« 石原さとみがいっぱい♪ | TOPページへ | トリノ・オリンピックが開幕 »

2006年02月10日

● 白夜行 第5話


今回もまた、ある意味 賛否両論なんだろうなぁ…と、思った。^^;




画像


けどね、これまでは「及第点ぎりぎり~」と評したブタネコではあるが、今回にしてようやく「へぇ~」と感心する事と「え?」と明らかに疑問に思う点とがあったのだが、総体的には 今後の展開に余程の大ズッコケが無ければ この作品は実に面白い物になるかもしれない…という予感が 今回の第5話を見て 初めてこの「白夜行」に対して沸いてきた。


まず、「へぇ~」と思ったのは


画像

画像

画像

画像

先週のラストでは「もしや?」と思いつつも確信までは至らなかったのだが、今週冒頭の このシーンを見て


「ベッドで抱き合いはしたが、肝心なトコまでヤッてない」


そう確信した。


比較する意味では無いけれども、原作後半に亮司は「性機能障害」という風に描かれた部分がある。


それは 園村の事件をウヤムヤにする為に 亮司が死姦を行い、それがあたかもトラウマとなった…という理由付けを感じさせる描写と私は受け止めていたのだが、正直、その辺の原作描写に私は説得力を欠けた物を感じていたので、そうか… 父親が雪穂をイタズラする場面がトラウマになってか… そう思ったら「なるほど」と思った。


クダラナイ部分に思いを巡らす私を笑いたい者は笑えば良い。^^;


雪穂にしてみれば 誰にも知られたくない事、それを唯一 知ってる亮司なのに、それがトラウマで完全に愛し合う事が出来ない… こりゃ深いよ。


【管理人注記】
南東北方面から誤解を招くとクレームがつきそうだったので この部分、当初の記事より1行削除しました。


この辺の意味は チャラチャラした小僧には判らないだろうなぁ。^^;


だとすれば 以前、第4話のラストに関して


画像


この時に、ハイライトをプカッと一服して フーッと天井に吹き上げながら


「身体でイワしてやったぜ…」


って感じの不敵な笑みの一つも浮かべるんじゃないの?



と、私は述べたけど、イワせてないんだから プハーッと出来るわけ無いわな。^^;




画像

「雪穂が幸せじゃないと 俺が死んだ意味無いんだよ」

画像


そう、前回

画像

篠塚の車から雪穂が降り、その姿に雪穂が恋心を抱いていると察して亮司が涙を流すのは理解出来るけど その後の亮司の情けない仕草や台詞は 正直、私は馴染めなかったのは


「雪穂が幸せじゃないと 俺が死んだ意味無いんだよ」


という事を とっくの昔に亮司が自覚していて だからこそ、死亡を偽装したはずなのに…と 引っ掛かったからだ。


私が描いていた亮司像は「雪穂の幸せの為だけに黒子に徹する男」というイメージだっただけに「メソメソ・グズグズ」という姿は しっくりと来なかった…というのが 実は本音だ。


なので、前回と今回 わざとまたがる形に構成する意図は あまりにも作為的で冗長としか思えず、今回の中盤以降にある


画像


江利子への暴行を断る亮司の姿という部分は 正直に言って私としては黒子になり切れていない姿に映り納得のいくものでは無い。


しかしながら、


画像

「やっちゃってくんないかな」


画像

「え?」


画像

「その娘、藤村都子と同じ目に遭わせてくんないかな」


画像

「えぇっ? その子が襲われてどうなるの?

 篠塚が雪穂に転ぶって事じゃないよな?」


画像

「もう、篠塚なんてどうでも良い。 ただ…」


画像

「その子を不幸にして欲しいの」


この一連のシーンで見せる「綾瀬はるか」の表情に 一皮むけた女優を感じた。


頼みを聞き入れて貰えず、去るときに見せる一瞬の


画像

「そっか…」


という表情も 初めて見る表情で「へぇ… こんな顔が出来るのか」と素直に思った。


そして、その後の


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


というシーンでの「綾瀬はるか」の表情に 先程よりも さらに、もう一皮むけた姿を見た思いがした。


本当は 明るくケラケラと笑う姿が見たい私なのだが、この一皮、二皮向けた姿にも これはこれで満足を覚える。


「綾瀬はるかを脱皮させる為に山田君を利用してる!」


こんな場面を見ると そう言って不満に思う山田孝之ファンもいるのだろうと想像する。


だって、所々

画像

こんな感じで 今まで見た事無い(ブタネコだけかもしれないが)山田孝之の演ずるキャラがあるのは認めるけれど、全体的に今のところそれは僅かで、1話から今回の5話までの亮司像の殆どは「世界の…」のサクや 電車男のキャラとそんなに大きく変わらないキャラ設定に見えてしまい


