« ブタネコの「後遺症的妄想」その5 | TOPページへ | 八つ墓村(稲垣版) »

2006年01月26日

● ブタネコの「後遺症的妄想」その6


さて、調子にのって記し始めた記事だが…、だんだん、この記事を読む方々の不快指数がアップするんじゃないかと ドキドキしている。^^:





【筆者注】


以下の文章は、北国で暇を持て余してるアホなオッサンの脳内妄想であり、実在するTVドラマや そのファンを刺激する目的は全くありません。

ゆえに、読後 不快感に襲われたとしても それはアナタの気のせいです。

間違って、筆者宛に抗議のメールやコメントを寄越さないように御注意願います。


<< 以下、本文 >>-------------------




誰かと なにげに会話をしている時に、ふと、


「あれ? 今のシーン、どこかで見たぞ?」


そう思う事ありませんか?


それは学術的に「既視感(デジャブー)」と呼ばれているもので、誰にも 一度や二度は経験があると思います。


大抵の場合は、「たしか夢の中で…」みたいな事が多く ゆえに「予知夢」とも解釈され、「私って よく”予知夢”を見るの…」等と、「オマエは細木か? 細木数子か?」と ついツッコミたくなる方も希におられる。


今回、述べたいのは それと似た様なモノで、


「あれ? こんなシーン、なにかのドラマで見たっけ?」


という事が 現実での我が家の会話の直後に、とあるドラマの中の一場面と ダブった様に感じる事が 昨年あたりから 私にはちょくちょく起きるので書き留めてみた。





その問題のシーンとは TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」第6話…




世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「血液中の白血球値は7・8000が正常値ですが…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「お嬢さんの場合…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「それが3倍になってます。」


世界の中心で、愛をさけぶ

「それって…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「急性白血病です」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「間違い無いんですか?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「(黙って頷く)」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「2枚じゃ足りないか…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「俺が行ってくるよ」




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「お~、気がついたか」


世界の中心で、愛をさけぶ

「お父さん ずっと?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「おぅ」


世界の中心で、愛をさけぶ

「おはよう」

「おはよう」


世界の中心で、愛をさけぶ

「お母さんに電話してくる」


世界の中心で、愛をさけぶ

「お父さん」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「サクは悪く無いんだよ」


世界の中心で、愛をさけぶ

「そうなんだろうな」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

「クリーンユニットって 何ですか?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「身体の抵抗力がおちてるから 無菌状態の中で生活するんだよ

 ”再生不良性貧血”って言ってね…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「まぁ、早い話が 君の骨髄が血液を造るのを怠けてるんだな」


世界の中心で、愛をさけぶ

「それって、大変な事なんですか?」

「まぁ、当分は入院だな」


世界の中心で、愛をさけぶ

「どのくらいなんですか?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「まぁ、夏休み中は覚悟して貰った方が良いかな」


世界の中心で、愛をさけぶ

「嘘…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「当分は御見舞も禁止」


世界の中心で、愛をさけぶ

「え~?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「そんな顔しない」


世界の中心で、愛をさけぶ

「早く、良くなるように 前向きにね」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「気に入るかどうか判らんが…」

「ありがとう」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「来たら どうするつもりだ?」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「会わせられんだろ」


世界の中心で、愛をさけぶ




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

「部屋、広くなったろ よく頑張ったね」

「はい」


世界の中心で、愛をさけぶ

「今日から普通に生活出来るからね」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「お母さん、10円頂戴、サクに電話してくる」


世界の中心で、愛をさけぶ

「良かったなぁ、ビニール取れて」


世界の中心で、愛をさけぶ

「お父さん」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「あのぅ、お父さん サクの事を誤解してると思うんだ」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「ホントに凄く良い奴で お父さんなら、絶対、気に入る」


世界の中心で、愛をさけぶ

「そうなんだろうな」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

「どうして?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「どうして、サクだけ来れないの?」

「演出だから、前日は どうしても抜けられないんだって」


世界の中心で、愛をさけぶ

「そうなんだ…」


世界の中心で、愛をさけぶ






ドラマでは以上の様なシーンなのだが、これが我が家の現実に置き換えると… 



【筆者注】

以下文中に登場する医者は 私の悪友でもある

「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」であり、

一般的な医師を示している訳では無い事に御注意願います。






世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

医「血液検査の結果が出たんだけど…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「君達の娘の場合…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「ヘモグロビンが10.4なんだよ」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「それって…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「別に、意味は無い。」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「テメェ、フザケてんのか?

