« H2~君といた日々 第10話 | TOPページへ | 薄れゆく記憶の中で »

2006年01月13日

● H2~君といた日々 最終回


H2の最終回の再放送を見た。



画像


今回も、昨年(2005年)の3月25日に掲示した「H2~君といた日々 最終回」という 自分の記事を 再放送を見ながら読み直して、あらためて少々書き足す事にしたい。




< 2005年3月25日に掲示した記事 >--------------





とうとう「H2」も最終回 月日が経つのは早いものだ…。


ここ最近のTVドラマって オリジナルのスト-リ-ではなく、好評だった本やマンガを原作にしたものが多い。


確かに 面白い本やマンガを読むと、映像化して欲しいと思う事は よくある事。


しかし、原作のあるTVドラマは 映像化の際に原作に無いオリジナルなエピソ-ドを盛り込んだり、原作では重要と言っても良い大事なエピソ-ドを映像化の際に安易にカットしてしまったりする。


大抵の場合、追加されたエピソ-ドは その思惑が空回り、原作のエピソ-ドがカットされると「大事なシ-ンなのに何故カット?」と疑問や不満の対象とされ ドラマの評価が下がるばかりである。


しかし、それが逆に好評に繋がる事も ごく希にある。


どんなに好評な原作でも そのスト-リ-の中に 読者が「?」と疑問を感じる部分や、「もうちょっと書き込んで欲しかった…」なんて感じる部分がある。


そんな部分が映像化の際に 新エピソ-ドとして盛り込まれていたならば、まさに痒いところに手が届いたみたいで気持ち良く、結果、好評に繋がる。


重要な事は 制作者が原作を どれだけ愛し、読み込み、研究したかにつきるわけで 安易に「好評な原作に 数字が稼げそうな役者を配したら…」と 原作の風味なんかを全く考慮しない姿勢だと その殆どが不評にしかならない。


さて、この「H2」だが… 原作となったコミックは全部読んではいたのだが、もう10年以上前の事で スト-リ-が「ナイン」や「タッチ」と混同しちゃってる部分もあり どうしたものかと思ったが、今回は読み直すのを最終回の放送終了まで我慢する事にしていた。


なので、原作の中で映像化されなかったいくつかのエピソ-ドという部分で不満に思ったシ-ンは ひとつしか無い。


それは、ラスト近くの 明和一高との準決勝の前の試合、準々決勝戦での木根のピッチングである。


これは とても良いエピソ-ドだったのでカットされたのは残念であり、このシ-ンが無いと 木根はただのオチャラケ・キャラで終わってしまう。


個人的な極論的意見だが、広田のエピソ-ドをカットしてでも 木根と小山内のエピソ-ドを膨らませて欲しかった… なんて思う気がしたりする。


しかし、これにより 私の「H2」に対する評価が下がったのか?と問われれば 下がったわけでは無い。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

原作には無く、むしろ不満にすら思っていたラストの部分が補完されていたのが とても嬉しい。


「ひかりの留学」というのは ちょっと余計な感じもしたが、春華が幸せになってくれたから どうでもいい。


どうも、このところ私は「世界の中心で、愛をさけぶ」を観て以来、TVドラマを観ていて 特に、若い女の子が頑張るドラマを観ていると その女の子の父親にでもなったような視点で ドラマを観てしまう傾向が強い。


結局、この「H2」も 最初から最後まで ずっと春華の父親みたいな気分で見続け、娘(春華)の幸せばかりをハラハラしながら観ていたわけだ。


そんな父親心を 存分に楽しませて貰った…という意味で「石原さとみ」という女優さんには 大変、感謝したい。


この3ヶ月間の「春華」は とても魅力的な娘だったからだ。


画像

春華「それは本当 関係無い」


画像

春華「だって、もし国見君が ひかりさんじゃなくても…

   他の誰かを好きだったとしても、変わらないから…」


画像

春華「私が国見君を大好きだって言う気持ち」


画像

比呂「同じ」


画像

春華「うん?」
比呂「俺も」
春華「俺も?」


画像

比呂「古賀の事、好きだよ」


画像

画像

画像

画像


「古賀の事、好きだよ」と言われ キョトンとした表情から ジワジワと嬉しそうに 目も潤んでいく様な… 


画像

こんな春華の表情を見せられたら…


パパは お手上げです。(ToT)


