« 神はサイコロを振らない | TOPページへ | H2~君といた日々 第8話 »

2006年01月12日

● H2~君といた日々 第7話


H2の第7話の再放送を見た。



画像


今回も、昨年(2005年)の2月25日に掲示した「H2~君といた日々 第7話」という 自分の記事を 再放送を見ながら読み直して、あらためて少々書き足す事にしたい。




< 2005年2月25日に掲示した記事 >--------------





早いもので もう7話である。


「H2~君といた日々」の中の時間経過も早いが、リアル(実生活)における 私の時間経過も それなりに早いんだなぁ…と実感する。


2月も もうすぐ終わりである。


気がつけば 夏が来て冬になりそうだ^^;


ドラマの現在は真夏の設定だが、どうも寒々として見えていたのが今回、


画像

夜の英雄と比呂のトスバッテイングのシ-ンで 時折、吐く息が白いのに気づき、実感した。


でも、考えてみれば TVドラマの放送は 1~3、4~6、7~9、10~12の4ク-ル。


今回の1~3だと ちょうど、放送終了から直ぐ後に春の選抜が始まるタイミングとなるわけで 案外、高校野球とのシンクロを考えれば このタイミングがベストなのかもしれない…と 思ったのかな?


さて、今回 観ていて感じた事は、山田孝之という役者は 本当に泣くのが上手いなぁ…という点。


画像

敗戦後、ひかりと明け方会話をしている最中にポロッと 涙をこぼす。


この涙をこぼすタイミングが実に上手いと感じたのだ。


さすがに「世界の中心で、愛をさけぶ」で さめざめと泣いたり、泣き崩れたり… いろんな泣き方を演じわけただけの事はある。


最近の若手の中では 本当に上手い一人だと感じた次第だ。


とはいえ、


画像


石原さとみは やっぱ可愛いなぁ…



【管理人注記】

2005年2月25日の記事はここまでです。

今回、記事は誤字脱字以外書き直しておりません。

--------------------------------


さて、以上の様な事を述べたのは 昨年(2005年)の2月の事。




本当に早いもので 1年後の今(2006年1月)に 私はこの追記を記している^^;


石原さとみの新作ドラマ「Ns’あおい」の放送は既に始まり、山田孝之の「白夜行」も間もなく放映開始される。


役者であるが故に 新たな作品では、当然新たな人物設定を演じるのだが、とかくドラマ制作者も そして、ファン達も その役者のそれまでの それぞれの出演作品の中でハマリ役が頭にこびりついており、制作者達には邪な打算、ファン達には頑なな期待というフィルターがかかる事が まま見受けられる。


私は 特定のドラマの中のハマったキャラと、役者本人とは別個に考え評価したいと思う者なので、新たな作品に過去の作品をオーバーラップさせるのは好きじゃ無い。


同じ様なキャラばかりを演じていれば 役者にとっても、ファンにとっても いい結果になる事は滅多に無いからだ。


さて…


画像

甲子園に出場した比呂だったが、英雄との対戦を前に敗退してしまう。


スポーツは 負けた時にこそ学ぶ事が多いのだ。


その辺が巧く漂っていて良い。


画像

画像

春華の不安は 一時的に解消されるが、


画像

画像

画像

敗戦の翌朝の光景を見てしまい深みへと…


この辺の 心のゆらめきが何とも言えない(ToT)




この回を再放送であらためて見ていて… 


画像

画像


今度、生まれ変わって来る時は 洗濯バサミになりたいと思った。





絶対にピンクの!! (懇願)




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『H2』関連の記事

コメント

お久しぶりです。

自分もH2、じっくりではありませんが一応観ています。

師匠同様、市川由衣のひかり役は「んん~?」と思いました。
が、観ていくにつれあまり気にならなくなりました。

さて、石原さとみ。いい感じですね。
「・・・古賀ってる!」と感じ、お気に入りです。
石原さとみの名前は最近知ったのですが・・・。(笑)

自分はよく映画を観ます。
レンタルビデオ屋に行き、観たい映画もある程度きまった後、
何気にフラフラ色んなビデオを手にとったりして眺めていたら、
ふと、石原さとみの名前が目にとまりました。

「天国への応援歌 チアーズ」というモノです。

何を思ったのか、借りて観てしまいました・・・。;
まあ、なんとゆうか、不覚にも感動しちゃいました・・・。
石原さとみの良いとこがよくでております。
師匠も軽い気持ちで観てはいかがでしょうか。

長文失礼致しました。m(_ _)m

「天国への応援歌 チアーズ」ですか 了解です。

今度、レンタル屋に行ったら 探してみます。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。