  なんだったら、オマエの赤血球 青く染めるぞ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「ごめん…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「ちょっと、医者っぽい事 してみたかっただけなんだ…」

私「(ボソッと)殺すぞ」

嫁「(もっと、ボソッと)一気に楽にしちゃダメよ、

             充分 苦しませてから殺してね こんな奴」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「2枚あれば足りるか…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「俺が買いに行ってくるよ。

  いや、むしろ、是非、俺に買いに行かせてくれ」




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

私「お~、気がついたか」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「ここ、何処??」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「二代目の病院」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「おはよう」

私「おはよう」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「ママに電話してくる」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「お父さん」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「ん?」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「寝てる間に変な事しなかったよね? 変な夢を見たような…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「そう? なんだろうな?…(滝汗)」

( パジャマのサイズを確認しただけだyo > 娘 ) orz


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「(おい 親父!! 何、慌ててるの?)」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「(絶対、何かしたんだ…)」




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

娘「アタシ、いったい どんな病気なんですか?」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「ごめんね… 『199*年版 家庭の医学大百科』で調べてるんだけど

  ”これ”って該当する病名が見つからなくてさ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「今、ちゃんとした医者が診察に来るから…」

嫁「(このヤブ医者め…)」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「それって、変じゃないですか?」

医「まぁ、念には念を入れてだな^^;」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「いつ頃 判るんですか?」


世界の中心で、愛をさけぶ

医者「まぁ、いろんな検査をしてみて それからだな」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「嘘…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「当分は面会謝絶で絶対安静ね」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「え~? そんな重い病気なんですか?」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「な~んちゃって」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「一応、俺 医師免許持ってるからさ

  医者っぽい真似してみただけ、(* ̄m ̄) テヘッ

  どうせ、あのバカ親父と保険での支払いなんだから

  自分の部屋だと思って まったりと のんびりしててね」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「じゃ、俺 これからゴルフだから… お大事に」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「今日は ボール6個で足りるかな…

  今日のコースは池ポチャとか 崖OB多いから…」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「ママ、あの人 ホントに医者?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「はぁ…(タメ息)」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「(無言、不機嫌)」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「あら、どうしたの? アナタは二代目とゴルフじゃないの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「それどころじゃないだろう… こんな大変な時に…」

嫁「そりゃそうだけど、別に アナタがいるかいないかで

  あの娘の病気に変わりは無いし、むしろ、いない方が…」

私「大変なんだよ、”これだ!!”ってパジャマが売ってなくてさ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「なんで? こんな沢山」

私「どれも似合いそうで目移りしちゃったから…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「けどよぉ、可愛いいフリルのついたのが 何処探しても無いんだよ

  まったく…、モノの本質を判って無いよなぁ…」

嫁「それは アナタの趣味でしょ?(怒)」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「後で、別の店 探しに行ってみる」

嫁「ちょっと、アタシの話を聞いてる?」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「と言うわけで パジャマ代頂戴」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「絶対、フリルのついた淡いピンクのが似合う筈なんだ」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「アナタ、何 考えてるの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「薄いブルーならあったんだけど スケスケ過ぎて…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「アナタが代わりに入院して欲しいわ いろんな意味で」




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

医「どう? 具合は? なんの病気か判った?」

娘「はい?」

医「あ、俺か 診断下すの俺だったね^^;  医者だもんね、俺

  いやぁ… 時々、それ忘れちゃってさ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

医「ちゃんとした診断は ちゃんとした医者にさせるからね 安心して」

嫁「(二代目に)(やっぱ、コイツ殺す…)」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「(二代目医者に)おう? 何やってんだ? そこで

  まさか、ウチの娘 ナンパしてんじゃ無ぇだろうな?」

医「あ、急に腹が痛く… 俺、病院に行くから失礼するね」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「お母さん、10円頂戴、119番に電話してくる

  なんか、頭が痛くなってきた」

嫁「大丈夫よ 119番は お金入れなくても公衆電話でかけれるから」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「どうした? 今度は頭が痛いのか?」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「お父さん 頭痛の原因は お父さんにも…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「あぁ、判ってる すまないな… なかなか見つからないんだ 

  ピンクのフリルのついたパジャマが…」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「あのぅ…、お父さん 誤解してると思うんだ」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「ん? ネグリジェはダメだぞ ネグリジェはスケスケ過ぎて

