« 白夜行 3話目までの雑感 | TOPページへ | ブタネコの「後遺症的妄想」その8 »

2006年01月28日

● ライブドア 考 その2


ふらっと うんぼぼさんのブログ『株価の動きとその中で繰り広げる人間ドラマ~『波のうえの魔術師』~』という記事を拝読し、思わずニヤッとなった。




と言うのも、うんぼぼさんと似た様な事を ここ数日のライブドア報道を眺めてて思ったのもあるし、「ビッグマネー」というドラマや その原作となった


画像


「波の上の魔術師」を再読しようと思っていたところでもあったからだ。


以前、私は 原作者の石田衣良と TVドラマ「ビッグマネー」について


2005年3月12日の記事


として触れているが、何故か このドラマは再放送をされる機会が無い。


私としては今みたいな時期だからこそ このドラマの再放送を見たいと切に願うのだが…^^




さて、1週間ほど前に


ライブドア 考


として、私はライブドアについて語った事がある。


その記事の中で 私は



つまり、事実の報道だけなら報道の範疇と言える事でも、一歩、度が過ぎるだけでメディアが情報操作(「風説の流布」)を行うことになりかねない… そこの点に関するマスコミどもの報道姿勢が どんどん、おざなりになっているという事を 私は不快に感じてるのだ。



と語ったわけだが、その後…


堀江氏をはじめ 4人のライブドア幹部が逮捕され、ライブドア株は急落し、メディアの報道は いつもの如くワイドショー化した。


で、この1週間の流れを見ていて思うのは やはり、日本という国のメディアや政治屋はロクなもんじゃ無ぇや…という事。


街頭でインタビューを受ける一般市民も 妙な薄笑い(テレ?)を浮かべながら どこかのクソ新聞や ニュースキャスターもどきの語りを真に受けた様な言葉を さも、御立派に持論の様に述べてるのも醜悪の極みだ。


ま、一般市民はついては どうでも良い。


政治屋について言えば 堀江氏を選挙に担ぎ出した自民党を 民主党が鬼の首を取ったかの如くガタガタと責めている国会の問答があったけど、私の記憶に違いが無ければ 当初、堀江氏は出馬の際に 最初から~党と言っていたのでは無く、であるがゆえに 当時の民主党代表である岡田が 堀江氏と会談し、「民主党からの出馬」を要請したんじゃ無かったっけ? 結局、堀江氏は自民党から 広島の亀石静香殺しを引き受け、落選に至ったわけだけど…


どうも、民主党の連中は 当時の岡田の行動を棚にあげ過ぎなんじゃないのか?


そんな事だから、耐震偽装の証人喚問でも 肝心な事を聞かない、はぐらかされまくり等の まったく意味の無い結果を招くんだ。


もっとも、武部や竹中の様に応援演説に行ったアホ共の釈明も 国民を小馬鹿にした様なもので


「その時は 立派な人物だと思ってた」


と、胸を張って言えば良いだろう?


当時はマスコミだって 堀江が悪人だ…報道してなかったんだもの^^


マスコミだって、当時、そういう状態なんだから武部や竹中にツッコミきれて無いしね。^^;


で、最近 物凄く気になっているので記しておくが…


「フジテレビが ライブドアを吸収する動きがある」


これ、誰が言い出したの?


メディアの自称:記者共が 日枝会長に


「ライブドアを吸収するんですか?」


と、群がって問いかけるシーンを見て 私は唖然としたからだ。


例えば…


ライブドア株が急落し続け、上場廃止になった場合 ピーク時に8000数億とも言われた総株価がゴミ値と消える。


7百数十円という株価で買った者にすれば 仮に1万株持っていたら 7百数十万が溶けて無くなるのである。


こりゃ、確かに大変な話だが 株では今までに価格の差はあれども全然、不思議な話では無い。


「北海道拓殖銀行」や「山一証券」の時だって 似た様なもんだったのだ。


だから、「いったいライブドアの株は いくらまで下がっちゃうの?」という問題は 株を弄っている人間には関心大なわけで、いくらで値がついて下げ止まるか?で マネーゲーム的にはビッグチャンスでもあり得るのだ。


で、ストップ安で値が付ききらない状態の時に


「フジテレビが ライブドアを吸収する動きがある」


という情報(?)が流れたら どうなるか?


