« ブタネコの「後遺症的妄想」その4 | TOPページへ | ブタネコの「後遺症的妄想」その6 »

2006年01月25日

● ブタネコの「後遺症的妄想」その5


コソッと掲示した『ブタネコの「後遺症的妄想」その4』だったが、実は コソッと削除しようか…と思うぐらい 気に入らない。^^;




かと言って、一度、掲示してしまった以上 簡単に削除するのも 男らしくない。^^;


しかしね、記事をまとめるのにTV版「世界の中心で、愛をさけぶ 第4話」を見直していて


世界の中心で、愛をさけぶ

この現代サクと谷田部のシーンを見ると どうしても壊れてしまうのが私なんだと どうか御理解願いたい。^^;


そりゃあ、第3話までも 同じ様に壊れるシーンはあったけど、上の4話のシーンは涙無しに跨ぎ越せるところでは無く、我慢の限界を超えてしまうのだ。


おかげで、キーボードをタイプする手が止まり、遠くを見つめて呆然とし 深く、ため息をつきながら気を取り直して画面を見つめ、また、再び キーボードをタイプする手が止まり… の繰り返しだった。


なので、『ブタネコの「後遺症的妄想」その4』は どうか生温く放置の方向で御願いしたい。(懇願)


さて、今回の第5話は 今までの中でも特にノン・フィクションである。


気恥ずかしいけど、ま、勘弁して頂いて…^^;



【筆者注】


以下の文章は、北国で暇を持て余してるアホなオッサンの脳内妄想であり、実在するTVドラマや そのファンを刺激する目的は全くありません。

ゆえに、読後 不快感に襲われたとしても それはアナタの気のせいです。

間違って、筆者宛に抗議のメールやコメントを寄越さないように御注意願います。


<< 以下、本文 >>-------------------




誰かと なにげに会話をしている時に、ふと、


「あれ? 今のシーン、どこかで見たぞ?」


そう思う事ありませんか?


それは学術的に「既視感(デジャブー)」と呼ばれているもので、誰にも 一度や二度は経験があると思います。


大抵の場合は、「たしか夢の中で…」みたいな事が多く ゆえに「予知夢」とも解釈され、「私って よく”予知夢”を見るの…」等と、「オマエは細木か? 細木数子か?」と ついツッコミたくなる方も希におられる。


今回、述べたいのは それと似た様なモノで、


「あれ? こんなシーン、なにかのドラマで見たっけ?」


という事が 現実での我が家の会話の直後に、とあるドラマの中の一場面と ダブった様に感じる事が 昨年あたりから 私にはちょくちょく起きるので書き留めてみた。





その問題のシーンとは TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」第5話…




今回はTV版「世界の中心で、愛をさけぶ 第5話」と同じ様に 高校時代の話と ある程度、年数を経た後の会話との いわゆる、回想と現在の対比みたいに御覧頂ければありがたい。^^


尚、TV版の小林明希は「男の子」を連れているが、我が家は「女の子」で、そこは どうかツッコミ抜きで ほっといて頂くことを前提としたい。




 --<< 高校生時代 篇 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「美味しかった…」

「結婚したら、毎日 こんな風なのかな…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「え?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「え?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「サクちゃん アタシと結婚するの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「亜紀、そういうつもりじゃないの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「俺って 単なる通過点なの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「違うけど… その前に いろいろあるじゃない?

 やりたい事とか…、仕事とか」

世界の中心で、愛をさけぶ

「アタシはねぇ… 絵本、作りたいんだ。」


「描くの? 絵本」


「絵、下手なんだ」


「そう」


「でも、編集者とかならなれるかな…って

 いろんな国に行って、伝説とか民話とか詩とか探してきて」


世界の中心で、愛をさけぶ

「変かな?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「いや、亜紀らしいなぁ…って思って」


世界の中心で、愛をさけぶ

「そうかな…、サクちゃんは? 夢とか無いの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「あんまり考えた事無いけど…

 最近ね、親父が写真屋継いだの判る気がしてさ

 思い出残す手伝いが出来るって幸せな商売だよね。


 地味?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「ううん、凄く サクちゃんらしい…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「でもなぁ…

 そうなると1ヶ月に1回ぐらいしか会えなくなるのか…

 
 そっか、俺がカメラ持ってついていけばいいんだ

 でも、写真屋とカメラマンって ちょっと違うんだよな…」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「好きよ、サクちゃん」


世界の中心で、愛をさけぶ

「どうしたの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ




ドラマでは以上の様なシーンなのだが、これが我が家の現実に置き換えると… 




世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「高校野球の予選、負けちゃったね」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「だね…、

  これで俺は高校野球生活が終わっちゃったんだけど、

  これから 俺は どうすりゃいいのかなぁ?…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「バカじゃない?」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「へ?」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「とりあえず、どこでもいいから アナタは大学に行くの。

  そして、卒業したら なんでもいいから仕事をするの」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「 … 」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「子供が出来るまでは 別に アナタの給料で

  食べさせてくれなくてもいいわ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「だから、子供が産まれるまでに どんな仕事をするか

  どれだけ稼げるようになるか 自由に考えればいいじゃない?


