« 白夜行 第2話 | TOPページへ | ライブドア 考 »

2006年01月20日

● ツイン・ピ-クス


TVシリ-ズ「ツイン・ピ-クス」について あらためて語ってみる。




画像


最近、流行の「24」や ひと昔前だと「Xファイル」同様、アメリカではTVシリ-ズとして制作されてヒットした作品だが、日本ではレンタルビデオとして 元々は口伝えで、後には いろんなメディアに取り上げられて話題になった作品の先駆けだったひとつ。


最初は 1989年に映画として製作されて 公開もされたが、監督のデビット・リンチが持ち前の異常性を発揮した為に、


画像

後半の10数分に不可思議なシーンが続き、


「結局、犯人は誰なの?」


という部分に 多くの観客が疑問を持ったままとなる。


通常だと、こういう場合


「つまらねぇ クソ映画」


となるところなのだが、何故か この「ツイン・ピ-クス」の場合は批判よりも「誰が犯人なんだろう?」という部分が気になって…


きっと、そういう私みたいな人が多かったのだろうと思うのは 1990年に、あらためてこの映画は TVシリーズとなり、再制作されたのだが…


TVシリーズの第1話の冒頭で


画像


おことわり


これから始まる物語は、@@@より発売中の「ツイン・ピークス」の被害者ローラの母セーラが絶叫する場面(タイトル後1時間33分)から続くものです。


@@@版のその後のストーリーは、デビット・リンチ監督が付け加えたものであり、本シリーズとは別の展開になっています。



というテロップが流れることじたい 異常と言えるのだが、何故か不思議と気にならない^^;


だから当時、この「ツインピークス」を見る時は まず、映画版を見て それからTVシリーズを見ろ…というのが掟みたいになっていたが、多くの人が それを気にもしなかった。


タイトルの「ツインピ-クス」とは ドラマ内に登場する2つの頂を持った山なのだが、実はスラングで「オッパイ」という意味でもある。


制作監督のデビット・リンチは「鬼才」と呼ばれたが 実際に文字通り「鬼才」で このツインピ-クスも 


画像


当初は河原でビニ-ルに包まれた状態で発見されたロ-ラ・パ-マ-と言う女子高生が いったい誰に殺されたのか?というミステリ-だったのだが、物語が展開していくウチに複雑怪奇な話がいくつも出てきて それは視聴者をミス・リ-ドさせるための伏線と言うよりも 制作者じたいが「気が狂った」んじゃないか?と思う程である。


また、登場人物達も複雑怪奇で


画像

常に丸太を 赤子の様に扱って抱き抱える婆ぁとか、


画像

片目のちょっとイカレタ怪力女とか、


画像

患者より壊れてる精神科医とか…


また、それとは別に 登場する女性は


画像

「Sheryl Lee」


画像

「Sherilyn Fenn」


画像

「Madchen Amick」


画像

「Joan Chen」


デビッド・リンチの好みなのか美人が多い。^^


中でも 特筆すべきなのは ドナ役の

画像

「Lara Flynn Boyle」


この女性は当時、この作品の主役だった

画像

「Kyle MacLachlan」


と結婚していたが、その後、破局…


その辺が原因か否かと騒がれたが、実際に撮影途中に激ヤセしてしまって


画像

第1話では健康的な美女なのに…


画像

登場するたびに痩せていき…


最後の方では痩せこけて ひどくやつれて人相が完全に変わったのは ある意味、笑える興味深い。




この作品は 当時はレンタル屋でなかなか借りれない(返却されても すぐ誰かが借りて行く)状況がしばらく続くほどヒットした作品なのだが、「もの凄く面白い」という感想と「訳がわからなくて駄目だ」という 両極端な感想に分かれたものである。


私は個人的に「面白かった」と思っている部類で 当時は、この作品のネタで会話が盛り上がり、いろんな小ネタが流行ったモノである。


中でも 

画像


このシーンの様に 主人公クーパFBI捜査官(カイル・マクラクラン)は スーツの胸ポケットにミニカセットを携帯し、何かの折には取り出して


「ダイアン ○時×分 今僕は~にいる。 大至急、僕の退職金の金額を調べてくれ、土地を買おうと思っている 手頃な値段だ…」


等と吹き込む。


ダイアンとは架空の秘書(ファンの間では この録音機につけた愛称と言われている)で それに向かってメモがわりに言葉を吹き込む。


この当時は システム手帳を持ち歩くのが流行始めた頃なのだが、その手帳の変わりに 同じ様に録音機を持ち歩き、電車の中や ティーラウンジの片隅で「中森君…」とか「聖子君…」とブツブツ語って吹き込む奴が結構いたものだ^^(これ、ホント)




