« ブタネコの「初夢」 | TOPページへ | 里見八犬伝 »

2006年01月03日

● ブタネコの「反省文」


事情を御存じ無い方のために 冒頭において御説明申し上げる。



昨年(2005年)の年末、私(ブタネコ)と


綾瀬はるかなる日々


上記ブログを主宰されておられるtaku氏と 電話で話していた時のことである。


間もなく放映開始される「白夜行」のエキストラに せっせと通い、カレンダー販売の握手会に行って 生はるかと握手した… 等と浮かれるアホtaku殿に呆れた私は


「貴様の様なアホが群がると「綾瀬はるか」の為にはならない、むしろ、足を引っ張るだけだから 自重して、そっと遠くから温かく見守ってやれ」


「taku殿ほどの御方が 下々の先頭に立って後押しなさらずとも、「綾瀬はるか」は輝いておりますから 御心配なされずに…」


そう、申し上げたところ taku殿の悋気に触れ、


「こら、ブタネコ。 

 はるかちゃんは 正月明けに「里見八犬伝」で

 ヒロインを務める程の娘なのだ。

 その娘を応援しようとせず、愚弄するとは何事ぞ」


そう、お叱りを頂戴した。


私は「綾瀬はるか」を愚弄などしていない、アホtaku殿の 舞い上がりを諫めようとしただけなのだが、既に舞い上がったアホtaku殿の耳には 遠く及ばず…(ToT)


当時、「白夜行」のTVスポットが流れ始め T○S系のワイドショーで「白夜行」や「里見八犬伝」の番宣も流れていたのだが、既に舞い上がったアホtaku殿が仰るには


「T○Sのボケ共、何故、八犬伝の番宣に はるか姫を登場させないんだ?」


と、御立腹。


それに対して私が


「『里見八犬伝』だって ヘタしたら出演時間が全体の5分も無いかもしれないよ」


と、申し上げたところ 既に舞い上がったアホtaku殿が烈火の如くお怒りになり、


アホtaku殿
「何、言ってんの? はるか姫はヒロインだよ?

 ヒ・ロ・イ・ン

 5分なわけ無いでしょ… 

 2日と3日 二日間の放送時間の合計が

 5時間だとすれば 2時間や2時間半は固いでしょ

 ヒロインなんだから…」


私「いや、貴方は姫と呼んでても 里見の姫は仲間由紀恵だし…」


アホtaku殿
「だからって 5分は無いでしょ、馬鹿にするにも程がある…」


私「じゃぁ、勝負する?」


アホtaku殿
「もし、二日合わせて30分以上出演時間があったら

 俺(taku殿)の勝ちね


 で? 10分以下なら ブタネコの勝ちね、


 10分以上30分未満の時は引き分けだよ」


(「2時間や2時間半は固いでしょ」と言ってた人が「30分以上」とするセコさ^^;手堅さは さすがに神ブロガーtaku氏である。^^; by 負け惜しみ(ToT))


で、その勝負の罰ゲームとは まず、負けた方は自分のブログに反省文を掲示し 1月いっぱい 負けた方は勝った方に対してブログ上で敬語を使い、殿を付けて名を呼ぶ事にする… それが双方の間で取り交わされた取り決めだったわけで、本日 二日目の放送を観て…


私の敗北を潔く認め 反省文をしたため掲示する次第です。




< 以下、本文 >--------------------





  反 省 文




南東北サウス・イースト・ノースにお住まいの taku殿 宛




今般、私(ブタネコ)は 叡智にして全能、偉大にして親愛なるtaku殿に対し 浅慮にも勝負を挑み、敗れ去った事に関し 深く、かつ、潔く反省する次第です。


   平成18年 1月凶日


                              札幌在住 ブタネコ 紀

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『メモ』関連の記事

コメント

御愁傷さまでございますΩ\ζ°)チーン

★ Wen さん

まったくで… (ToT)

>南東北にお住まいの taku殿 宛

南東北って書いてる時点で 反省がないよな!^^;

