« 前略おふくろ様 パート2 | TOPページへ | さびしんぼう »

2005年10月01日

● アイコ16歳


1983年に大林宣彦のプロデュ-スで映画化された。




画像

名古屋郊外の女子高生の ひと夏の物語である。


主人公は

画像

富田靖子


富田靖子は この作品がデビユー作で

画像

16歳という多感な年頃の少女を好演していると言って良い。


この作品が公開された時には 既に私は社会人になり、結婚もしてたので 嫁とこの映画を映画館で観ていて 周囲の観客である高校生の若者達とは 既に、微妙に波長が合わず、その時は この作品の内容にも 今ひとつ入り込めなかったのだが、数年前に、CATVで放映されたのを観ていて 40過ぎて 初めてこの映画の面白さが判った。


つまり、特に大林宣彦が絡んだ このての作品は 主人公と同年代の若者が観るのでは無く、むしろ 制作した大林宣彦の 制作した年頃になって観て初めて いろんな事に胸をキュンとさせられる映画なんだ… つまりは、オサーンやオバーンになってから観るべき映画なんだ…って事だ^^;


そう気づくと このところ、尾道3部作などを記事作りのために再見していて、昔、若かりし頃に観て気づかなかった事に気づけるようになり、また違う観点で観て初めて面白かったり懐かしめたりする事に気づいたのだ。


しかし、この映画の監督は 昨年、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕された「今関あきよし」である。


ま、正直言って 私もロリコン気味と自覚している為、今関や大林からは 同じロリコン系の匂いがプンプン感じられるわけだが、私と彼等の違いは 鑑賞して楽しむのと、脱がしたり触ったりする楽しみ方の違いなんだな…と、思う次第なわけだが、いろんな意味で心中は複雑である^^;


また、この「アイコ16歳」は この映画の後に 

画像

伊藤つかさ の主演でドラマ化され どちらかというと そちらの方が印象が強かった人も多いようだが、この映画版の方が 良い出来だったと記憶する。


尚、この作品には

画像

という少女が出演しているが、この女の子は

画像

そう、松下由樹で 


出演者のところは

画像

彼女のデビュー作でもあるらしい。(噂:未確認)


しかしながら、作品を観ていると

画像

画像

画像

贔屓目かもしれないが この時点で、何か光ったモノを感じるから不思議である^^


また、この作品でも弓道部が登場し

画像

(富田靖子)

画像

(中央が 松下由樹)


というシーンがあるが、圧巻は

画像

画像

紺野美沙子である。^^


他には、裕福な頃の

画像

画像

岸部シローや


当時はチョイ役専門だった

画像

鶴瓶などの姿も見れる。



この映画は 

画像

画像

名古屋の郊外で撮影されたらしいのだが、

画像

私は こういうシーンを観ると もの凄く憧れる。


軒先に日除けの簾 風鈴や「氷」が下がり そこで、食べる「かき氷」


これは 本州ならではの光景で 北海道では見られない。


近頃は なんでもカタカナ表記になってしまい フラッペなんて呼び、かき氷の様で ただのクラッシュアイスだったりするモノが多いが、日本の夏は シャコシャコと大きな氷の塊を削った「かき氷」にイチゴかメロンのシロップかけて 練乳をかけたものを食べる… それこそが王道だと 私は頑なに信じている。



また、郊外の家では 

画像

よく屋根の上に上がって景色を眺めたり、昼寝をしたり、本を読んだり…


画像

この様に 娘とお喋りなんか最高である。


しかし、近年の住宅事情では 近所に高層の建物が増え、のんびり屋根に登っていようとしても どこかから覗かれているんじゃないかと気が気では無く、「屋根に登る」という行為も普通の行為とは見なされなくなったのか

「ブタネコさん家の旦那さん 気がふれたんじゃないかしら?

 この前も 屋根の上に上がって遠くを見つめていたの

 気持ち悪いったらありゃしない

 110番した方がいいかしら?」

なんて言われる始末である。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『青春映画』関連の記事

コメント

>という少女が出演しているが、この女の子は そう、松下由樹で 

・・・_| ̄|○・・・時間って・・・残酷・・・

谷田部先生、かーわいーなー。

しかし、今回のかき氷の「風景」も良いですね。
前略おふくろ様の下町風情も良いし、何ですか、最近は
「日本の良い風景を見直そう」
がテーマですか?

★ taku さん

>・・・_| ̄|○・・・時間って・・・残酷・・・

人のことは 言えないと思うよ 僕もアナタも^^


★ うごるあ さん

この映画見ると判るけど ほんと細くて顔が小さい^^

>「日本の良い風景を見直そう」
>がテーマですか?

なんか、いつの間にか そんな感じになってますね^^;

この作品こそ、タイムリーに私の青春時代そのもので、大好きでした!文化祭の映画も、「アイコ」と「たびしんぼう」をmixした盗作をつくったくらい!! ちなみに紅子も、その後他の作品に出てましたし、台詞のない部員に宮崎ますみさんもいます。松下さんのダンス留学から帰国されて少しして作られた「セーラー服三銃士」単発・は、宮崎・松下・富田さん主演で、ぶたねこさんも大好きだと思います。 
しかし、今関氏の話.....ショックです...(++!)

★ kon さん

そう「宮崎ますみ」もいましたね^^

僕ね、彼女ダメなんです^^;(苦手)

なので「セーラー服三銃士」も観た覚えはあるんですけど
中味覚えてません^^ ごめんなさい

 

こんばんは('-'*)♪教えていただいたので見にきました♪♬ありがとうございました(o_ _)o))ペコ

★ nana さん

はじめまして、コメントありがとうございます。^^

古い記事に今頃コメントを書き込むと迷惑かも知れませんが、
この映画から、さびしんぼうにかけて富田靖子がお気に入りだったモノで
懐かしく、そういえば、メイキングがあったっけと探してみたら
みつかりました。

https://www.youtube.com/watch?v=0I74sBY2FFE

★ ぴの さん

>古い記事に今頃コメントを書き込むと迷惑

そんな事はありません ウェルカムです。^^


最近たまに、BS系でこの頃の映画が再放送されたりすると つい見入ってしまいます。

ついでに記事をリメイクしようかなとも思うんですが そんな事を思うとバタバタしちゃいだすんです。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。