  オマエには まだ早い…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「アナタ その辺にしておかないと怒るわよ(既に激怒状態)」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「ホントに凄く鬱陶しくて お父さんがいると気が滅入る」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「そうなんだろうな」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「(ちゃんと 人の話聞いてんのか? クソ親父)」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「ま、アレだ ”三越”行けば あると思うんだピンクのフリル付き…

  もし、無ければ オーダーメードすりゃ良いし…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「(娘に)ゴメンネ… すぐ、始末するから あのバカ親父」

娘「御願いよ ママ」




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

娘「どうして?」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「どうして、手術しなきゃいけないの?」

嫁「ちゃんとした医者の診断で ”盲腸”だから

  どうしても切らないとならないんだって」


世界の中心で、愛をさけぶ

娘「そうなんだ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「娘よ可哀相に… 

  待ってろよ、明日こそはピンクのフリル付きパジャマ

  必ず、探して買ってくるからな…(闘志満々)」




 以上です。 … orz




なんか、今、私の頬を伝い落ちる涙は「セカチュー症候群」のせいだけでは無い様な…




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『後遺症的妄想』関連の記事

コメント

ブタネコさんのご家族とご友人のお話はとても面白いですが、 セカチュウの場面をつかわれると なんか 大事にしているものを汚されているような だからといって やめて欲しくない
まあ あきらめて応援しよう がんばれブタネコさん 夜明け前の闇が一番暗いんだぞ

★ レッツ さん

コメントありがとうございます。

>セカチュウの場面をつかわれると なんか 大事にしているものを汚されているような


ですよね…

その点がね 私も非常に気になっているところでして、当初より クレームが多いようだと とっとと止めようと思っているところでもあります。

 

ブタネコさんへ
今回は大笑いしました、よくもこんなコメント思いつきますね、すんばらしい!!
確か2代目のお医者さんもこのブログご存知ですよね、これだけコケにして大丈夫ですか?
娘さんをこんなにいとおしく思っていると彼氏ができた時どうなるんだろうと?余計な事ながら心配になってきます。
この調子だと娘さんも彼氏を選ぶ基準にブタネコさんの嗜好を考えざるを得ないですね。

もうちょっとブラックネタが欲しいなぁ。なんて我儘でしょうか。
次回も楽しみにしております。

御大のデジャヴーは仕事中に拝見するには非常にデンジャラスです。
声を殺して笑う私を不安そうに見つめる部下のOL・・・。

★ タンク さん

「二代目」に関しましては 実際は もっとトンデモ発言を繰り返してる奴なんで 構いません。^^


★ mac さん

ブラックですかぁ… 挑戦してみたいと思いつつ 厳しいなぁ…^^;


★ 松本ガム太郎 さん

私の知った事ではありません。^^

笑いすぎて腹が痛くなりました。仕事をやる気が失せました(^_^;)。

最初の頃は、「あるある(^_^;)」と思って読んでましたが、5,6と進むに従い、
セカチューの元映像を観るのに、「えっ、これが"現実の会話"にどう結びつくのか?」と思うところへ来ています。
なので、オチ(すみませんm(__)m)がいいですね(^_^;)
これからも楽しみにしています。

★ オカダ さん

業務妨害、スイマセンでした^^


★ 白い夜行 さん

妄想ってことで どうか…^^;

二代目開業医さんをここまでコケにするのはあまりにも気の毒な気が・・・
ブタネコさんのブログの更新が長い間途絶えて心配していたとき、久しぶりに更新されて
「あっ更新されてる!でもブタネコさんじゃない。
あれ?これはもしや二代目開業医さん?
ブタネコさんは無事なんだ。よかった。
へぇ~、開業医さんも文才があるんだ。
けっこうブタネコさんみたいに読ませてくれるなぁ・・・感心感心」
なんて思った日々を、思い出しました。
このままこのブログは開業医さんにのっとられるのか?とさえ思いました。(笑)
また彼の文章読みたいです。
わぁ~ブタネコさん怒らないでね。

★ てら さん

二代目の表現に関しましては これでも随分と、私なりに優しく軟らかく表現しているつもりです^^

ホントは もっと、ヒドイ奴です^^

「ウチの病院が医療事故を起こさないのは 俺が診断を下さないからだ」

院長のクセに 平気でそんな事を言う奴なんですよ^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。