勝利宣言させてもらいました ( ̄w ̄)プッ
TB打ったんだけど 蹴られた・・・(ToT)ヒドイオ・・・

taku殿

お住まいの件、謹んで訂正させて頂きました。

TBの件 無事受信したようなので ほっときます。

o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

ご愁傷様で。。。Ψ(`∀´)Ψケケケ

o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

ブタネコ様へ

それでは、軽くツッコミさせて頂きます。。。

>生徒指導室の入り口の横の廊下の壁に掲示された反省文・・・
>「ファンなんです。 毎回楽しみにしています。」

・・・と、後輩達から言われていたのも頷けました。

>いろんな便利なモノを手軽に入手する事により、想像力や応用力に欠けた人間が増え
>ていると思えてなりません。

詰め込み切れない程のネタが入った反省文・・・想像力と応用力が豊かですね。

IQが1の私には・・・・
反省文の本文でさえ・・・読めない文字がいっぱいです。。。(爆死)
通訳として矢田部先生が必要・・・かも((^^;)
それより、まずは辞書ですね。。。

そういえば、「喫茶店」の連絡を・・・忘れないうちに・・・
しておきますね。

珈琲一筋41年・・・
朝は11時から夜11頃まで開いている・・・しかも、年中無休で
何かの用で、店を休んだ日も両手で数える程しかないんだよ・・・
・・・とマスターは語った。。。

店に入ると・・・
カウンターに5席・・・テーブルに4席・・・ほどの小さな店。。。

席に座ると・・・その空間は・・・まるで異次元?いや。。。
古き良き、昭和の時代に・・・
タイムスリップしたような感覚を覚えます。

分かりやすい言葉で例えるなら、「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界・・・
・・・と言ったところでしょうか。
ブタネコ様なら、このノスタルジーな空間だけで壊れてしまうかもしれませんね。

メニューはコーヒーの1種類・・・豆の種類も無い。
だから、メニューを見て飲みたいコーヒーを伝えるのではなく・・・
マスターに人数を伝えるだけだ。。。

コーヒーが出来上がるまでの間・・・
マスターは、コーヒーのうんちく話を語り始めるが・・・
これが・・・止まらない。。。

普通の喫茶店なら、「少し、黙っててよ・・・」と思うだろう。。。
でも、今から「本物のコーヒー」を頂けるのだと思うだけで、
マスターとの会話は、「映画の完成披露舞台挨拶」的な存在に思えてしまう。

会話が盛り上がった所で、コーヒーが出来上がる。
差し出されたコーヒーを見ると、今までの珈琲は何だったのか?と自問自答するかもしれない。。。

何故なら・・・
そのコーヒーは、一見すると分量を間違えたのではと思うくらいに非常に薄い・・・。

でも、これが、本物のコーヒーなのだと・・・実感しながら頂く。。。

味については・・・あえて、詳細な情報を掲載致しません。

何故なら、「本物のコーヒー」・・・に対して・・・
味に対する予備知識は、不要と思いますし・・・。

マスターは人生の半分以上、狭いこの店で美味いコーヒーを注ぎ続けてきており、北は北海道、南は沖縄、いや世界各国から、このお店を訪ねられるとお聞きしています。

そんなコーヒーに対して、私が評論なんて出来ませんし・・・
「おすぎ」の映画評論だけには・・・なりたくありませんので・・・(笑

ブタネコ様の「夢・・・」を、実際に足を運んで、感じて欲しいし・・・

ノスタルジーな空間と本物のコーヒー・・・
壊れてゆく、お姿を拝見したいかな?と思っております。。。((^^;)大滝汗

コーヒー好きなら一度は飲んで欲しい。
そう思わせてくれるに相応しい、「伝説の喫茶店」です。

最後に・・・

お店のHPではありませんが、ファンクラブの方が作成されているHPを紹介しておきます。

http://www.coffee-arrow.com/

追伸
コーヒーだけに・・・
良薬、口に苦し・・・
といった所でしょうか・・・(^^)


★ ピエロ さん


o( ̄ ^  ̄ o) フン!


★ ごんた さん


喫茶店の件、ありがたく楽しみにさせて頂きます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。