« 忠臣蔵 | TOPページへ | 札幌のアネハ »

2005年12月14日

● AMAZING GRACE


AMAZING GRACE という曲がある。




最近ではフジ系で放映された「白い巨塔(主演:唐沢寿明)」のテーマソングとしてヘイリーという歌手が歌って話題になったので 知ってる人も多いだろう。


この曲と きちんと私が出会ったのは 30年近く昔に、ラジオで白鳥英美子が歌っているのを聴いた時。


魂が揺さぶられる… そういうのを肌で実感した瞬間だった。


クリスタルボイスとでも言うべきなのか 夜中、峠道の展望台で星空を見上げながら聴くと なんだか、自分がとってもロマンチストに感じられて こそばゆい気持ちになれる曲であり、サラ・ブライトマンが歌う「タイム・トゥ・セィ・グッバイ」や「メモリー」や「アベェ・マリア」なんかと組み合わせて録音した オムニバスのカセットテープは 愛車のグローブボックスに必ず入れていた。


何年前だったか忘れたが、中島美嘉という女の子が 歌手デビューであり、ドラマ・デビューでもあったフジ系のドラマ「傷だらけのラブソング」主演:高橋克典、中島美嘉の中で中島美嘉が この「AMAZING GRACE」をアカペラで歌うシーンがあったのだが、それは 白鳥英美子が歌うのを初めて聴いた時の感動を思い出し、懐かしく感じたのだが…


数年前、とあるパーティーに義理で出席していた際、本当に たまたま、本田美奈子がアカペラで「AMAZING GRACE」を歌うのを目の当たりにして 私は腰が抜けた、というか、魂が抜けたね。


「感動」なんて言葉で簡単に表しちゃいけない… この世には そんな物があるんだと気づかされるぐらい素晴らしかった。


残念ながら その本田美奈子は この世を去り、遺されたCDでしか聴くことが出来ず、その生声を聴く事は二度と無い。


本田美奈子の逝去に関しては 他にも語ってみたい事はいっぱいあるが、今語ると 落ち目の芸能人が この時ばかりとワイドショーのインタビューに応じて 美談と泣きの演技を見せるのと同じ真似をする様な気分になるので辞めておく。


ただ、ここで申し上げておきたい事は 中島美嘉が素敵な歌手だという事は充分に認めるし、本人が なんらかの意図を持ってやっている事とは間違っても思っていない。


けれども、最近 なぜか盛んにCMなどで中島美嘉が歌う「AMAZING GRACE」を耳にする度に


「頼むから 今、この時期だけは 本田美奈子のAMAZING GRACEだけを聴きたいんだ」


と、私は思い いつしか、中島美嘉に不快感を抱く一歩手前の私に気づく。


中島美嘉がけっして嫌いなわけじゃなく、もちろん嫌いになりたくないから 余計に そう思うのだろうと自覚しつつ…^^;



【追記:12月16日】


先程、フジTV系で放映された


「追悼特別番組 天使になった歌姫 本田美奈子 ~夢と闘いの38年~」を観た。


まさか、こんなタイミングで放映されると思わずに書いた記事だったが…


本文中でも述べた様に 本田美奈子の逝去に関しては 他にも語ってみたい事はいっぱいあるが、今語ると 落ち目の芸能人が この時ばかりとワイドショーのインタビューに応じて 美談と泣きの演技を見せるのと同じ真似をする様な気分になるので辞めておく。


ただ、ラストの 元気な頃にピアノ伴奏で「AMAZING GRACE」を歌う映像は 私が偶然観る事が出来たアカペラの生声と おそらく、そんなに時期が離れていないような気がした。


歌いながらの踊り方や雰囲気が まざまざと記憶の姿を蘇らせられて感無量だった。


番組を見終わって思うのは ただ、「ありがとう」と 心から御礼を申し上げたい。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『私にとっての懐メロ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。