画像

画像

新たな山田の演ずるキャラって感じが私には感じられず、残念ながら そういう意味で「一皮むけた」感がまだ無い様に思えるのだ。


これは山田孝之を批判するのでは無く、そういう設定を制作者が山田孝之に求めたから そうなっているだけの話で 現時点までの山田亮司に関して言えば 私は山田孝之は充分に制作側の意向に沿って応えた演技をしているのだと理解は出来る。

ゆえに、一皮むける演技を要求されているわけでは無い…という意味だと御理解願いたい。^^;


けども、これより後述する違和感は、私に限らず むしろ山田ファンの方々の方が強いのではないか?と思うので だとすればプロデューサーや脚本家や演出家に対する不満として 私は一理あるとも思う次第… 


綾瀬ヲタの一人として私は 綾瀬はるかの脱皮を素直に喜び、山田君にも感謝したいと思うのだが、同時に もっと違う、斬新な山田孝之の演技を見せてくれるよう制作者側に要求をしたいとも思うわけで…


今回の5話で「え?」と違和感を抱いたのは 先に述べた 最初に雪穂が亮司に江利子への暴行を依頼する


画像

「やっちゃってくんないかな」


というシーンに続く、雪穂の台詞を抜粋すると



「だって、篠塚さんが その子を選んだ理由って 

 ただ幸せに育って だから性格が良いってだけなんだよ

 そんな環境で育ってたらアタシだってそうなってるよ

 あんな親の子に生まれたのアタシのせいじゃ無いじゃない

 ホント幸せなんだよ 

 その子 思った事、思うように言えて

 しかも、それが凄く幸せな事だと思っても無いんだよ

 気付かないほど幸せなんだよ

 こんなの、どう考えたって不公平じゃない

 ねぇ? リョウだって そう思う事あるでしょ?」


それと、松浦が帰った後、ホテルの一室での雪穂が亮司に言った台詞のシーン


画像

「ねぇ? 帰ろう? 雪穂」


画像

画像

画像

「これ、見て」


画像

「見てよ」


画像

画像

「ちゃんと見なさいよ アタシがされてきた事を」


画像

画像

「リョウが知ってるのなんてね 序の口なんだからね」


画像

「アタシ、間違ってるんだよね?」


画像

「不公平だって思ってるのは 間違ってるんだよね?」


画像

「他人の幸せを壊してやろうと思ってるのは間違ってるんだよね?」


画像

「これ、笑えるようにならなきゃいけないんだよね?」


画像

「みんな、そうやって頑張ってるんだから

 アタシもそうやって頑張んなきゃイケナイんだよね?」


画像

「リョウはアタシに そう言ってるんだよね?」


画像

画像

画像

「言われたく無かった…

 リョウだけには 言われたく無かった!!」


この二つの長台詞は 雪穂の心情を明らかにする重要な台詞とは思うのだが、


3話のラストで 亮司が雪穂へ送った手紙の文面



「雪穂へ 

 俺ね、夢が見つかったよ 笑われるかもしれないけど、

 俺、レッド・バトラーみたいに生きてみようと思う。

 知恵を使って 世間を出し抜いて 金を儲けて 

 その金でアナタを思いっきり甘やかしたい

 たとえば、レッドがスカーレットにしたように

 逃げ延びるための馬車をあげたい

 悪趣味なほど大きな宝石をあげたい

 そして、いつかは安らかな夜と心浮き立つ朝をあげたい

 不公平なあの人があなたにくれなかったものを

 なんもかんもあげたい それが俺の夢

 実は この話にはオマケがあってさ

 俺、小さい頃 海賊になりたかったんだよ」

 バトラー船長は海賊みたいなもんだから

 幼い頃の夢を追えるなんて なかなか素敵な人生だと思わない?

