまた ファン達は楽しみで激しく応援をおくったものだ。


だから、たとえフィギュアであっても 競技中に笑顔を見せる…というのは ある意味、無いと言っていい雰囲気だったのにも関わらず、ジャネット・リンは 清々しい笑顔を尻餅付いて立ち上がる時に見せたのだ。


しかも、その後は 何事もなかったかの如く、ノーミスで演じきり 妖精そのものだった。


その時のシーンは 今でも忘れられない瞬間で、その後 オリンピックのフィギュアで競技中の選手が転ぶたびに思い出す。


ただね…、その頃から採点競技独特の「不可解な採点」が どのオリンピックにも大なり小なり発生し、その都度 皆が「おかしい」「変だ」と言いながら なんら、変わるものでは無く、挙げ句の果てには アメリカのトーニャ・ハーディングが ライバルであるケリガン襲撃事件を起こしたり、競技時にスケート靴の紐が切れたと泣きわめく騒ぎを起こしたり… 前回では 審判員の買収が行われた…なんて騒ぎまで起きる始末。


だからねぇ、私は 基本的に「フィギュア」という競技で「金」とか「銀」とかメダルに固執する考えは いつの間にか無くしてしまったのである。


結果的に そういう成績を残せれば それはそれで素晴らしい。


でも、審判員の判定なんかより 私は私の目で見て どれだけの感動を与えてくれたかで 私自身の評価をクソ生意気な話だと自分でも思うけど与えたいと思うのだ。


たとえば、以前『カタリナ・ビット』という記事で述べたけど


1988年カルガリー五輪での カタリナ・ビット(当時:東独)が エキシビジョンで 革ジャン姿で颯爽と現れ、マイケル・ジャクソンの「BAD」を踊り、リレハンメル五輪で「花はどこに行ったの」という曲で演技した時の事を 先に述べたジャネット・リンと同様に 忘れる事は出来ない。


リレハンメルの時は 成績は振るわなかったけど、会場やTVで 「花はどこに行ったの」という曲に 平和の祈りを込めるかのごとく銀盤を舞った彼女の姿に誰もが感動して涙したのだ。


調べてみたら リレハンメルの女子フィギュア・シングルで 金を獲ったのは ウクライナのオクサナ・バイウル 銀はアメリカのナンシー・ケリガン 銅は中国の陳露 ちなみに日本人は 5位に佐藤有香(今回のトリノのTV解説者)で ビットは7位である。


けれども この中でハッキリ覚えているのは ビットだけだ。


私に言わせれば ビットが金だったのである。^^;


同じ様な事は アイスダンス・ペアにも言える。


今まで 数多の国の選手達を観たけれども 今でもハッキリ覚えているのは イギリスのトービル・ディーン組である。


結果は たしか銅だったけど、私の中では 金や銀に輝いたペアよりも 実に見事で観ている者まで楽しくなる演技だったのだ。


で、今回 昨日のSPを観ていて 最も、目に残ったのは安藤美姫だ。


たしかに、ジャンプの着地で片手をつき、スパイラルの途中にフェンスにぶつかりそうになるという 素人目にも判る二つのミスがあったから 上位選手よりも減点されたのは仕方が無い。


けれども、途中の軽やかなステップの時に 観客の手拍子を貰い、その手拍子に喜ぶかの如く それからの滑りは実に楽しそうに 私には見えたのだ。


良い成績を残すために 少しのミスもしたくない。


それが、どんどんマイナスに働いて 自分にプレッシャーをかけ、緊張の度合いが増し… そんな姿では観ている方に楽しさが伝わる訳は無い。


だから、あくまでも個人的意見だが 荒川や村主の方が高得点だったと言っても 私には楽しさが全く伝わらず、一言で言えば どうでも良い。^^;


画像

それよりも、得点的にフッ切れた分 安藤こそが震えるような感動を見せてくれそうで楽しみなのである。


で、最後に ひとつ


画像

このオバチャンだけは 画面に出さないで欲しい。


疑問調のタメ口で喋られれば 余計に不快感が増すし、何よりも このオバチャンは 肝心な時にコケる人なのだから ここぞという肝心な時に使っちゃ駄目だ^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『体育会系の一人として』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。