  それぐらいの自由はあげるわよ。」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「犯罪者になろうが、他人には言い難い仕事だっていいわよ

  ちゃんと 私と子供を食べさせてくれれば文句は言わない。」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「(犯罪者…って オイ^^;)」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「そのかわり、子供が出来たら それ以降は アナタの

  給料だけで食べさせてもらうから それなりに稼いでね。」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「(ヒェーーーッ(滝汗;))」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「子供は 出来るだけ早いうちに産むわよ。

  だって、私は”若いママ”になりたいんだから。」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「でね、絶対に約束して欲しいの」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「何を?」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「私が死ぬ時に”あ~面白い人生だった”って言わせてね。」


世界の中心で、愛をさけぶ


( 俺が死ぬ時、”あ~面白い人生だった”って思えるのか? > 俺 )






 --<< 数年後 篇 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

「ホントに船で帰るの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「ウチの王子様がねぇ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「まだ、しばらくこっちに居るの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「骨、撒けたら…」

「そっか」


世界の中心で、愛をさけぶ

「あのさ」


世界の中心で、愛をさけぶ

「昨日の事なんだけど…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「どんな事話せば…」


世界の中心で、愛をさけぶ


「あ、いや…

 今まで誰にも 話した事無かったから」


世界の中心で、愛をさけぶ

「一番、幸せだった時の事とか」


世界の中心で、愛をさけぶ

「幸せ?」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「あの島… 夢島って言って」


世界の中心で、愛をさけぶ

「上手く喋れるかなぁ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「大丈夫だよ サク」


世界の中心で、愛をさけぶ

「サクって 初めて言われた」


世界の中心で、愛をさけぶ

「松本君じゃなくて… サクが話すんでしょ?」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「なんか、あまり幸せでも無いか…」


世界の中心で、愛をさけぶ

「テープ、

 彼女、タイムポストに入れたと思うよ」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「アタシだったら やっぱり、聞いて欲しいかな」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「じゃぁ、行くね」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「小林!」


世界の中心で、愛をさけぶ

「ホントにありがとう」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ




ドラマでは以上の様なシーンなのだが、これが我が家の現実に置き換えると… 




世界の中心で、愛をさけぶ

私「(私を単身赴任にして)ホントに札幌に帰るの?」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「ウチらのお爺様達がねぇ…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「アナタは、しばらくこっちに居なさいよ」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「うん、稼ぐから…」

嫁「そうね、当然ね^^」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「あのさ」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「小遣いの事なんだけど…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「どんな風に話せば…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「あ、いや…

  今まで まともに話しあった事無かったから…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「1万5千円だと 不満なの?…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「しばらく上げて貰って無い様な…」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「(あれ?)」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

私「( 島を見るフリしてシカトかよ? > 嫁 (ToT))」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「なんとかならないなぁ?…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「大丈夫だよ アナタ」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「(ギクッ?!)」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「昼御飯、食べなきゃいいだけの話しでしょ?」


世界の中心で、愛をさけぶ

「(ToT)」

世界の中心で、愛をさけぶ




 --<< 中 略 >>----------




世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

私「なんか、あまり幸せでも無い様な…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「男が お金の事をグズグズ言わないの」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「…」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「アタシだったら やってみせるわよ」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「(嘘つけ、最初から そんな気無いクセに…(ToT))」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「じゃぁ、行くね」


世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

私「待って!!」


世界の中心で、愛をさけぶ

嫁「 … (無言、でも、目に物凄い気迫の炎)」


世界の中心で、愛をさけぶ

私「俺、頑張るよ…(ToT)」

嫁「当たり前でしょ」


世界の中心で、愛をさけぶ




 以上です。 … orz




なんか、今、私の頬を伝い落ちる涙は「セカチュー症候群」のせいだけでは無い様な…


参考記事:『takuさんへの返信(普通編)



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『後遺症的妄想』関連の記事

コメント

こんばんは。
今回の高校時代のブタネコさんと奥様との会話、以前読ませていただいたのをよく覚えています。
高校時代から、奥様は一枚も二枚も上手というか、ブタネコさんより全然大人というか・・・
ブタネコさんはブログを読ませていただく限り、かなり押しの強い部分もあると思うのですが、奥さんの前では全然ダメですもんね。あっ、失礼しました(笑)
夫婦円満にやる秘訣はこれか!って感じで毎回楽しく読ませてもらってます。ずっとこのシリーズ続けてくださいね。

★ てら さん

すいません^^; 台詞の使い回しで…^^;;

>奥さんの前では全然ダメですもんね。

ダメです… orz

>夫婦円満にやる秘訣はこれか!って感じで毎回楽しく読ませてもらってます。

「嫁が幸せな秘訣」が これです。(ToT)

>ずっとこのシリーズ続けてくださいね。

続くといいですね… (遠い目)

ブタネコさんへ
毎回楽しく読ませて頂いています。このシリーズ成功ですよ。
でも良く考えてみるとブタネコさんの若いときは山田孝之で年取ってから三浦友和のイメージで読んでいるのですがこれってズルクないですか?両方とも天下の2枚目ですよ。

★ タンク さん

いつも、御愛読ありがとうございます^^

>これってズルクないですか?

だってイメージ画像なんだもん(ToT)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。