« トリノ・オリンピックが開幕 | TOPページへ | 白夜行 第5話の記事の補足 »

2006年02月10日

● リング(TV版)


今更ながら、原作者:鈴木光司の『リング』について語ってみる。




何故、真冬のこの時期に「ホラー」を?と 尋ねられても、理由は無い。


強いて言えば、


「そこにビデオがあったから、ほら、御覧」

(”ほら”が”ホラー”にかかってるのは 放置の方向で…^^;)




「リング」と聞いた瞬間に、白い服を着て 顔をスッポリと隠した長い髪の痩せこけた女が這いずり回って…を思い浮かべた方 はい、御苦労様でした。^^;


たいていの人が知ってる その貞子は1998年に公開された映画版の「リング」で 松嶋菜々子が主演のもの。


私が語りたいのは 映画版では無く、テレビ版で…と言ったら


「あぁ、柳葉敏郎や長瀬智也が出演してたやつね…」


と思った方、ハイ お疲れさまでした。^^


私が語りたいのは そんなTVや映画よりも3年も前の1995年に制作されて放映された

画像

2時間物のTVドラマ「リング」である。


主人公の新聞記者は

画像

高橋克典


超能力研究家の風変わりな学者には

画像

原田芳雄


本当の意味での主人公、山村貞子は

画像

三浦綺音


という配役で制作され、物語は ほぼ原作のそのままに描かれた。


でね、今回 何故、この高橋版「リング」を取り上げたかと言うと この高橋版を見た人達の多くが 後の松嶋版や柳葉版 それにハリウッド版と比べても 


「一番、怖かった」


と、評する人が多いからなのである。


おそらく、基本的には 最も最初に見た映像だから…というのが 実質、最大の理由だとは思う。


けれども、私は その理由の他に もうひとつ理由があると思っており、それは最初の高橋版では、実にツボを突く部分にだけ


画像

「うわっ」という恐怖を与える ピンポイントな演出が実に効果的で、映画版以降用いられる 貞子の目や 這いずり回る動きにより視聴者の恐怖を呼ぼうとする演出が 妙に過剰に感じるのである。


実際、私もオンタイムで高橋版を見た一人だが、2時間 画面に吸い込まれるように見続け、見終わった時には 怖さに耐え続けたせいか物凄い疲労感に襲われたのだが、それは見疲れするほどつまらなかったのでは無く、むしろ 我を忘れて食い入ってしまった疲労なのである。



今回、久しぶりに再見したのだが…


物語の冒頭で死亡する4人の男女


画像

画像

画像

画像

画像


そして4人目が

画像

画像

画像

画像

画像

ほんの10年前の グラビアアイドル・ピーク時の「雛形あきこ」 今の老けぶりがあらためてよく判る。^^;


このビデオは レンタル屋でも置いてる店が非常に少ないそうで この高橋版が有る事じたいも知らずに「リング」を語る方が多いそうだが、もし 語るのならば、まずはこれを見てからにするべきだと私は思う。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『過去の名作ドラマ』関連の記事

コメント

こんにちわ。
またまた登場しました♪
TV版リングですね~いいなぁ~

たまたま録画していてですね、2時間遅れで見て・・・
あまりの面白さに翌日すぐに原作を買いに行って・・・
LDもすぐに買ってしまいました、はい。

まだDVDも出ていませんので、このLDは貴重だわと思います。
なにしろ、原作にほぼ忠実ですし、あのビデオもよくイメージ通りになっていると思いますよ。
三浦綺音もなんか可憐ででもAVっぽくてよかった~

そんなドラマでした!

★ tetsu さん

LDですかぁ… そういう時代でしたねぇ…(遠い目^^)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。