« 白夜行 第6話 | TOPページへ | エンジェル 僕の歌は君の歌 »

2006年02月17日

● カンゾー先生


カンゾー先生 1998年 監督:今村昌平




カンゾー先生

個人的な主観で言えば 私は「今村昌平」の映画は好きでは無い。


学生時代に話題になった『青春の殺人者(1976年)』や『復讐するは我にあり(1979年)』を 今でも記憶に残る名画…と語る同級生がいるけれど 面白いもので、そういう奴とは友人にはなれなかった記憶がある。^^;


ま、今回「カンゾー先生」に触れようと思ったのは 今村昌平の悪口を言うつもりでは無く、麻生久美子を語りたかったからなので 本論を始めるとしよう。


私の場合、昼下がりや深夜の時間帯に これと言って見たい番組が無い時、ケーブルTVの映画チャンネルやW○W○Wや 衛星劇場などをつけるのだが、そういう時に ついつい見入ってしまう映画に出会う事がある。


この「カンゾー先生」も そのひとつで 今村昌平が監督で…とか、カンヌ映画祭が…なんて話は全く知らず、ただ 放送が始まったのと ほぼ同時に見始める事が出来たのと、当初は大好きな役者が二人 出演しているのに惹かれただけだった。


その二人とは


世良政則

ポン中の外科医に「世良政則」


伊武雅刀

セコイ軍医部長役の「伊武雅刀」


この映画の主役は


柄本明

「柄本明」で、訪れる患者の殆どを肝臓炎と診断する事から「カンゾー先生」と呼ばれている。


原作は 坂口安吾の「肝臓先生」。


「坂口安吾」という作家のピークは 戦後の昭和20年~30年代といわれるせいか 50歳以上の世代にしかピンと来ず、例外があるとすれば 『桜の森の満開の下』を代表とする純文学系の作品や 安吾が残した多くのエッセイに興味のある人が殆どのようだが、私のように推理小説、特に探偵小説マニアにとっては 坂口安吾と言えば「不連続殺人事件」と「復員殺人事件」という 二つの名作がある。


さて、そんな安吾の作品群にあって「肝臓先生」という作品は 知る人ぞ知る的作品であり、評価も可もなく不可もなく…といったモノ。


これを映画化しようとした今村昌平に言わせると 今村の父親が主人公のカンゾー先生とダブッって映り、父への鎮魂歌として映画化したかった…との事で それを聞いて「なるほど」とは思いつつ 物語としては傑出する部分の無い理由が垣間見れた。


しかしながら、私は この映画が わりと強く記憶に残る事になる。


それは


麻生久美子

「麻生久美子」という この作品を観た時には 私にとって全く未知の女優の存在があったから。


戦時中、岡山の外れの漁師町の貧しい家で 幼い妹や弟を食べさせるために売春で稼ぎ、淫売娘と呼ばれるソノ子役、父親も死に カンゾー先生の元に下働きとして押しつけられ そこでカンゾーに出会う女の子。


この作品を観た時、私には「麻生久美子」が15・6歳ぐらいかと見えたのだが、実は この時、20歳 


麻生久美子

まぁ、年齢的な事は どうでも良いと言えばそれまでだが、何を言いたいかと言えば


麻生久美子

淫売娘のシーンや


麻生久美子

麻生久美子

麻生久美子

ラストでの下半身丸出しで 鯨を追うシーンなど、脱ぎっぷりが実に清々しく 女優魂を感じたからだ。


この作品で麻生久美子が気になって 調べてみると、田中麗奈と同じ様に映画の出演が主でTVでの出演は少ないが、実はCM出演は 案外多い。


で、出演した映画を観ると これがなかなか 良い味を出しているのだ。


実に 渋い女優さんなのである。^^


そんな彼女が「時効警察」なんてTVドラマで 

時効警察時効警察

少しボケた女の子役を演じている姿は実に興味深く、どうか今後もTVの出演が増えます様に…と




【追記:2006年8月5日】




うごるあさんのコメントにあった

伊藤歩伊藤歩

この作品の「伊藤歩」 の出演シーンです。^^



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『伊藤 歩』関連の記事

コメント

JazzyなBGMが忘れられないっす。
ドラマはホントでないっすね。
最近じゃ新撰組のおりょうさん位ですか?
個人的には喪服のランデブーの役の印象が残っています。(藤木さんの代表作かな?)

★ やじ さん

映画女優ってのも 悪くは無いとは思うんですが、映画 そのものに 旧来の悪習がいまだにあって楽しめないモノが多いので…

TVで気軽に楽しませてくれないかなぁ…と つい思ってしまうのです。^^;

「カンゾー先生」、録画したんだけどまだ途中までしか見てません。
麻生さん、「家庭教師のトライ」のCM以来ファンです。あんな人が家庭教師だったら、勉強どころじゃないでしょう(笑)。
「時効警察」見てないので、今度見てみます。

★ オカダ さん

麻生久美子 素敵です。^^

ブタネコさん、こんばんは(^^)。
ハサミ男はおいといて、とりあえずの気持ちでこちらの「カンゾー先生」を見てしまいました。題名からしてなんだか気軽に見れるかな、なんて思って、です。いやいやどうして、なかなか麻生久美子的にはかなり衝撃的な中身でした(^^;。見終わってからこのレビューを見たのですが、先に見てなくてよかった(^^)。
いやホント、劇中の麻生久美子、最高にかわいいですね。これで20歳!?私も15歳くらいに感じました。

しかもこれ、舞台が岡山じゃないですか~。バリバリの懐かしい岡山弁にかなり心が和みました(^^)。下津井、玉島、倉敷等の地名が出てきていましたね。ロケには日本のエーゲ海と地元では呼んでいる?牛窓も使われていたようで、わたくし的にはかなり楽しめました。ブタネコさんに感謝です(^^)。

★ roadrace さん

お?「カンゾー先生」御覧になりましたね^^

>なかなか麻生久美子的にはかなり衝撃的な中身でした

ですよね^^

すっかり、惹かれました^^

下津井や牛窓の景色は ホントに和みますし ラストだけは御愛敬ですが、良いPVかと^^

多分世間的には今更なんでしょうが、これ観ました。

成る程、彼女がブタネコさんお気に入りの麻生久美子ですか。
私は意識して観るのは初めてです。
確かにこれで二十歳はたいしたもんですね。
で、色々ネットで見てみるとぜんぜん違う表情を持ってたりするんですね。
個人的には時効警察の一番下の人差し指を上に差してる画像がかわいくて好きです。

カンゾー先生で一番印象に残ったのは麻生久美子のヌード画像3枚・・・
も、良いんだけど、後ろに映っている空と雲が凄く好きです。

★ うごるあ さん

>色々ネットで見てみるとぜんぜん違う表情を持ってたりするんですね。

そうなんですよねぇ…

さすがに女優だけあって いろんな表情を持っている^^

私の 一番のお気に入りは

「Short Films」

http://buta-neko.com/blog/archives/2006/05/post_805.html

この作品の「鼻歌を歌いながら踊る麻生久美子」です。^^

そういえば、クレジットに「伊藤歩」ってあるけど、
最後にカンゾー先生を呼びに来た女の子がそうですか?

★ うごるあ さん

お尋ねの件 記事に追記しておきましたので御参照下さい。^^

おおぅ、やはりそうでしたか!

何か他とはちょっと違っていたのでクレジットで名前を見たとき
「もしや?」
と思ったんですよね。
ありがとうございました!

★ うごるあ さん

よく見てますねぇ…^^

ちなみに、「伊藤歩」をヒャッホイするなら「スワロウティル」(監督:岩井俊二)が必見です。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。