« 白夜行 4話目までの雑感 | TOPページへ | 盗っ人たけだけしいのは小嶋だけ? »

2006年02月07日

● 井上陽水


タンクさんから御題を頂戴したので 井上陽水について語ってみる。




井上陽水で、まず思い出すのは私の学生時代。


当時、「陽水派」と「吉田拓郎」派みたいな対立構造があり、若干の「アリス」派という少数グループがいた。


そんな中で私は実のところ「荒井由実」派だったのだが^^; 「どっち?」と言われれば「陽水」の方に好きな曲が多かった。


で、当時 私の周辺だけだったのかもしれないけど 何故か「体育会系」の部活人間は「陽水派」が多く 「拓郎派」の主力は文化部系の人間が多かった事で、その理由はいまだに判らないけど ずっと奇妙に感じていた。


当時の陽水は「氷の世界」「二色の独楽」等のLPアルバムに納められてシングルカットされなかった曲にも 沢山、良い曲があって シングルよりもLPを持ってる友人が多かったのも記憶にある。


中でも私が 特に好きだった曲は「陽水II センチメンタル」に入っていた「能古島の片想い」という曲と 大ヒットした「心もよう」のB面の「帰れない二人」という曲で、この曲は作詞・作曲に 忌野清志郎が協力していたもの。


1977年頃だったと思うのだが、陽水が大麻で逮捕され その後、しばらく陽水の曲を耳にする機会が無くなったのだが、再び 陽水を聞くようになったのは1984年に発売された「9.5カラット」というアルバムである。


で、この「9.5カラット」には思い出がある。


それは、この曲が出たのと同じタイミングで 時代はCDデッキの登場を迎えたのだ。


今では当たり前どころか MDに追いやられつつあるCDが世に出回り始めたのが 調度、その頃で ステレオのコンポーネントに組み込むCDデッキが10数万円という価格だった。


同じ頃、映像の方でもLHD(レーザーディスク)とVHD(ビデオディスク)という2方式が ビデオのベータ方式とVHS方式のように二極化して販売され そのどれもがまだまだ高価で どれを買おうか…迷いっぱなしの時期でもあった。


で、ある時 当時、東京にいた私は秋葉原の電気街を散策している時に とある電気店でヤリ手の販売員にキャッチされ ちょうどグチャグチャに迷っていた私に


「お客さん CDデッキだよ これが買いだよ」


と、トドメを刺したのが 試聴で聴いた「9.5カラット」に入っていた「いっそセレナーデ」だったのだ。


この曲をCDで しかもちょっと高価なヘッドホンで試聴した時の驚きは今でも忘れない。


ジャズやクラシックを聴く時に 昔ながらのLPの音の味わいを否定するつもりは無いが、最初からCDで聴く事を前提として録音された音源の素晴らしさも やはり否定できないのだという事を その時、身をもって知ったのだ。


その後の井上陽水については 私如きが語るべきでは無いと思うので割愛するが…


井上陽水としての初期の頃の音楽を 最近の井上陽水が あるトーク番組に出演した際に陽水本人としては「納得のいった曲が無い」といったコメントを発してるのを目にして 物凄く寂しく思ったものだった。


だって、私の年代の友人達には「人生が二度あれば」「傘がない」「夢の中へ」「闇夜の国から」あたりを聴くと 昔を思い出して遠くを見つめる奴が何人もいるのだ。


それだけの影響を与えた曲を 作った本人が否定する…というのは「寂しい」としか言いようが無い。


【管理人注記 2月18日】


この記事を取り上げて下さった『岡田昇の研究室』さんの

井上陽水『クラムチャウダー』』という記事に 深く、心より感謝申し上げます。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『私にとっての懐メロ』関連の記事

コメント

>で、この「9.5カラット」には思い出がある。
それは、この曲が出たのと同じタイミングで 時代はCDデッキの登場を迎えたのだ

あー、そうでしたね。全く同じような思い出があります。
私の親父が陽水のファンで、やはりCDが出回り始めた頃、買ったのが9.5カラットでした。
いっそセレナーデ、良い曲ですよね。

>ジャズやクラシックを聴く時に 昔ながらのLPの音の味わいを否定するつもりは無いが、最初からCDで聴く事を前提として録音された音源の素晴らしさも やはり否定できないのだという事を その時、身をもって知ったのだ。