さて、ネタバレになるかもしれないが…


最初の「映画版」 そして、このTVシリーズ、それぞれ一応完結し「犯人は誰か?」という部分には 一応、答えが呈示される。


しかし、最初の「映画版」では 納得いかない人、納得出来ない人が圧倒的多数で その為に期待された TVシリーズだったのだが、終盤は やはり、デビット・リンチ独特の不可思議な世界で煙に巻かれてしまう。^^;


その為なのかは知らないが、映画「ツイン・ピークス~ ローラ・パーマー最後の7日間」として 1992年に新たに「完結編」なる映画が制作されるのだが…


この映画は実に不親切で^^; TV版のシリ-ズを ある程度観た人じゃないと 登場人物や設定が判らず、映画だけで理解する事は不可能である。


そして、デビット・ボウイまでが出演した完結編だったにも関わらず、それを見ても


「納得いかない」「納得出来ない」


そういう人が多かった。^^;


しかしながら、それらを全部、見通した物好きな人達は 不思議と、それでもこの映画の事を


「面白かったよ」


と、今でも言うから 尚のこと、非常に不思議な作品である。^^


ちなみに、映画「ツイン・ピークス~ ローラ・パーマー最後の7日間」においては さすがに「Lara Flynn Boyle」は出演せず、ドナ役は「Moira Kelly」という女優が代役で出演したのだが 全体の話が訳の判らない事になっているため、そんなの どうでもいいやと放っておかれたことは言うまでも無い。^^;





【管理人追記(2月2日)】

ぴらふさんより 頂戴したコメントへのレスの為に以下の画像を一枚追加します。

画像




「ツイン・ピ-クス」OP動画(約4分)


画像画像画像


【管理人注記】

この動画は 視聴期間終了となりました。

御意見・御要望・御感想は 御気軽にコメントに寄せて下さい。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『洋画』関連の記事

コメント

 お世話になっております、RussianSambist[HAK]です。

「ツイン・ピークス」、私も全部見ましたよ。
主演の男性(カイル・マクラクランでしたっけ?)が
けっこう好きで、最後まで見てしまいました。

最初の展開からすると、後半のオカルトチックな展開は
なんじゃこれは?っていう感じですね。

でも、アメリカの田舎ってあんな感じなんでしょうね。
朝は毎日ドーナツとコーヒーから始まって。

すごく広くて、家もまばらで、どこか自然の驚異を感じます。
森の怖い映画で、「ブレアウィッチプロジェクト」なんかも
ありましたけど。ああいう感じもちょっとしますよね。

監督のデビッド・リンチ氏は確かに鬼才というか変態というか
エロティックでダークな作品が多いですよね。でも、
この監督嫌いじゃないですよ。

「X-FILES」なんかは毎回別の話が多いけど、
こっちは話が連続してますし、ついつい見てしまいますね。

また、怖くて良い映画があったら教えてください。

コメントありがとうございます。

私は赤いカ-テンの前で 不気味な小人が踊る辺りから
訳がわからなくなりました^^

ツインピ-クスって 沢山、女優が登場しますが、どの子も
可愛かったり、綺麗だったり魅力的で…

面白い物で 見てた連中5人で「どの娘が可愛いい?」という
話題になった時、5人とも バラバラの女の子を選び それで
好みとか性格が判って面白かった記憶があります。

ちなみに私は 旦那がトレ-ラ-の運転手兼猟銃持って うろ
つきまわる危ない奴で、ウェィトレスで高校生の男の子と 
いい仲になっちゃう娘(名前が思い出せない^^;)が
好みでした。^^;

 クラヒー!! ブタネコさん、ご無沙汰です。私もこのTVシリーズは忘れられない作品になっています。「よし、犯人をズバリ推理してやろう」と毎回、人物相関図やメモ紙を用意してTVの前に座りましたが・・・(苦笑)。物語の筋を真面目に追う、というより、作品世界の雰囲気を楽しむというのが正しい鑑賞法だったんでしょうね~。ちなみに、私はローラの親父さんが一時的に頭がおかしくなった時、部屋にこもって南北戦争の戦闘を再現していたシーンが個人的に秀逸だと思ってます。あの戦いはゲティスバーグの戦いだったのか、ピッツバーグの戦いだったのか、今となっては記憶が定かではありませんが(笑)。

