« 彼女が水着にきがえたら | TOPページへ | 転校生 »

2005年09月29日

● 瀬戸内少年野球団


南国にお住まいの Wenさんよりリクエストされたので 今回は「瀬戸内少年野球団」を語ってみる。




この映画は 1984年に公開された作品。

瀬戸内少年野球団

タイトルだけを見ると「がんばれベア-ズ」の様に 


瀬戸内少年野球団

ド素人の子供達が集まって野球チームを作り それが勝ち上がって行くような姿を想像しがちだが、この映画は そんなに甘いモノじゃ無い。


特に この手の作品は 日々を無為に過ごしている物には 変哲の無い、つまらない映画に映ると思う。


実際に 封切られて間もない頃 私の友人達は この映画を「つまらない」と評する者が多かった。


しかし、私には この作品が いろんな意味で含蓄のある感慨深い作品である…という思いがつきまとい今日に至る。


特に、終戦直後 子供達が それまで戦時中として受けてきた授業の

瀬戸内少年野球団

教科書の「不適切」な描写を 墨で塗りつぶしたり、


瀬戸内少年野球団

違う語句に教師から書き換えさせられる。


瀬戸内少年野球団

大人達が戦後の混乱でバタバタしている最中、


瀬戸内少年野球団瀬戸内少年野球団

つぎはぎの手作りグローブで野球に興じる様は 自分達の父祖がそうだったと思うと 実に感慨深い。


父や兄が「名誉の戦死」を遂げて「英霊」の家族と遇されていた者が 敗戦と同時に「英霊」ではなく「犯罪者」の様に扱われる様は 時代の変遷とは言え、敗戦による混乱を真摯に描いていると受け止めた。


これらのシーンは 何かの理由によって その時代に興味を持ち、いろんな人に話を聞いたり、書物を自ら読んだ事のある者と まったく、興味を持たずにいる者とでは 映像から伝わる事の受け止め方が まるで違う。


その際たる部分は 

瀬戸内少年野球団

娘を連れて島に「命の洗濯」をしにきたと告げる


瀬戸内少年野球団

元・海軍提督(伊丹十三)という人物の姿の受け止め方に表れる。


戦争犯罪人、巣鴨プリズン、B級戦犯…


この日本という国の最近は とかく「人権」と言うものの 一部分だけをヒステリックに拘る輩が目に付く様に 私には感じる。


たしかに「人権」は大事な事である。


けれども、その「人権」を声高々に叫ぶ 共産党や社民党の輩が その人権を黙殺しようとするのが「戦犯」であり、東京裁判だったりもする。


名作「私は貝になりたい」で大きく問われた事ではあるけれど、極東軍事裁判とは 戦勝国による敗戦国への ウサ晴らし的要素が強く、現代における裁判形式からは大きく外れた実に野蛮なモノだった事は多くの関係者が認めるところでもある。


特にB級戦犯者の取り扱いは A級の様にマスコミの耳目から遠かった事もあって 処刑された人々の中には 事実誤認による、まったく無実の者が多い。


だから、そんな非業の最期を遂げた者の「人権」を 何故、問うてやろうとしないのか? 私は不思議で仕方が無い。


元・海軍提督は

瀬戸内少年野球団瀬戸内少年野球団

敗軍の将として潔く裁判に出頭する。


その結果…


私は そこに涙を禁じ得ない。


インパール作戦等で 無意味に多くの将兵を死なせ、戦後も温々と過ごした南方軍の指揮官共こそ裁かれるべき…等と思ったりするのだ。


しかしね、そんな戦後歴史に興味や知識の無い人には 元海軍提督の姿は 全く別なものにさえ映ってしまうのだろう… そう思うと非常に残念だ。


瀬戸内少年野球団

犬がボールをくわえて走る場面がある。


その時に 主人公である子供がナレーションで喋る語りは ネタバレしたくないので あえて記さないが、そういった視点で見ると 非常に切ないのが判って頂けると思う。




この映画は 封切り後、嫁と一緒に見た映画だ。


その時は 上記の様な理由で ラストでボロボロ泣いた私を 嫁が呆れて見て


「アナタと見る映画は 一歩間違えると、とても恥ずかしい思いをする」


等と、見終わった後に 一緒にラーメンを食べてたら言われたのを覚えている。


そんなたわいも無い話を 何故覚えているか…


それは、その時から数年後、再び一緒に この映画を見たからである。


二度目は 映画館では無く、TVで 主役の


瀬戸内少年野球団


夏目雅子の追悼番組として放映された時だった。


その時は 私はともかく 嫁は ずっと泣きっぱなしだった。


そう、夏目雅子の命を奪ったものが「白血病」だったからだ。

瀬戸内少年野球団

嫁は 夏目雅子が輝いて映る画面の中に 「亡き友」の姿を見たのであろう。


その後、骨髄バンクなどの運動やCMに必ずと言って良い程 

瀬戸内少年野球団

夏目雅子が登場するが、その度に 夏目雅子の姿に「亡き友」を見ているようだ。^^;


決して、美化して語るつもりは無い。


けど、もし夏目雅子という女優さんが存命していたら おそらく、吉永小百合の様な足跡を残したと 私は信じて疑わない。

瀬戸内少年野球団

それだけに、若くして難病に苦しんだ末に 数多の可能性までもが奪われてしまう様な死に方は この世から根絶して欲しいと願うばかりである。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『切ない映画』関連の記事

コメント

ブタネコさん、リクエストにお応えしてくださって
アリガト!(´▽`)

この映画1984年公開なんですね~。

ということは~、私まだ10歳の頃だったんだ~w

私が母に文部省推薦という理由で連れて行かれた映画でした。

確かね~、「伊賀のカバ丸」と2本立てだったっす。

その当時、まだ幼いながらも伊丹さん演じる海軍提督、それと一人遺された女の子に対して、涙した記憶はあります。

リクエストしてて、こんな事かくのも変なんですが、また改めて視聴したくなりました。

南国の楽園にお住まいのWenでした。

★もともと私は小学生の頃から、岩下志麻さんのファンで、夕刊に「瀬戸内少年野球団 主演の美少女募集」とあるのを見つけた時、「共演~! 岩下さんと!」14歳の私はめちゃくちゃ胸が高鳴ったものの、10~13歳の募集だったため、涙を呑んで、あきらめました。原作は、勿論「猫屋のオバハン」を中心に読んだんで、戦後のすさんだ流れの中に、たくましく生きている人々が描かれていたと思います。映画は.....あんまし覚えていないのが本音です

★ Wen さん

御堪能いただけまして ホッとしてます^^


★ kon さん

人に歴史あり… 感慨深いですね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。