« 古畑任三郎ファイナル | TOPページへ | H2~君といた日々 第4話 »

2006年01月08日

● 窓を開けたら


「窓を開けたら」というタイトルのドラマを観た。




画像


画像

画像

石原さとみが主演で 


画像

小林稔侍


画像

筒井道隆が出演


内容は いかにもNHKの制作によるコンク-ル作品という…典型的なドラマ。


画像

ちょっとした自分のワガママが原因で恋人が事故死してしまい、


画像

自分を見失い、登校拒否に至った少女が


画像

新潟の山間の町で独り暮らししながら…


画像

蕎麦屋を営む叔父のところに居候し


画像

そこで知り合った中学校教師の青年との関わりの中で


画像

マザーツリーと呼ばれる巨木と出会う事で


画像

自分を取り戻していく… という話。


スト-リ-に大きな起伏があるわけでも無く、台詞や設定に斬新さがあるわけでも無い。


画像

冬=雪=冷たく暗い という背景も 


画像


春=咲き誇る桜=明るく温かい陽射し…という構図も


いかにも…って感じで新鮮さが無い。


画像

唯一の評価点は 石原さとみの初主演ドラマ…という点。


画像

ドラマの中の台詞にもあるが 怒った顔が実に可愛い。




このドラマは ハイビジョン撮影である。


NHKは何かと言えば 


画像

画像

ハイビジョンで綺麗に見える画を取りたがり、画像優先で物語の背景や構成をおざなりにする傾向がある。


ゆえに、


画像

実際的には不自然な霞や 


画像

作為的な意識が入らないと映せない夜の明かり…等を入れたがる。


映像的には そんなものよりも


画像

画像

このドラマのハイビジョンが最も栄えたのは 雪の中を歩く 石原さとみの情景だったりするのだが…^^;。


画像

ゆえに、石原さとみのPVだと思えば


画像

この作品は ドラマの様に味のある構成となっている…という作品に映る。


43分という映像に3800円(税抜き) ドラマだと思うと 高くつくDVDだが、石原さとみの出来の良いPVだと思えば 安いもんだ…と思えるから不思議だ。 


と、ここまでの記事は 昨年(2005年)の5月12日に掲示した記事に画像を挿入して再編集したものなのだが、何故、それを今回行ったかと言えば…


私の中で 密かに「石原さとみフェア」が始まっている…と言う事と、この作品の撮影地が 最近、豪雪でなにかと話題になっている津南町である…と言う事を思い出したからだ。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『石原さとみ』関連の記事

コメント

CIRCUSっていう雑誌の相武紗季は見ました?
凄い良いですよ。(いい大人の会話じゃないな・・・)

★ うごるあ さん

ほ? このところ ずっとコンビニに行けないもので…^^;

早速、誰かに買ってきて貰う事にします^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。