FORREST

★ FORREST さん

こちらこそ御無沙汰しております。

>「よし、犯人をズバリ推理してやろう」

ええ、まさに私もそうでした^^

で、今でも思うのは 登場人物の中で「まとも」な人って誰かいたのか?です^^;

リーランドでしたっけ ローラ・パパ

私はゲティスバーグだとばかり思ってました。^^

ツインピークスを見てしばらくの間は「ボブ」という米人の名前を耳にすると「絶対、近寄らないでおこう」と思っていたものでした。^^;

ずーと、気になっていたことなのですが・・・
 このブログを見つけたので、思い切って聞いてしまいます。

 最初の劇場版(TV化以前)なんですが、劇場で実際にごらんになりましたでしょうか?
 変な質問ですよね~分かってはいるのですが聞いてください。

 僕は実際に新宿の映画館(小さい劇場でした)へ公開当時に見に行ったのです(年がばれるなぁ)。
そのときは全然話題にもなっておらず、「砂の惑星」に続きカルト映画となって消えてくんだろうなぁと思っていました。
 その後はブームになってエライ騒ぎになってますね。
で、ここからなのですが「ローラパーマーの・・・」じゃなく最初の劇場公開版をレンタルで借りてきて十数年ぶりに見たのです!
が、しかし????アレー?エンディングが違うではないですか。見た当時のエンディングでは皆さんもご存知の終わり方。
犯人が判って、射殺されたところで事件解決で終わってたのに(自分で見た劇場版ではの話ですが)。
幾つか、ビデオなどを見てみたんですが、自分が見た劇場版のエンディングのビデオはありませんでした。
 道理で、まわりにいるツインピークスを見てる人たちと、話が合わないはずですねぇ。
みんなは犯人が判らないでずーと物語が進んでいるのですから・・・(T_T)
 ブタネコさんがご存知の最初の劇場版のエンディングはどうだったのでしょうか?
 変な書き込みで申し訳ありません。

★ ぴらふ さん

コメントありがとうございます。^^

>最初の劇場版(TV化以前)なんですが、劇場で実際にごらんになりましたでしょうか?

劇場で見た記憶はあるんですが いつどこでが思い出せません^^;

デビット・リンチの前作「ブルーベルベット」が不思議な映画だったんで その続きか?ぐらいの気持ちで出かけたんだと…

で、あらためて ブームになる少し前に ビデオを借りて見た…というのが 記憶に残っております。^^;

その記憶では 最も最初の劇場版は今回追記した画像の「ボブ」と片腕の男が現れて ボブが射殺されエンドだったと思います。

しかし、ボブが何者なのか? そこがすっかり欠落しており、赤い部屋が出てきて「なんじゃこりゃ?」って話でした^^;

管理人さん
こんにちは、私も92年リアルにツインピークスをテレビで見た内の一人で、ブログの写真を懐かしく拝見させていただきました。当時高校生だった私は、続きを見たくて毎週夜中釘付けで見ていました。同じように見ていた友達もいたので、翌日は昨晩放送した話の疑問点や面白いシーンなんかわ話しで盛り上がっていました。ツインピークスは架空の町とされていましたが、当時旅行会社でツアーが組まれていたり映画雑誌で町の紹介をしていたりと町に関する記事が多くされていて、大人になったら行こうときめていたものの・・・・ブームも去り知っている人も少なくなり気がつくと、地元のレンタル店も置いておらず「24」や「セックス&ザシティ」「ER」など時代が変わっていました。だけど本当に懐かしい☆☆☆映画やドラマがまたあったら、私はまた観たい!!!

★ yu さん

はじめまして、コメントありがとうございます。^^

ガイドブック 私も買いましたよ。^^

チェリーパイのレシピが載っていたり…

今、手許に そのガイドブックが見当たらないので記憶頼りなんですが…

大きな滝の側に立っている カイル・マクラクランが演じた捜査官が滞在したホテルへ
泊まりに行くツアーだったような…

懐かしいなぁ…^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。