« H2~君といた日々 第5話 | TOPページへ | 神はサイコロを振らない »

2006年01月11日

● H2~君といた日々 第6話


H2の第6話の再放送を見た。



画像


今回も、昨年(2005年)の2月21日に掲示した「H2~君といた日々 第6話」という 自分の記事を 再放送を見ながら読み直して、あらためて少々書き足す事にしたい。




< 2005年2月21日に掲示した記事 >--------------




画像

画像

CGなんだろうなぁ…と思いつつ 最後のレフト前のあたりをダイビングキャッチするシ-ンはシビれた^^


それにしても、放映が始まって1ヶ月半の間に ドラマ内では1年半近くの時間が経過しているため 本当なら、その展開の速さに戸惑うところなのだろうけど その点に関しては あまり気にならない。


ブログをタイプしている時に、BGM代わりに 何度かビデオを再生していて 時々、「あれ?」と思う部分があり 目を留めると…


演出は堤氏本人では無いようだが、堤式 小ネタが各所に散りばめられており、堤マニアとしては 非常に楽しい。


「トリック」では 得体の知れない追っかけ男が 毎回、各話のどこかに潜むように映っていたが、今回は あだち充風の男と編集者が それにあたるようだ^^


また、「どこかで見た顔なんだよなぁ…」と思って ネットで検索したところ 柳守道役の森廉クンって 「踊る大捜査線」のTVシリ-ズ本編やスペシャル版で 深津絵理を相手に小生意気な事を言った子供や、ピ-ポの着ぐるみ姿の織田裕二を蹴飛ばした子供だったのね^^


先日、借りてきて観た「ロボコン」という映画には 伊藤淳史という役者が出てるのだが、彼も「あれぇ… どこかで…」と思っていたら ちびノリダ-だった。


時が経つのが早いと言うか… こんな事に気づいた時に「歳取ったなぁ…俺」と凹む私がいたりする。


画像

画像

画像

勝利が決まった瞬間に泣きじゃくる春華(石原さとみ)が良かった。


そんな春華にホレられたのなら 私なら迷わず、つきあうどころか 嫁にする^^


しかし、若者達よ…


ノロケ話で恐縮だが、ウチの嫁も高校生の時は そりゃぁ春華みたいなモンだった。


しかし、時はアッと言う間に過ぎ去る変わりに アッと言う間に いろんなモノを変える。


ウチの嫁がどう変わったか…


それについては… 涙で後が書けマセン。(ToT)



【管理人注記】

2005年2月21日の記事はここまでです。

今回、記事は誤字脱字以外書き直しておりません。

--------------------------------


さて、以上の様な事を述べたのは 昨年(2005年)の2月の事。




あらためて再放送を眺めていて、再びジ~ンとシビレル私だった。^^;



甲子園出場が決まり、


画像

同好会の練習場だった裏庭にたたずむ比呂


画像

背後から春華が


「知ってます? この学校に野球部は無いんですよ」


と、声をかける…


画像

画像

画像

画像

画像

画像

この一連のシーンが物凄く良い。^^


画像

画像

後半への伏線もあり、


画像

画像

この回のラストには ひかりと比呂の間を疑う 春華の揺れる乙女心…


これが、また良い。^^;


3年間を11話に集約する事に若干の無理を感じつつも そのぶん、密度の濃い構成に巧くまとめてあり、第6話として後半への折り返しでもあるこの回は とても秀逸だったと思う。




ちなみに今回の番宣は…


画像

「天ぷらに豪華寿司!「プラザ109」から生中継」


画像

画像

「石狩平野の3大ライバル温泉対決」


画像

「ナツメロ大好き!7歳双子登場…」


全国の皆さん、


これが北海道のHBCという放送局のローカル番宣です。


道民視聴者の一人として 声を大にしたい…





楽しそうな企画ですね…




でも…





絶対に見ません!! (-.-")凸




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『H2』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。