 夢を叶える為に死ねるなんて

 とてもとても幸せな事だ思わないか?」



自分が死んだと偽って身を隠す事に決めた際の 亮司の決意が この文面だとしたら、先に挙げた二つの雪穂の長台詞を言われる様な 5話の亮司の人物設定は なんか違うんじゃないか?と 違和感なのである。


まぁ、人間は時に優柔不断、時に葛藤する生き物だから 当初の決意とは違う考えになったり行動する事はあり得る事ではあるから、いちいち目くじら立てる事か?と自問自答する私なので 今回はあえて批判ではなく「違和感」としておきたい。^^;


もっと具体的に言えば、3話の手紙の文面を思えば 4話以降の亮司は「メソメソ・グズグズ」キャラのままは違う様な気がする…という事。


誤解を得ぬように断っておくけど「原作の亮司像」という意味は一切含んでいないからね。


私としては 今後の話の展開に期待も込めて、6話以降に すこぶるダークで冷酷な亮司像が浮かぶように 今までの5話までは あえて「メソメソ・グズグズ」亮司像に演出的に抑えてきたんじゃないだろうか?と 今回までみて思うのね。
(そうじゃ無ければガッカリだが^^;)


というのは、今回のラストに 何気ない一言なんだけど「お?」と思った台詞があったからなのだが、それは


「今ならちゃんと判るんだけどな…」


という台詞。


国語の試験問題みたいで恐縮だが、この台詞の「今なら」とは いつの事?


で、ついでながら更に ふと、気になった。


「白夜行」のこれまでの1話から5話までって ラストが必ず亮司のナレーションで終わるのだ。


なので、ちと検証してみる事にした。


第1話のラスト


画像

「事件は時に埋もれ忘却の空へ… もう全てが終わったと思っていた。」


画像

画像

「もう誰もが忘れたと思っていた頃だった。」


画像

画像


第2話のラスト


画像

画像

「なんの事は無い。 気が付くと俺は親父と同じ事をしていた。」


画像

「もし、判る奴がいるなら教えて欲しい

 どうして俺達、生まれてきたんでしょうか?

 何の為に生まれてきたんでしょうか?」


画像

「こんな事ばかり繰り返すためでしょうか?

 何の為にこれから生きていけばいいんでしょうか?」


画像

「だけど、いくら考えても答えなんか見つからなかったんだ」


画像

「見つからなかったんだ たったひとつしか…」


第3話のラスト


画像

「雪穂へ 

 俺ね、夢が見つかったよ 笑われるかもしれないけど、

 俺、レッド・バトラーみたいに生きてみようと思う」


画像

「知恵を使って 世間を出し抜いて 金を儲けて 

 その金でアナタを思いっきり甘やかしたい」


画像

「たとえば、レッドがスカーレットにしたように

 逃げ延びるための馬車をあげたい

 悪趣味なほど大きな宝石をあげたい」


画像

「そして、いつかは安らかな夜と心浮き立つ朝をあげたい

 不公平なあの人があなたにくれなかったものを

 なんもかんもあげたい それが俺の夢」


画像

「実は この話にはオマケがあってさ

 俺、小さい頃 海賊になりたかったんだよ」


画像

「バトラー船長は海賊みたいなもんだから

 幼い頃の夢を追えるなんて なかなか素敵な人生だと思わない?」


画像

「夢を叶える為に死ねるなんて」


画像

「とてもとても幸せな事だ思わないか?」


画像

「俺達は18歳だった…」


第4話のラスト


画像

画像

「なぁ、雪穂。 あの日のアナタは とてもとても綺麗だったんだ…」


画像

画像

「だけど…」


画像

画像

画像

「あの日も雨が降っていたんだ」


画像

画像

「雨に洗われ溶け出した俺達の罪と罰」


第5話のラスト


画像

「なあ? 雪穂」


画像

「月の裏側には ひとすじの光りも無かったよ」


画像

「ひとかけらの優しさも、温もりも、美しさも無かった」

画像

「だけど、なあ?雪穂

 俺を傷つけて去る事がアナタのやり方だった事

 いつの日も変わらないアナタの優しさだった事」


画像

「あの無茶苦茶なワガママだって…」


画像

「一度で良いから幸せな子供の様に甘やかされたかっただけなんだって」


画像

「今ならちゃんと判るんだけどな…」


画像

「ごめんな」




以上である。


で、この5話のラストの


「今ならちゃんと判るんだけどな…」


この「今なら」って いつ?