画像

画像

画像

画像




そして…


画像

卒業式の終わり、校門で叫ぶように呼びかける


画像

「ヒロ!」


これまでの敬語口調の関係から 一歩も二歩も前進した親密感に ホッとしつつ、微笑ましくもある。


だから、これがトドメでした^^;


なんか、ホント 爽やか…って感じで 良いドラマだったなぁ…と感じる。


画像

「石原さとみ」


画像

「山田孝之」


画像

「田中幸太朗」


画像

「中尾明慶」



画像

それぞれの次回作が楽しみです。^^





【TBを送らせて頂いた先】


・『綾瀬はるかなる日々』さん 「山田孝之・H2 最終話」


・『「仔犬のワルツ」化計画』さん 「11話の「H2~君といた日々」それぞれ恋、それぞれのヒーロー


・『今日の出来事 part2 & STRIKE ZONE』さん 「H2~君といた日々  最終回





【私信】

綾瀬はるかなる日々』の管理人 takuさんへ

画像

この画像、ホントにツボです^^ ありがとうございました^^





【管理人注記】

2005年3月18日の記事はここまでです。

今回、記事は誤字脱字以外書き直しておりません。

--------------------------------


さて、以上の様な事を述べたのは 昨年(2005年)の3月の事。




再放送を見て思うのは この「H2」は 私の心の琴線に触れるモノがある とても良いドラマだったなぁ…という事。


ちゃんとDVDで 最初から最後までブッ通して見直そう… 


本当にそう思った。(ToT)


そして、今 一番私を癒してくれるのは「石原さとみ」だなと 再確認した。

(「膝枕」も込みで^^;)


画像

画像

画像

こういう”おきゃん”な姿も 実に微笑ましい。^^


つい先日から始まった「Ns’あおい」が 予想に反してシリアス調だったのがガックリなのは


まさに、

こういう姿や…

(kuma6663さん パクリました^^;スイマセン)


画像

こういう笑顔を見たかったからだ。^^;


どうか、このまま変にスレずに育って頂きたい… 切に願うばかりである。




さて、今回の「めぐみちゃん」


画像




そして 今回の番宣テロップ(-.-")凸


画像

画像




「夜王」もかよ!! … orz





さらに、一番お気に入りのシーンを狙いすましたかのごとく…



画像

「ビタミンTV午後3:50~野菜値上がりを乗り切る!」


画像

「週末セール情報&野菜フル活用のアイデア料理」


画像

「チェ・ジウ&竹野内…話題の新ドラマを先取りチェック」


画像

「デパちかの人気パン店~おすすめベスト3&新作ぞくぞく」




野菜 … orz





チェ・ジウ … orz






デパちか … orz





御馳走様でした (-.-")凸




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『H2』関連の記事

コメント

ホント楽しいドラマでした、見終わると元気になるような...。
一度原作を読んでみようと思います。
ブタネコさん、いつもありがとうございました。

>kuma6663 さん

こちらこそ いつもありがとうございます。

「今日の出来事 part2 & STRIKE ZONE 」

毎日、楽しみに拝読させて頂いております。^^

さて、次ク-ルは 何を注目されるのか非常に 興味津々です^^

きゃははヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆ばんばん!
貼ってるしw

セカチューとは違って 楽に見れたドラマでしたが
いつしか引き込まれてました^^

>taku さん

早速、ありがたく画像を頂戴しました。^^

次ク-ルは「あいくるしい」オンリ-ですか?

それとも 他に目をつけたのあるのでしょうか?

(´ヘ`;) う~ん・・・飯島直子の汚れた舌
上戸ちゃんのアタックNo.1あたりは
第1回見て決めようかなとw
レビューするのはあいくるonlyですが(笑)

私は NTV系で4月16日から始まる
「瑠璃の島」が 気になっております^^;

脚本家のところに「森下佳子」とあったもので…

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。