« H2~君といた日々 第3話 | TOPページへ | 窓を開けたら »

2006年01月08日

● 古畑任三郎ファイナル


「古畑任三郎ファイナル」を観た。



画像


私は 古畑任三郎のシリーズは大好きで、今までSP版も含めて全て観ている。


残念ではあるけれど、今回「ファイナル」という事で最期の3作が3日間に渡って放送され、それを観た。


制作開始以来、今までに何本作られたのか きちんと数えた事が無いが、最初の時のシリーズに比べ 回を重ねる毎に なんとなくだが、クォリティが下がってきている感がしていたので 今回はある意味調度良い潮時なのかもしれない…と 個人的にだが思ったのも事実である。


今まで観たシリーズの中で 特に記憶に残っているのは「中森明菜」の回と「鈴木保奈美」の回である。


どちらも余韻が残る 良い作品だったと思う。


画像


御存じの方も多いと思うが、私は学生の頃から推理小説を読むのが好きで、TVモノも暇があれば いろんな作品を見てきた。


古畑シリーズの原形とも言うべき「刑事コロンボ」は 放映されたモノを全部観たか?と問われれば「はい」と言える自信は無いが、それでも大半は目にしたつもりでいる。


この手の作品は「推理物」のジャンルではあるけれど 極めて特殊なのは冒頭で犯人が誰か 視聴者は既に知ってしまい、刑事が どうやってそれを見破るか? そこにポイントが置かれる。


ゆえに、ラストで「~だから 貴方が犯人ですね?」と追い込む時の刑事の説明に説得力が無いとドラマは成立せず、その説明に「あぁ~、成る程」という感が強ければ強いほど説得力も高まり 作品のクォリティも高い物と評価される。


単純に1時間物のドラマという視点で見れば「古畑」のシリーズは どれも秀逸ではある。


しかし、生意気で申し訳無いが「推理物」という視点で言わせて貰えば 時々、強引としか思えない論理や展開で解決した事にされた作品も実は多々あると感じている。


ただ、それを いちいち揚げ足を取るように並べて批判をしようとは思わない。


ドラマとして 充分に楽しませて貰った…という満足感があるからだ。^^




さて、第1夜「今、甦る死」


画像

画像


横溝正史の雰囲気を漂わせる物があり、ファイナル3作の中で 最も、推理物として楽しめた作品だと感じた。


画像


古くから伝わる「手毬唄」まで盛り込んだのは「石坂浩二=金田一耕助」のイメージに対するサービスなんだろうとは思ったが、まぁ、あまり本筋への意味が絡めず残念ではあったけど 横溝フリークの私としては 石坂浩二に対しては それぐらい気を配ってくれないと…という思いから許せる範疇^^;


画像


藤原竜也も 少々ガキっぽいキャラを見事に演じており、芝居巧者である事をここでも伺わせたが、


画像


やはり石坂浩二は 何枚も上をいく俳優だけあって、さりげない一瞬の表情、特に目の光らせ方には唸る部分が多い。




第2夜「フェアな殺人者」


画像


メインゲストにイチローというのは いささかビックリした。^^


画像


イチローも そろそろ引退後の第2の人生を考え始めたのか?


つい、そんな穿った事を思ってしまったが、


画像

なかなか芝居が堂に入っていて居て これまたビックリした。^^


この第2夜に関しては ストーリーやトリックなど、私としては正直言ってどうでも良く、単に楽しめる作品に仕上がっていたのが嬉しかった。


古畑シリーズの最期を飾る作品に登場するゲストという意味では充分すぎるし、観た私にとっても思い出に残る作品となる様にも思える。




で、最期の最期の第3夜「ラスト・ダンス」だが…


画像


申し訳無いが、この作品は酷評させて頂く^^;


画像


松嶋菜々子の二役…という設定は 実に興味深く設定は悪くないと思う。


画像

社交的な妹と


画像

地味で陰気がちな姉…


まぁ、そういう設定もベタっぽいが許そう^^


問題なのは トリックが安易すぎる。


他にも問題点を挙げれば いくつかあるが、私としては一点だけに絞って指摘したいのは…


姉妹で一人の脚本家…という設定なのだから 脚本家らしく、もっと綿密なプロットでやってくれないと「売れっ子脚本家」という設定にそぐわない。


画像


しかも、古畑がラストで追い込む仕掛けが これまた弱い^^


もっと、「くわぁ~っ そっかぁ~」と唸らせて欲しかった。

(最期だけにね^^;)


