« ライスカレー | TOPページへ | 長澤まさみ 考 »

2005年09月27日

● 深呼吸の必要


2004年に公開された映画で 私は個人的に 長澤まさみが主演だったと思い込んでいる作品^^;



画像


南国の島で 


画像

画像


さとうきびを刈り入れる期間限定の季節労働を


画像

画像


なにかしらの心に傷を持つ若者が従事し ひたすら、さとうきびを刈るのだが、


画像


その間に 島の空気や時間の流れや 人との触れあい等の中で


画像


心の傷が癒されていく…


主演は

画像

香里奈で 他に


画像

谷原章介


画像

成宮寛貴


画像

金子さやか


画像

長澤まさみ


それに…

画像

おじい と おばあ




このブログを御愛読頂いている諸兄であれば 御存じの通り、私は 長澤ヲタである。^^;


画像


ゆえに 香里奈や金子さやかのファンの方々には 申し訳無いが、どうしても 私は長澤まさみに目がいってしまう事をお許し頂きたい。


で、この映画は 長澤まさみにとって「ロボコン」の後、「世界の中心で、愛をさけぶ」の前 もちろん、TVの「優しい時間」よりは 遥か前に撮影されたもの。


自殺未遂を起し、暗く 他人にあまり心を開かない少女… それが、この映画における土居加奈子役の長澤まさみの設定である。


しかし、彼女もまた さとうきび刈りの作業の中で 少しづつ心を開き


画像


やがては笑顔を見せるようになる。


タイトルの「深呼吸の必要」という言葉の意味が ストレスなど、心の傷まではいかなくても なにかの疲れが溜まっている現代人には 深呼吸する事も大事だよ… それを映像を通して教えてくれて、尚かつ 映像により、見てる者も なんとなくリラックス出来た様な気になれる そんな映画である。


中でも、長澤まさみの演じた役は 主役の香里奈の存在を脇へ追いやるぐらい 物語全体を表現している様に映り、それは 制作者の意図を越えたものの様に思えてならない。


思いっきり、ボロボロに泣ける映画でも、社会問題にメスを入れるような映画でも無い。


言い方は悪いが、際だった物語が展開される訳でも無い。


しかし、観た人の多くは「うん わりと良い映画だったよ」と 評価は決して低くない そんな映画である。


尚、この映画の監督である 篠原哲雄は 他に「天国の本屋 恋火」「はつ恋」を撮った監督でもあり 私は 個人的に注目している監督の一人でもある事を記しておきたい。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『長澤まさみ』関連の記事

コメント

 ブタネコさん、初めまして。AB氏と申します。
いままでROMってましたが、「深呼吸~」ということで、ついついレスしたくなっちゃいました。
 ワタシは主題歌のMY LITTLE LOVERから「深呼吸~」に興味を持っていたところ、去年地元の某映画祭で、篠原監督の対談付きで上映するということで、観てきました。
(そしたらまさみタソが出てたじゃないですか!)

 >なんとなくリラックス出来た様な気になれる そんな映画である。
同意です。癒しの押し付けではなく、「なんとなく」リラックスできるってのが、この映画に感じる独特の心地よさだと思います。

 それにしても長澤まさみタソのこのジャージ姿は・・w ブタネコさまとしてはアリですか?

★ AB氏 さん

はじめまして、コメントありがとうございます^^

>長澤まさみタソのこのジャージ姿は・・w

私的にはアリですね^^

このジャージがオークションに出品されたら 私は真剣に落札を狙います^^

はじめまして、akaranと申します。自分もAB氏さん同様、前々から拝見させていただいていたのですが、コメントは控えておりましたけれど”深呼吸の必要”という文字につられてしまいました。
この映画、何気に借りて観たのですがすごく心に残りまして、劇的な話の展開も、何かを訴える訳でもなくて、でも見終わった後とても清々しかった印象が残っています。自分の中の今年一押しの作品だったのでブタネコさんの感想に嬉しくてついコメントさせていただきました。
自分は♀ですが、長澤まさみはむちゃくちゃかわいいと思っています。自分的にもジャージ姿はアリです(笑)。
おばあとのやりとりとかおじいにありがとうねって言われた後のあの笑顔、最高です。

★ akaran さん

はじめまして、コメントありがとうございます。

こういうのを”癒し系”映画とでも言うのでしょうかね^^ ホント、佳い作品だと思います。

おばあとおじいも 良い味を出してましたよね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。