« ブタネコの「後遺症的妄想」その7 | TOPページへ | ライブドア 考 その2 »

2006年01月28日

● 白夜行 3話目までの雑感


TV版「白夜行」の3話を見終わり、物語全体の導入部及び 雪穂と亮司の高校時代…が終わり、4話目から大学時代、そして その後…へと至るのだろうなと思うのと 拙記事『白夜行 第3話』に対して頂戴した二つのコメントを拝読し、まとめたレスが長文化したのと、良い機会かもしれないと思うので、記事として述べたいと思う。




まずは、「goboten」さんのコメント


白夜行、面白いです。

でも涙は、今のところ全く出ません。

元々そんなドラマではないのかもしれませんが(原作は、あえて読んでませんが)

それと教会のシーンを観ていて、

「このシーンは、ブタネコさんが、絶対何か言うだろうな」

と思いましたw

(私も宗教は信じてないので、ブタネコさんと同意見ですw)


ただこのドラマを観ていて、言いたいことがあります。

綾瀬はるかは、ミスキャストだと。

はるかちゃんファンの方、怒らないでください。

私は、綾瀬はるかファンです・・・正確に言うと

綾瀬はるか演じる廣瀬亜紀ファンですが。


ファンなのに何故ミスキャストという暴言を吐くのかというと、それは福田麻由子の演技が凄すぎたから。


彼女の演技は、まるで天使と悪魔が同居しているかのような凄い演技だと思いました。


確かに、はるかちゃんも、切れた演技をしてますが、どれだけ切れても、天使にしか見えないのです。
(やっぱり廣瀬亜紀のインパクトが強すぎるのかも)

だから福田麻由子の雪穂から、綾瀬はるかの雪穂には繋がらないのです。

はるかちゃんファンの皆さんゴメンナサイ

これは、あくまで私の私見ですから。

言い訳みたいですが、それでも私は、綾瀬はるかが大好きですw


それに対して 私は


★ goboten さん


>涙は、今のところ全く出ません。


私も ジワッとしたとこは1箇所だけありましたが、泣いてません^^;


当初より(原作を読んじゃってるせいもあり)、「白夜行」で泣かせて貰えるとは 実は、あまり期待していないので 泣けないからと言って それで評価を変える気もありません。^^;


教会のシーンは 御賢察の通り、雪穂が「あ~スッキリした」という台詞の通り、私もスッキリさせて貰えて、おそらく 好きなシーンのひとつとして記憶に残ると思います。^^


>綾瀬はるかは、ミスキャストだと。


実に清々しい御意見だと思います。^^
(けっして嫌味とか皮肉じゃないです)


私も喉元まで出かかって 無理矢理飲み込んでいる意見でもありますから^^


gobotenさんも そうでしょうけど、綾瀬はるかの演技に関してケチをつける気はサラサラ無いのです。


私の場合は 福田麻由子の演技も認めた上で それと綾瀬はるかを比較したり、関連づけたりで判断するものでもありません。


同時に、教会のシーンでは「廣瀬亜紀が乗り移ったか?」なんて記事で書きましたけど、「世界の…」との比較や関連づけも考慮しません。


あくまでも 綾瀬はるかという女優が持つ雰囲気の中に「優しさ」が滲んでしまい、それが雪穂のイメージと 微妙にズレてしまう様に見える時があるからなのです。


誰にも得手・不得手があり、個性や雰囲気がありますから、女優としての幅を考えれば 優しい女の子も、冷酷な女性も 個別に演じ分けられれば それに越した事は無いけれど、必ずしも それを身につける必要があるのか?というのも疑問に思う時があるのです。


で、現時点までの綾瀬はるかの演技にケチをつけたい部分はありません。


だけれども…という事を思ってしまう時 それはキャスティングの整合性を問うしか無くなるわけで gobotenさんの御意見も一理…と思うところです。


なんでもかんでも褒めちぎって 素敵、可愛いい、上手い…と言うことが 時に褒め殺しに繋がると理解出来ずにいる輩の能書きなんかよりも 余程、実があり、愛情有る御意見だと私は思いますよ。^^