これも同感です。ま、「いっそセレナーデ」はどっちでもいけるような気がしますが。
ジャズも最近はCDで聞くのを前提としているのでCDでも十分良い音ですしね。

>それだけの影響を与えた曲を 作った本人が否定する…というのは「寂しい」としか言いようが無い。

そんなものなのかもしれませんねぇ
私の好きなミュージシャンにパットメセニーという人がいます。
この人の初期の頃の音楽も好きなんですが、
この頃の音楽を彼は「大学生が作った音楽みたい」とあまり肯定的な感想を述べてないのをみて、ちょっと残念だった思いがあります。
陽水の時のブタネコさんと一緒かなぁ、なんて思いました。

★ うごるあ さん

調度、同じ頃 LHDは「トップガン」 VHDは「スターウォーズ」を視聴用に利用してました。

今のドルビーに比べれば幼稚な部類だけどサラウンド方式なんてのも やはり、この時が出立てで 右から飛んできたF14トムキャットが左に飛び抜けて行く音声に度肝を抜かれたものです。

しかし、レーザーディスクのソフトが2万とか3万円なんて値段だったので 私は買いませんでした…

なんて事も記事を書いてて思い出しました^^;

ブタネコさんへ
早速の対応、本当に有難う御座います。この’氷の世界’のLPは当時ジャズに凝っていたのですが、傘がないを聞いて迷わず購入した思い出があります、それほど当時の揚水はインパクトがありました。最近はカートリッジが購入できずもっぱらCD派に成り下がってしまいました。今このLPは多分手元には無いと思います、引っ越すたびに後輩へ手伝いのお礼に大分進呈したのでLPはほとんど残っていません、今残っているのはジョーパス位かな!このプレーヤーあまり人気がなかったようです。
シュア、エンパイア、EMTetcのカ-トリッジメーカーどうなっているんでしょうかね?最近秋葉原に行っていないのでとんとわかりません。当時オーディオにも凝っていて、ターンテーブルはナショナルのSP10、スピーカーはJBLがほしかったのですが高価なのでベリリウム振動板のヤマハにしました(名前は忘却)、アンプは当時’無線と技術’という雑誌の設計図をもとにA級アンプを作成した思い出があります。鈴蘭堂のパッケージにヒーシンクを組み立てて抵抗やコンデンサー、勿論半導体も一個一個購入して半年くらいかけて組立てて、音が出ず煙が出たのを思い出しました。その装置もいまや我が家には影も形もありません。今日の話題にはついつい遠い目をしてしまいました。
時には昔の思い出に浸るのも良いですね。かみさんが台所から’あーあ’というような顔をしてこっちを見ているのでこの辺で。

陽水? 心底すきですよ。ギターで弾き語りですよ。歌本買ってきて、コード進行覚えて、
自宅に友達呼んで、聞いてくれよっていいながら よくも恥ずかしくもなく歌っていたもんだ。昭和50年代。今でも陽水は輝きを持っていると信じています。 
それが、そうですか 陽水はそういっていましたか。成長していくってことか、ただの不満なのか。でも、そこまで言うなら新しいの発表してもらいたいものです。

★ タンク さん

>最近はカートリッジが購入できず…

私もある時 ナガオカの代用品を オイルショックの時のトイレットペーパーの様に大量に買い込んだ覚えがあります^^;

おかげで現在もカートリッジに不安はありませんが プレイヤーの稼働部に使用されているゴム部品が…(ToT)

>ナショナルのSP10、スピーカーはJBL

懐かしいなぁ…^^

アンプはサンスイに限る…とか、BOSEは低音の響きが…とか^^

でもね、そんな事に真剣になっていのも「9.5カラット」のCDをヘッドホンで聴いた瞬間に「え?」と瓦解したものでした(私の場合です)


★ レッツ さん

そうですね^^


能古島の片想いには私も心動かされ福岡で「のこ渡船場行き」というバスをみてつい乗ってしまいました。

★ はちはちまる さん

尽きせぬ波のざわめく音に今夜は眠れそうも無い♪


今でもカラオケで歌詞みないで歌えます。^^;

それぐらい記憶に焼き付くほど 大好きな曲です^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。