「百数十円なら 少し、買っておくか」


そう、考える相場屋が現れる。


もし、フジに吸収されて 仮に130円で買ったライブドア株が 200円や300円まで持ち直したら大儲けだからだ。


「ピーク時 7百数十円だった株なのだから 少なくとも2・3百円まで持ち直しても不思議じゃない」


そんな考えを抱く人が多いのも現実なのである。(株の世界ではね)


ライブドアじたいが潰れても ライブドアが吸収しまくった子会社のどこかがM&Aされれば そのチャンスで儲ける可能性だってあるのだ。


で、もう一回言うが


「フジテレビが ライブドアを吸収する動きがある」


って誰が言い出したの?


考えてみるが良い。


ライブドアの総株式の12.75%を所有してるのは フジサンケイ・グループなのだ。


ライブドア株がゴミ値で溶けたら そのツケはフジサンケイ・グループに回るのだ。


「少しでも値を持ち直してくれ…」


と、実は 世の中で一番願っているのは もしかしたらフジサンケイ・グループなんじゃないか?


で、「フジテレビが ライブドアを吸収する動きがある」という情報が流れる事によってライブドア株の下落が止まるのなら 誰が一番、得をする?
(より多くの損をせずに…という意味でもある)


ゆえに インタビューに対して日枝会長は「ええ、そのつもりです」なんて言わないし、「そんなつもりは全く無い」と完全否定もしていない。


「まずは財務状況を精査して…」とか、「現時点では そのつもりは無い」等と将来的には「その時はその時で…」みたいに受け止められる言葉でしょ?


これはフジサンケイ・グループとして 物凄く返答に神経質になって当たり前の事。


こんなのだって、将来 受け答え方を一歩間違ったら「風説の流布」になりかねないのである。


そんな事にも気づかずに


「とりあえず、ライブドア株を1000株 主人に内緒で買っちゃってたんですけど、売れないわ値下がりだわで どうして良いか判りません…」


なんて嘆いている 個人投資家気取りのアホ主婦を画面に出して


「こういう所でも 今後の景気の動向にどう影響があるか心配です」


なんて語る報道には 只々、呆れるばかりである。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ビッグマネー』関連の記事

コメント

少々民主党を弁護すると岡田代表は出馬要請はしていないようです。会談したのは事実ですがその際の発言で民主党にふさわしい人物ではない、と判断したとか。
まぁ目くそ鼻くそ、自民党より「マシ」というレベルですが。

★ はちはちまる さん

う~ん 記憶を頼りに記したので、間違っていたならば謹んで訂正したいと思います。

ただ、会談前に 盛んに「民主党から出馬を」と発言していたのは事実、それと「民主党にふさわしい人物ではない」という発言は 会談後と言うよりも 堀江氏が自民党から出馬を表明した後に 負け惜しみのように盛んに言っていた事と記憶しておりました。

>まぁ目くそ鼻くそ、自民党より「マシ」というレベルですが。

同感です^^

堀江氏は自民党員ではなく、自民公認でもない。民主党は民主公認で民主党員だった人物が麻薬をやっていても、だれも責任をとらず、ただ「遺憾です」と、いつものコメントを残したのみ。
自民党の加藤元幹事長が、堀江氏を金が全てと批判しているが、秘書給与流用は詐欺じゃないのかと。
昔からですが、どうして日本の政治家って人を自分の位置まで下げて自分たちの位をあげようとするんでしょうね。

★ くま さん

>どうして日本の政治家って人を自分の位置まで下げて自分たちの位をあげようとするんでしょうね。

まったく同感です。

私はビックマネーよりも白昼の死角を思い出しましたね。角川映画世代なのでw
ラストシーンの船のシーンは未だに忘れられませぬ(遠い目

★ やじ さん

白昼の死角… ええ、あれも面白かったですね^^;

ただ、物語の時代がね…^^;

今とは隔世の感が…

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。