(と言っても これだけで、すぐ、批判された… あの野郎、許せねぇ…とか言うアホが多いので あえて、私は飲み込んできたんですけどね^^;)


と、レスをした。


で、「ほい」さんから


はじめまして

ほいと申します。

いつも楽しくブログの方、拝見させていただいております。


私は、女優綾瀬はるかの大ファンです。

また、白夜行の原作も、一度ですが読んだことがあります。

その上でのドラマ白夜行の感想を述べさせて頂きます。


まず、綾瀬はるかさんを雪穂にキャスティングした事については、全然ミスキャストだとは思いません。

確かに彼女の持つ雰囲気の中に やさしさが潜んでいて、それが見え隠れするというのは同意見ですが、それ以上に彼女の中に感じる危うさ、はかなさ、母性などが、今のドラマ版白夜行にぴったりくるからです。


このドラマは、山田&綾瀬のキャスティングを前提に すべて作られているので、当然かもしれませんが、逆にその製作者からの要望に、彼女は、現時点までは、きっちり答えていると思います。


また、福田麻由子さんとの演技の比較については、それぞれの持つ個性(造形、雰囲気)が違いすぎるため、私にとっては比較対象になりませんし、比較する気もありません。


ドラマの作品としては、二人で一人の雪穂だと思っていますので、1話と2話以降をうまくつなげていると感じています。


ですが、やはり原作ファンの方の中には、

原作の思いや、福田麻由子さんのイメージが原作に近かった事から、それに比較して、綾瀬さんの事をどうのと言う意見があるのは寂しいです。

(ちなみに、goboten さんのことではありません。 意見の中にはるかさんへの思いやりを感じます。うれしいです。)


私としては、原作とドラマは、既に別物となっていますので、今後もドラマ版白夜行の行方を最後まで見守りたいと考えています。


長文になり、また変な書き込みになってしまいました。

お許しください。


というコメントを頂戴した。


で、ほいさんに対するレスポンスも含めて 現時点での雑感をまとめてみたのが以下である。




<< 以下、本文 >>-------------



>まず、綾瀬はるかさんを雪穂にキャスティングした事については、全然ミスキャストだとは思いません。


ええ、それも一理で、当然の御意見だと思います。^^


殊に、


このドラマは、山田&綾瀬のキャスティングを前提に すべて作られているので、当然かもしれませんが、逆にその製作者からの要望に、彼女は、現時点までは、きっちり答えていると思います。


そう、まさにその点がポイントな訳で TV版「白夜行」について 様々な感想がある中で、私としては そのポイントをおさえての発言か否かで 聞く耳を持つか、持たないかを決める部分とも言えます。^^


これは「白夜行」に限らず 原作のあるドラマ、殊に原作に熱狂的とも言えるファンのいるドラマでは 必ず、おさえておかなければいけないポイントなんだけど、その点に気づかぬ発言は ともすれば、いろんな意味での単なる感情論に過ぎなくなるからです。


だから、ほいさんの様に ポイントをおさえた上での御意見には一理あると考えます^^


で、思うに、当初 原作ファンの方々は ほいさん御指摘の 綾瀬はるかの持つ魅力の一部分である「はかなさ」や「母性」などが 原作の雪穂とは違う…と感じたから拒絶反応が出たんじゃないか?と思ったりもします。


正直言って、その部分について 私も若干ながら危惧する気持ちがありましたから、私は映像を見るまでは…と 事前に「はるかチャ~ン、ヒャッホイ^^」みたいなノリにはついていく気が無いと申し上げ続けておりました。^^


ここで、重要な事は


このドラマは、山田&綾瀬のキャスティングを前提にすべて作られている

という部分。


ゆえに、綾瀬はるかがミスキャスト…だと 全てが崩壊する^^


そうなんです。^^;