ネタバレにはしたくないので詳細は述べないが…


画像


私は このシーンで この回の根本が読めてしまい、興醒めとまでは言わないが、ラストまでは 単なる付け足し…の様にしか感じる事が出来なかった。


ただ、あえて挙げるなら…


画像

「ブルガリ三四郎」は笑った。(ちとツボだった^^)




思うに、このファイナルの放送順を せめて第1夜と第3夜を入れ替えてくれてれば まだ後味が良かったのに… と思う次第である。


そして、最期に、どうしてもひとつだけ…


「桃井かおり」の回と もう1人、誰の回だったか思い出せないのだが…


「頭に洗面器を被った男が…」


というくだりで始まるジョークが出てくるのだが、そのオチが どちらの回も古畑が聞こうとするのだが、教えて貰えていない事を 御記憶の方も多いと思う。


ファイナルなんだったら、せめて そのオチを教えて欲しかった。(ToT)




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『三谷幸喜』関連の記事

コメント

私は『古畑任三郎』のシリーズはこれまで観たり観なかったりでしたが、今回の「ファイナル」の三つのエピソードに関してはブタネコさんとまったく同じ感想を持ちました。
ランク付けすると、やはり放送された順番ということになります。
第3位─第3夜 第2位─第2夜 第1位─第1夜

各エピソードごと、ブタネコさんの感想をうんうんとうなずきながら拝読致しました。
(画像ありがとうございました^^)

●第1夜「今、甦る死」
私もこの作品がミステリとして最も楽しめました。作りも一番良かったように思います。

>横溝フリークの私としては 石坂浩二に対しては それぐらい気を配ってくれないと…という思いから許せる範疇^^;
 
わかるなあと思いましたよ。「横溝ティスト」の「手毬唄タッチ」とくるのですから、横溝ファンとしてはそこに出てくる石坂浩二の描かれ方にも非常に興味引かれるものがありました。
バスの中の雰囲気なんか良かったように思います。

>やはり石坂浩二は 何枚も上をいく俳優だけあって、さりげない一瞬の表情、特に目の光らせ方には唸る部分が多い。

そうですね。目線のそらせ方に、ふっと金田一を思い浮かべたりした時もありました。

●第2夜「フェアな殺人者」
個人的に一番楽しめた、と言うよりは一番嬉しかった作品です。

イチローの演技には私も本当に驚きました。
大の「古畑」ファンということもあって、作品作りに対する意気込みがひしひしと伝わってくるような熱演でした。

スターが本人を演じるという作りに芸能人ではなく、演技に素人のプロ野球選手を起用した点も興味深かったです。

しかも野球選手としての見せ場がちゃんとストーリーやトリックに絡んでいるところが嬉しかった。

「走・攻・守」のすべてを見せてくれたイチロー(とそのプロット)に大満足でした。

●第3夜「ラスト・ダンス」
松嶋菜々子が二役を上手く演じ分けていたのでその点については良かったと思いました。
で、良かったと思えたのはそれだけでした。

なので私としましては、ダブル松嶋と古畑の三人を同じ場面で観たかった。
あるいは「地味め松嶋」と古畑が顔を合わせるところが観たかったです。

どうもタイトル負けしたようなカンジで、「ファイナル」にしてはいささか物足りなかったなと思いました。

>思うに、このファイナルの放送順を せめて第1夜と第3夜を入れ替えてくれてれば まだ後味が良かったのに… と思う次第である。

同感です。観終わってみると(三夜連続だっただけに なおさら)、放送順序を間違えたかのような印象を受けました。

最後だからって別に女性を持ってこなくてもと思いました。ゲストよりもやはりプロットの良さで締めくくってほしかったです。

★ HAZUKI さん

HAZUKIさんのブログの記事を拝読して、なんか 只々、笑ってました^^
(奇遇だなぁ…と)

なんか、古畑vs金田一の様に脳内補間されてしまいそうで、時々困りながら放送をみていたのです 私は。

なんて言うのかなぁ…

石坂が古畑に意見を言ってるシーンが まるで、金田一が大団円で語ってるような…

だから、最後のオチを石坂が言った時には「獄門島」で和尚が「キチガイじゃが…」と呟くシーンを思い出し、いつの間にか 古畑なんかどうでも良くなっちゃって「三谷幸喜よ 御馳走様…」そんな満足感に浸ってました^^;


第3夜のストーリーは 基本は決して悪く無かったと思います。

それだけに、私には手抜き…というか やっつけ仕事のように思えて 残念で仕方が無いです。^^;

双子を使った根本のトリックは 古の探偵小説の王道であり、双子ではありませんが「病院坂…」や「犬神家…」への挑戦とも受け止め得た作品になったんじゃないか?と。

ほんと、残念です^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。