« 女王蜂(石坂版) | TOPページへ | ブタネコの「クリスマス」2 »

2005年12月23日

● 刑事物語


東野圭吾が書いた「白夜行」がドラマ化され、主演に「山田孝之」と「綾瀬はるか」が出演するという…




そのドラマのキャストを見ていて ふと、目が止まる。


老刑事 笹垣---- 武田鉄矢


映像を見てないので そのキャスティングに どうこう言うのは止めておく。


今回は そんな話をしたいのではなく、「刑事」と「武田鉄矢」という二つのキーワードで 私の記憶から引き出されるのは


画像

『刑事物語』という映画シリーズである。(第1作は1982年)


武田鉄矢が片山と言う名の刑事に扮し、事件を解決していくわけだが、設定としては 当初、博多の刑事だったが 売春の摘発にミスを犯し、静岡の沼津に転勤となる。

(実際の警察に そんな転勤があるか?という ツッコミは不可^^)


片山は「蟷螂拳」(だったと思う^^;)という拳法の達人で 普段は気弱だが、いったん暴れ始めると加減を忘れ やり過ぎてしまい、それがいつも問題となる。


今回、記事にまとめようと思い書庫のビデオを探したのだが、何故か2作目と3作目しか見つからず、ゆえに第1作目は拙い記憶を頼りに述べるが…


その後、第5作目までシリーズ化されるキッカケとなっただけあって この第1作は とても良い物語だった。


売春摘発で出会った聾唖者の女の子を引き取り、それが原因で事件に巻き込まれ その女の子もやがて…(以下、意識的に略)


エンディングに流れてくる 吉田拓郎の「唇をかみしめて」


「ええ加減な奴じゃけん ほっといてくれんさい

 アンタと一緒に泣きとうはありません

 何処へ行くんね? なにか ええ事あったんね?♪」


が流れると、グッと胸を締め付けられる様な情感が沸く。


画像


特に 第1作は ほんのワンシーンだが、高倉健が出演し、そのおかげもあってか 特にせつないのだ。

(おそらく、この時の高倉健の設定には 高倉健が「駅」という映画で「三上」という刑事を演じたことを利用していると思われ、それが また実に良い)


さて、第1作で 沼津を追い出された片山は


画像


2作目「りんごの詩」で 

画像

青森県弘前市に赴任する。


そこで片山は ある事件の捜査の関連で


画像

画像


一人の女性(園みどり)に恋をする。


その女性は その後…(以下、意識的に略^^;)


この作品では 我が故郷、札幌も舞台となっており


画像

画像

(青函連絡船…(ToT))


画像

画像

(札幌駅… 現在は建て替わりました(ToT))


画像

(藻岩山山頂…)


昔の懐かしい風景を見る事が出来、それは風景だけに限らず 人物も…


画像

三浦洋一


画像

金子信雄


画像

(タモリ… あ、この人は まだ生きてます^^;)


画像

(生きてるのか、死んでるのか 時々、判らなくなる 岸部シロー^^; )


私としては個人的に


画像

画像


大好きな酒井和歌子が観れて嬉しい。^^




さて、片山は3作目では 青森から長崎に飛ばされ…


画像

「潮騒の詩」となる。


画像

画像

画像

画像


これまた、いい景色である。^^


ここでも片山は干され続けており、誰もやりたがらない仕事に回されたばかりに 民宿の母娘と知り合い、事件に巻き込まれる。


この時、娘役に抜擢されたのが デビュー間もない


画像

画像

画像

沢口靖子で、「あ、そっか…」とさらに思い出したのは 沢口靖子は「東宝シンデレラ」の第1回の優勝者、最近 私がお気に入りの「長澤まさみ」の先輩にあたる。^^;


で、この3作目を今回 実に久しぶりに再見したのだが…


画像

画像


沢口さん 今と演技が全くと言って良いほど変わってません。^^;


とても新鮮です。(今でも^^;)




で、この作品にも 懐かしい人が登場してました。


画像

画像

ハナ肇氏である。(時節柄、銅像では無い^^;)


私が 大好きな横溝映画の


女王蜂

御約束の粉吹き警部に対抗したかのシーン

画像

画像

ゴジラ並の粉吹き、見事です。^^




ついでに記しておくと、この「刑事物語」のウリの一つは 武田鉄矢のアクションシーンであったらしい。


画像

画像

(第2作「りんごの詩」より)


画像

画像

画像

画像

(第2作「潮騒の詩」より)


衣紋掛け(ハンガー)や フラフープなどを ヌンチャクの様に振り回した拳法を使い、まさか、日本のジャッキー・チェンを目指していたのか?と 疑わんばかりの奮闘を見せるが、この映画は 決して、アクション映画に分類される事は無いだろう。




さてさて…、間違っても「白夜行」の笹垣刑事が この片山刑事の様なキャラでは無いと思いつつ、語ってみた事を どうかお許し頂きたい。^^;




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『コメディ』関連の記事

コメント

刑事物語だったのか。。。ハンガー振り回してたのは。。。


こんばんわブタネコさん。。。

懐かしいですねー見たことないけど。。。o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

★ ピエロ さん

>懐かしいですねー見たことないけど

貴方様こそ お懐かしゅうございます。

見たこと無いけど (´∀` )オマエモナー

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。