そこが重要なんです。^^


原作は「山田&綾瀬」の為に書かれたのでは無く、原作として既に成立し評価を受けており、多くを読者に委ねる形ではあるけれど 雪穂と亮司というキャラを描いているのです。


だから、原作とTVは別物と考えるべきで、物語としてそれぞれがどうか?と論議するのはアリだとしても、原作のキャラにTVの山田&綾瀬がハマるか否か?なんて論議は不毛で意味がありません。


山田&綾瀬のキャスティングが前提に描かれているドラマを どう見て、どう感想を抱くか… そこの分別が必要なんだけど… それが出来ている人が少ないので誤解や論議が生じるのではないでしょうか?


しかも、今回は その分別を難しくさせる要因としてTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」まで 重ね合わせるようなプロデュースですから 余計に話がこんがらがる。


それが純粋に「良い作品を創る」という意味で行われているのならば なんら文句を言うところでは無いのだけど…


gobotenさんのコメントを拝読して 一理あるなと思いつつも 全面的に「そうですね」と頷けないのは


確かに、はるかちゃんも、切れた演技をしてますが、どれだけ切れても、天使にしか見えないのです。


と言う部分。


私も似たように思う時があるから否定しづらく、どうしても「世界の…」を重ねてしまうと そういう意見になるのが理解出来るだけに、それじゃダメなんだと自戒します。^^


それじゃぁ、一歩間違えると「なんでもかんでもヒャッホイ」になっちゃうので 私としては同意できないのです。


同じ様に…


ほいさんが言われた事に 一理あると思いつつ 完全に同意できないのは文章全体の文意が


『綾瀬はるかはミスキャスト』


という一点だけに ほんのちょっとだけ過剰に反応している様に感じられるからです。^^


誤解を招かないように 述べさせて頂きますが、だからと言って ほいさんを批判するつもりは全く無いのです。


私が 常々、申し上げたいのはTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」が あまりにも凄すぎたばかりに、なんでもかんでも そこに基準を求めてしまう輩が多いのは 私も含めて仕方が無いとは思うけど、それを利用されるかの如き人達には 物凄く不愉快に感じるという事がありまして…



・何故、「白夜行」なのか?


・何故、「山田&綾瀬」なのか?


・何故、「純愛」なのか?


・何故、3話目でも登場していない「濡れ場」を 
    1話目の放送よりも前に しつこく番宣に使ったのか?


他にも色々あるけれど、そういうプロデュースに 特に不愉快感を抱くのです。^^


ゆえに私の抱く『綾瀬はるかはミスキャスト』とは gobotenさんとは言葉としては同じでも意味が微妙に違うのです。^^;


3話目まで見た時点で言えば、純粋に「面白い」と感じて見る事が出来た…と 他の記事などでも申し上げましたし、その気持ちには偽りはありません。


しかしながら、「泣けたか?」と問われれば「泣けた」とは言いませんし、「感動したか?」と問われれば「いや、まだ その域には…」と応えます。


それは あくまでも私の場合としての個人的意見ですが プロデュ-スのあざとさが鼻について楽しめきれずにいるからです。


で、そんなプロデュースのキャスティングに関してですから「ミスキャスト」と言うgobotenさんのコメントも一理、「このドラマは、山田&綾瀬のキャスティングを前提にすべて作られている」から「ミスキャストでは無い」と言われる ほいさんの意見も一理^^と思うわけで、私としては こんな部分で議論を招くような「プロデュースが不快」となるわけで…


つまり、 あまりにも凄すぎたTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」を あざとく利用した「石○とかいうプロデューサーがミスキャスト」と言うのが真意なのです。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『白夜行』関連の記事