で、私は思ったのだが それって第1話の冒頭の


画像


ここなんじゃないか?と。


この場面、実はまだ亮司は生きていて 死ぬ間際に走馬燈のように見ると言われる 自分の半生の部分が「白夜行」の物語になっているんじゃないか? 


そして、毎回、ラストで語られる亮司のナレーションは 走馬燈における節目節目の亮司の呟きの様な感想なんじゃないか?


つまり、「あの時は~だったんだよ…」という風な。


だから、今回の最後の最後にある「ごめんな」の一言は 来週以降、勘違いしてしまった亮司の暴走に関する 雪穂への「ごめんな」だと思われ、ゆえに いよいよキレた亮司が見れるのか…と 勝手に解釈し妄想を描き、ワクワクする私なのである。


もし、これが私の「思い込み」だったら… 恥ずかしいんだけどね。^^;




最後に…


画像

九十九一じゃん、好きだったんだよなぁ… お笑いスタ誕でやってたニュース漫談 またやってくれないかな…^^;


画像

武野… 「たこ焼き屋」の次は「焼鳥屋」か… じゃ、次は「おでん屋」だな^^


この記事には『白夜行 第5話の記事の補足』という補足記事がありますので御参照願います。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『白夜行』関連の記事

コメント

このドラマ自体が亮司の回想なのだと私は思っていました。
きっと、この後、東京に出ていって・・・
なので、関西弁をしゃべるのも、笹垣など、限られた人なのではないかと(本人が東京の言葉を使っていれば、今、使っている言葉で回想される)思うのです。

既に第5話なのにビデオ録画が成功したのは今回で2回目。
いろんな方々のレビューによって、なんとかついて行けています。
孫にビデオの設定してもらったので、今後は大丈夫・・・なハズ(^_^;)

★ 白い夜行 さん


>このドラマ自体が亮司の回想なのだと私は思っていました。


というか、根本的な事を言えば「亮司と雪穂」の物語の回想とも言えるので それを言ったらオシマイです^^;

私が言いたかったのは… あ、すいません 同道巡りになりそうなんで割愛します。^^;


禿同!!Σ(^∀^;)

あんなにエキストラ行っているのに、まったく映ってない。。。orz

(ノToT)ノ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

★ ピエピエ さん

え? どの部分に「禿同」?

エキストラの件はお気の毒に…(* ̄m ̄) ププッ

きっと、もう背中で見せる下町風景はイラナイんですよ  Ψ(`∀´)Ψ ケケケ

ブタネコ様 はじめまして

約90日前「朔ちゃん大好きだよ」で心を鷲掴みにされ、1週間で3回見て「発症」したと思われる
御ブログ記事NO1激しく同意「赤い運命 第2話」な者です。

現在私は、4、5年分の作品を一気に見られるという大変幸せな時期です♪
しかも、1話見る→ブタネコ様のブログで考察を深める→ブタネコ様より神ブログと称されている方々を
訪問(TAKUさまのセカチュー記事は、泣きました)→1話二回目を見る→2話目→・・・最終話→3回目
という本当にこんな幸せがあっていいのかというぐらい幸せな見方をさせて頂いております。

第5話 綾瀬はるか様の表情、台詞で心を揺さ振られこれからの展開が非常に楽しみです。

この面白さ、原作(読んでません)なのか、森下脚本なのか判りませんがお二人に感謝。
綾瀬はるか様、ブタネコ様に感謝です。        これからもお世話になります♪    

 

★ こばっ さん

そうですね、白夜行の5~7話ぐらいまでは毎週、夢中になって見てました。

その先については… どうせ記事を御覧になるのでしょうから ここで語りますまい。^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。