« 雑感(9月26日) | TOPページへ | 深呼吸の必要 »

2005年09月26日

● ライスカレー


このたび、9話から最終話までのVTRが 書斎で発掘されたので記事をリメイクしました^^;。



脚本:倉本聰 1986年フジTV系で放映された連続ドラマ

ライスカレー



ライスカレー


主演は 

ライスカレー

時任三郎


準主演が 

ライスカレー

陣内孝則 と


ライスカレー

布施博


ヒロインの…

ライスカレー

藤谷美和子が すこぶる可愛いく…


ライスカレー

中井貴一が もの凄く渋い。


あらすじを述べると…

ライスカレーライスカレー

ライスカレーライスカレー

ライスカレーライスカレー

時任、陣内、布施の3人は 銚子工業(銚子商業がモデル?)という高校の野球部の同期で甲子園にも出た経歴を持つ、3人は 卒業後、それぞれコック、板前など 調理師の途を歩んでいた。


そこへ 野球部の大先輩である 次郎(北島三郎)が3人を呼び出し


ライスカレー

次郎は カナダのバンクーバーに渡って 日本料理の板前をしていたが、そこで知り合ったカナダ人の金持ちをスポンサーにして カナダでライスカレーの店を出すから手伝えと3人に強要する。


布施博だけは家庭の都合で 直ぐには渡航できず、時任と陣内の二人は その誘いにのってカナダへと向かう。


しかし、カナダに着いてみると 頼みの綱の次郎は スポンサーの奥さんと駆け落ちして行方不明になっており、二人は頼る術もなく放浪する事になる。


そんな時、たまたま行き合った 中井貴一に助けられ 中井が働く丸太小屋作りの仕事を手伝う事となる二人だったが、社交性が乏しく完璧主義の中井と いい加減でチャンランポランな陣内の ソリが徐々に合わなくなり、陣内は一人 その現場から去る。


その頃、地元の銚子では 次郎の兄で地元の名士である

ライスカレー

金子信夫のワガママで 時任に想いを寄せていたリス(藤谷美和子)は 金子の馬鹿息子と無理矢理見合いをさせられた挙げ句、婚約までさせられる…


他の主な出演者は

ライスカレー

田中 邦衛


ライスカレー

三木のり平


ライスカレー

ガッツ石松


ライスカレー

風吹ジュン


そして、何よりも最高なのは


ライスカレー

室田日出男である。




この「ライスカレー」という作品は 何故か再放送される機会が少なく、ビデオ・DVD化もされない作品なので 倉本聰ファンを語っている人でも知らない人が多い作品だが、私は「北の国から」「前略、おふくろ様」に次ぐ作品は これか、「昨日、悲別で」のいずれかであると確信するほど この作品が とても大好きで 倉本作品の中でも 特に上位の傑作だと思っている。


出演者は皆 もの凄く、良い味を出しており、特に 

ライスカレー

幼馴染みの婆さん(陣内孝則が演ずる青年の母)が死んだ夜

ライスカレー


そろって思い出話にくれる三木のり平達 3人の爺さん達の会話が とても切ない。(ToT)


また、酒乱で暴れる男のキャラを演じさせれば天下一品だった室田日出男や 田中邦衛、金子信夫とくれば 

ライスカレー

ライスカレー

「仁義なき戦い」を彷彿させる乱闘シーンもあるのだが、何故か この室田日出男が暴れるシーンは 「前略おふくろ様」以来の 恐いんだけど人情家…という愛すべきキャラが素敵で、画面に向かって「もっと暴れろ 室田!」と声援を贈りたくなる場面が多いのも倉本作品の特徴だ。


そして この作品がTVドラマデビュ-と言って良い陣内孝則と中井貴一は 若々しさと気力が、そして この時の藤谷美和子は もの凄く可愛かった。


一般的に「カレ-ライス」と言うのに対し 「ライスカレ-」とこだわる内容も面白く、カナダで やむを得ず、ログ・ビルダ-となった時任三郎が、中井貴一と知り合い、

ライスカレー

カナダ人の女の子との関わっていく物語も飽きなく その顛末にも情感溢れる。


数年前からケ-ブルTVに加入し、フジテレビ系のBS番組も視聴しているが 何故か この「ライスカレ-」が再放送されないのは とても残念に思っている。


もし、フジTVの関係者が このブログを見たならば… 御願いです、再放送してください。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ライスカレー』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんにちは。

24日のテレ朝系「祇園囃子」はご覧になりましたでしょうか?
倉本聡脚本という事で予備知識無しに観たのですが、ホントに倉本聡脚本なのか??と、思わずにおれないほどで、ガックシきてしまいました。
やっぱし石原プロ製作だがらですかねぇ。。。

★ はっし さん

「祇園囃子」観ました。

う~ん 正直言って 私も あまり良い感想では無いですね^^;

倉本聰-石原プロ-テレ朝 だと

まさに「大都会」とか「西部警察」の流れなんでしょうけど
石原プロがらみの作品は どうも役者が固定され 役柄も
固定されて ともすれば人物設定まで固定されている感が
あり、新鮮が感じられません^^;

もう少し柔軟性があれば…と、まったく、残念です。 ^^;

ライスカレー、おぼろげにグリーンピースを乗せる乗せないで、ケンカしてたドラマだと記憶してますが。

それしか思いだせない○| ̄|_

★ Wen さん

ライスカレーとは 皿に盛った御飯の上に 最初からルーをベターッと
かけて、真ん中にグリーンピースを3ヶ載せる。

コップの冷や水に スプーンを浸けたまま客に出すのが正式…

そんな事を北島三郎が力説するのです。^^;

 