コメント

私としては。。。
綾瀬はるかはミスキャスト。。。というより、山田孝之がミスキャストですね。。。山田君ファンの誤解を招く恐れがありますが。。。

山田君はとってお優れた俳優さんであり、演技の幅を持っている稀有な方です。
でも、この役は合わない。ダークな部分を渡部さん演じる松浦に頼る部分が多く、得意とする優柔不断な頼りない泣きキャラで通してます。。。四話以降どうなるか。。。という楽しみもありますが、突然冷淡な亮司にはならないでしょうね~ちょっと楽しみでもありますが。。。
まー最初にこの二人ありきのドラマといわれればこのような設定にせざるを得なかったということはわかりますが。。。田中幸太郎くんの亮司や、森山未来君の亮司もありかな?と思うピエロです。。。
まあ、この件はまだ三話なので置いといて。。。

チビ雪穂の演技が素晴らしかった事は語るまでもなく、『もうい~い』という冷たい台詞や、大人の前で見せる子供の顔と、絶望に沈んだ表情にはダーク雪穂の片鱗を見ることが出来たと思います。彼女ははるか姫に演技の向上を促がしていると思います。頑張れはるかちゃん!
姫ファンとしては、単なるPVとしてではなく、面白いドラマとして見れるこの『白夜行』は毎週楽しみにしてるんです。彼女の持っている雰囲気がミスキャストなら、それを凌駕する演技を期待するだけです。。。o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

つまり、主演二人の試練であり、乗り越えて欲しいと思うばかりです。
と、まとまらないんですが、三話というとこで。。。

ブタネコさんへ

ほいです。

私の者のような意見を取り上げていただきありがとうございます。

正直、本当にうれしかったです。
確かにブタネコさんご指摘のように、”ミスキャスト”というご意見に、
女優 綾瀬はるかさんのファンとしてちょっと反応しすぎてしまったのかな、
と今は少し反省しております。
(少しでも不快になられた方がおられたら、ごめんなさい)

自分で自分を分析してみて、少し彼女に対して盲目的な面もあり、
少し冷静に彼女をファンとして暖かく見守れるよう努力したいと思っています。

それでは、ブタネコさん。
お体の方、お大事に、
ゆっくり静養してください。

★ ピエピエ さん

いやぁ、久しぶりに長文で しかもまともな御意見に ちと、ビックリして どうお応えして良いやら…^^;

山田孝之に関しては 私としてはあまり不満を感じていません。

むしろ、「馬鹿女」とか「死体と…」といった台詞を 良く言わせたな(言ったな)と驚く部分もあり… ただ、強いて言えば3話目までは 気弱な設定という部分が 電車男などで 既に見た設定に近く 役者として演技として、しかも設定として…という部分に新鮮さが薄いとは思いましたが、これは本人の責任ではなく 演出やキャスティングの問題ですしね^^

私としては 4話目以降に どれだけクールに冷酷な男を見せるか(設定がそうなれば…という期待も込めて)楽しみなところでもあります。

なので、その件は 先を見てからにしたいと思います^^


★ ほい さん


勝手に記事にしてしまい申し訳ありませんでした。

決して、私は ほいさんの御意見を否定したり不快に思ったりはしておりません。

ある意味、当然の感想とも思っております。^^

ですから、どうか お気を悪くされません様 よろしく御願い申し上げる次第です。


様々な所の意見を見ると、ミスキャストと感じるか感じないかの差は
亮司&雪穂を生粋のモンスターか、血の通った人間かの、どちらに捉えてるか?
と思います(特に雪穂)。
で原作の印象だとモンスターは大袈裟としても、冷酷な部分が強く
かたやドラマ版は悩みや葛藤のある人間として描かれている。
結局、東野版ならミスキャスト、森下版なら(当然ながら)適役…としか言い様が無いのでは…蛇足ながら、悪魔って元は天使ですよね。

更に蛇足ですが…石○Pの事も、ちょっとだけ擁護すると…限られた予算内で宣伝するって目的としては、セカチューコンビ&純愛&濡れ場を利用したい気持ちも解るけど………裏目orz

★ 龍之介 さん

>結局、東野版ならミスキャスト、森下版なら(当然ながら)適役…としか言い様が無いのでは…

その通りですが、何か?

ブタネコさん こんばんは。 今日は競馬で ハルカは出るし セイカチューバなんて微妙な馬も出走。思い切り賭け ♪ すってんてんのぉ あのじぃーさん に成り下がってしまいました。 虎ファンで馬好きなので 虎馬としましたが そろそろやめどきかな。 白夜行ですが 最初はかたっくるしく考えてましたが あのふたりが映っていれば幸せな自分に気がつきました。ただ もう少し亮の台詞 大きくならんかな。年なんで 聞き取りにくい。ブタネコさんは無神(神)論者でしたよね。でも たしか 北関東在住の神に 最近ペナルティもらってたような・・・。すんません。もう酔っ払ってます。

★ 虎馬 さん

>すってんてんのぉ あのじぃーさん に成り下がってしまいました。


懐かしいなぁ… 「吉田拓郎」の「落陽」ですね^^

ま、セカチューだけに 「ウルル」って事で^^;


>北関東在住の神に 最近ペナルティもらってたような・・・


よく誤解して その気になってコメントに語るアホが南東北方面のブログで見かけましたが^^
(虎馬さんの事じゃないですからね^^;)

単純にカケで負けた罰ゲームで 今月一杯の約束なんです。

ですから、あと数日で元通りなんです^^

個人的には、「セカチュー」は原作より(&映画より)TVドラマ版が好きでした。
「白夜行」もそうなるかは、今のところ「?」です。
私も第4話を心配していますが、第2,3話と予告編でミスリードされた印象があるので、予告はアテにしないで、期待することにしています(^_^;)
原作でも雪穂は篠塚一成のことを実際どう思っているのか?
については、いろいろな解釈ができますが、TVドラマの設定どおりだと、どう納めるのか、納めきれるのであればスゴイな?と期待することにしています(^_^;)

★ 白い夜行 さん

>私も第4話を心配

細かいとこなんですけど 看過出来ないんで御勘弁を…^^;

「私は」心配してません。

「過度の期待をしていない」

と申し上げております^^

それと

>原作でも雪穂は篠塚一成のことを実際どう思っているのか?
>については、いろいろな解釈ができますが、TVドラマの設定どおりだと、どう納めるのか、納めきれるのであればスゴイな?


原作は原作、ドラマはドラマと思っております^^

極論で言えば 仮に「仲良く 雪穂だけが幸せに暮らしましたとさ」っての大いにアリとも。

ただし、そこに至るドラマでの展開に納得が出来れば…の話ですが^^

うーん、原作と比較したつもりはないのですが・・・
>ただし、そこに至るドラマでの展開に納得が出来れば…の話ですが^^
↑これを「心配している」と表現したのですが・・・
私の言い方かマズかったですね(-_-;)

★ 白い夜行 さん

>うーん、原作と比較したつもりはないのですが・・・

であれば、

>原作でも雪穂は篠塚一成のことを実際どう思っているのか?
>については、いろいろな解釈ができますが、TVドラマの設定どおりだと、どう納めるのか、納めきれるのであればスゴイな?


といった、原作の話の展開を持ち出すと誤解を招きますよ^^


それと、白い夜行さん「は」 心配してるのでしょうけど、私「は」心配なんじゃ無く、むしろ楽しみにしているので

>私も第4話を心配

という風に「も」とされるのが嫌です…という意味です。

ええ、実に細かい部分です^^;

けどね、こういう部分を看過したばかりに ロクに記事をきちんと読んで貰えずに 後々、「ブタネコは原作派」と簡単に誤解されるのが嫌なのです。^^;

このブログはじめて僅か一年の間に ずいぶんと そんな事があったものですから^^

なので、どうか気にしないで下さい。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。