明けましておめでとうございます。
「ライスカレー」は懐かしいですね。チャランポラン男を演じた陣内孝則がいい味だしてましたね〜。
中井貴一のラストが切なかったのが印象的です。
是非見直したいドラマの一本ですね。

★ samurai-kyousuke さん

こちらこそ、今年も宜しくお願い申し上げます^^

>中井貴一のラストが切なかったのが印象的です。

まったくです^^

忘れられない せつなさでしたね…

懐かしいライスカレー。
 私はカナダに住んでいます。しかもBJ(中井貴一)と同じログハウスの仕事をしています。
 あのカナダ人の女性、お姉さん役をなさった方ももう、お子さんがいらっしゃるお母さんになっています。 同じ市内に住んでいますのでうわさは時々ききます。

★ ハーロック さん

ほう… 我がブログも国際色が豊に…^^

ところで、メールの件は 申し訳ありませんが 御要望には添いかねます。^^;

理由は 申し上げなくても御理解頂けると思いますので あえて申し上げません。

再放送を強く願うものです。。。
出演者の契約の問題でしょうが
とてもいいドラマでしたので是非とも実現して欲しいものです

★ むく さん

コメントありがとうございます^^

>再放送を強く願うものです

全く同感です。 これは是非、DVD化して欲しい。

>出演者の契約の問題でしょうが

噂では 外国人出演者及びスタッフとの契約が問題で… との事。

あくまでも噂なので真偽は不明ですが…^^;

ホント、なんとかして欲しいものです。

こんにちわ。時々訪問させていただいております。
ライスカレー!懐かしいです・・・びっくりしました。
私はこのドラマが大好きでした。
結婚する直前だったのですが(9月に結婚♪)是非ここのホテルに行きたい!とカナダのバンフスプリングス・ホテルに行きました。(マジです)

9月はシーズンオフになりつつある時期で、人もあまりいませんでした。でも古い格式のあるいいホテルでした。(エレベータはぼろかったですが・・)

そんなことを思い出してしまいました。もう20年ですね!
どうもありがとうございます!嬉しかったです。
これからもちょくちょく寄らせていただきますね!

★ tetsu さん

こちらこそ はじめまして、コメントありがとうございます。^^

「ライスカレー」は 本当に名作だったと 私は思っております。

想いの同じ方にコメントを頂戴し 記事を書いた甲斐があったと嬉しい限りです。^^

今後も 宜しくお願い申し上げます。

はじめまして。 たまたま懐かしく思いライスカレーで検索してここにたどり着きました。 自分もライスカレーの大ファンで自分の人生を変えてくれたドラマでした。  自分が19の時のドラマでしたがたまたま地元が銚子の近くでよく遊びにいっていて偶然にも上の写真(三木のり平さん他の船上でのシーン)の撮影中に通りかかった事を今でも覚えています。 そして今、カナダバンクーバーに住んでいます。 (そしてライスカレーではなく焼き鳥屋をやっています) そのころ学歴もなく工場勤めの自分に夢と可能性を与えてくれた作品です。  
このドラマの影響を受けてカナダ又は海外に出て行った方、他にもたくさんいるんでしょうね。 
是非、DVD化されることを祈っています。 
最後にブタネコさんへ、このブログをたてていただきありがとうございました。初心を忘れずまだまだ頑張っていこうと思えました。

★ ヤキトリ さん

こちらこそ はじめして^^

コメントありがとうございました。

コメントを拝読し、「あぁ、記事を書いて良かった」と 大変嬉しくなりました。

本当に 温かい御言葉ありがとうございました。

なので、早速

http://buta-neko.com/blog/archives/cat4/cat76/cat65/cat910/

こんなカテゴリーを増設しました。

お楽しみ頂けますと幸いです。^^

ライスカレー、私が高校生だったときに夢中で見ていました。カナダに住むことを夢見たのはこの番組の影響だけではないのですが、今年、カナダ人と結婚しました。当時のことを知る夫は、ライスカレーの撮影当時、バンフでバスドライバーをしており、爆発的に日本人観光客が多かったと話していました。この当時に、この番組のおかげで、日本人観光客からかなりの収入を得たのは言うまでもありません。私がいまでも覚えてるシーンは陣内さんと、時任さんがレンタカーで湖沿いを走っていると、警察がスピード違反の取締りで彼らを追いかけてるシーン、それで、違反のチケットを切られたのにもかかわらず、英語がわからないがために陣内さんは”これなんだ?集めようぜ!”といっていたところ。その湖がいまだにどこかわからないので、確かめるためにも、もう一度このドラマを見たいです。

★ たま さん

残念ながら 第1話のビデオは私の手許にあるはずなんだけど、
書斎の山の中に埋もれてしまって直ぐには発掘できません^^;

おぼろげな記憶では バンクーバー近郊でボートハウスが沢山ある湖でしたね^^

このドラマで陣内さんと、時任さんがボートを借りるのは97Aと1号線が交わるところにあるsicamous という町です。(下記リンク先の右上のほう) 大きな湖は shuswap lake です。

 その辺りに住んでいたこともありますので風景をほとんど記憶しています。 ドラマを見ていて気づいたのが編集をしているため、東に向かって走っているはずが、実際には西に向かってたりしていますので・・・???
 取材班は多分、バンクーバーから1号線、そしてhopeから3号線を通ってokanagan lakeを通って97号線を北上。そして先ほどのsicamousの町で撮影して1号線を通ってバンクーバーに戻ったと思います。 

 ガソリンスタンドのシーン、大きなピザを頼むシーン、そしてスピード違反のチケットをきられるシーンはokanagan lake 周辺で撮ったとおもいます。


http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=&z=9&ll=50.384005,-119.978943&spn=1.014006,2.219238&om=1

★ ハーロック さん

情報ありがとうございました。^^

深く感謝申し上げます。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。