« 私をスキーに連れてって | TOPページへ | スペ-ス・トラベラ-ズ »

2005年09月25日

● 遊びの時間は終わらない


かなり以前に「遊びの時間は終わらない」について このブログで簡単に触れた事があるけれど、今回、ちと思う事があって あらためて「遊びの時間は終わらない」について触れてみる事にした。




画像

「遊びの時間は終わらない」(1991年) 主演:本木雅弘


この映画は 銀行強盗の訓練を行うために犯人役として選ばれた

画像

本木雅弘(と、今井雅之)が 異様なまでにクソ真面目すぎて


画像

真剣に強盗を演じてしまうために


画像

ただの訓練では済まされない事態になっていく…という話。


画像

訓練であるが故に 人質は首から「拘束済み」の札を下げ


画像

撃たれた者は「死体」となる。


画像

取材のカメラマンは「空気」という扱いになり…


画像

中には レイプされた事にされる女子行員まで出る始末…


画像

一度は解決したかに思われたが、


画像

マスコミからの物言いがつき、再継続となる…


見終わって感じた事は 役者の演技が どうこうと言う問題以前に、脚本の面白さが活かされた作品であるという事。


エンディングに関しては どちらも賛否両論があると思われるが、中だるみも無く楽しめる作品であると思う。


日本の映画は ハリウッド映画と比較するのは酷な話だが、基本的に 予算がセコイ。


「~億円の予算をかけた大作」と宣伝するぐらい金をかけた…と事前に宣伝する映画も よく見受けるが、その予算の大半は 役者のギャラや 基本セットで使ってしまっていると思われる物ばかりで、考証や設定等は ほったらかしの物が多く いったい、どこに金をかけたんだ?と 制作者を問い詰めたくなる物が多すぎる。


であれば、この作品のように セットに金をかけず、役者も こう言っては失礼だが、ギャラが安めでも 良い芝居をする役者を中心に構成すれば 充分に面白い作品が出来る… そういう事を実証して見せた映画であると思える。


私の個人的な考えだが、もういい加減、役者のネ-ムバリュ-だけに頼った様な制作姿勢は辞めるべきと思う。


「マンガや文庫でヒットした作品を原作に使えば 外れる確率は低い…」


というセコイ理論の上で ネ-ムバリュ-のある役者を主役におけば… みたいな感じの考え方から脱却し、同様に、もっと新鮮な脚本家に門戸を開き オリジナリティのある作品を 時には冒険半分で制作して欲しいと切に願う。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『コメディ』関連の記事

コメント

ブタネコさまおはようございます。
若い子でキャピキャピどころか、陣釜2号の私でごめんなさいねぇ~。ネーム変えて釜陣にでもするかwイマジンみたいでいいかなぁ、暇人になりそう。

ところで、今井さんがでてるんですか?元自衛隊。知らなかったです。見てみたいけど、これは、レンタルされてるものなんでしょうか?

お金掛けて~というところとても、わかります。
電◎◎の映画も、うん千万ぐらいで、お金をかけず、超スピードで作り上げてしまって、でも結果、興業成績は、うん十億円。リピータもいるし、とにかく、足を運んでもその作品をといえる映画はなかなか・・・今すぐに放送されたり、DVD発売になるから。

ブタネコさんそういえば、神さまのtakuさんとおそろの購入なさったんですね。知らなかったとはいえ、以心伝心。共通点がいっぱい~
まさか・・・来月のツアーにブタネコさまも行くとかwそして、あのおそろウォークで・・・きゃあ~曲もおなじか?神と同じなんて、すごいご利益じゃあないですか。
くれぐれも、はるかちゃんがポッチャンしたもの
さがさないで下さいね。ブタネコさまを探すようですから(爆・・行くと決めてるw


十階のモスキートやコミック雑誌なんていらない
辺りを見てきてしまっていると。。。。
本木さんはいい役者なんだけど。。。
ちょっと辛口でしたか?

★ エメラルド さん

>今井さんがでてるんですか?元自衛隊。知らなかったです。

ええ、彼は 元自衛隊(それも ちょっと特殊な^^)

>見てみたいけど、これは、レンタルされてるものなんでしょうか?

レンタルされてます。

けど、どこの店でも置いてある…という感じでは無いようです

>神さまのtakuさんとおそろの購入なさったんですね。

ええ、私だけ…と 思ってたのにぃ…(ToT)

>まさか・・・来月のツアーにブタネコさまも行くとかw

え? どうして それを…^^;


★ やじ さん

>ちょっと辛口でしたか?

いえいえ 辛口OKですよ^^

私も これと「シコふんじゃった」ぐらいしか モッくんを評価してませんから^^;

というか これも「シコ…」も 別にモッくんじゃなくても良いとさえ思ってます。

根本的に 脚本が成功している作品なんで…^^;

ご親切にコメントありがとうございました。
レンタルされてることがわかれば、気長に探してみます。こちらで、いろいろな映画なり、本だったり、わかりやすく教えてくださるので、見てみよう、読んでみたいという気持ちになります。ありがとう。
そして、神さまのところで9話が始まったんですが、こちらの音楽を聴きながら見ています。
なんという・・・すばらしいお二人のタックに感謝です。
ツアーはお互い、購入した話を聞けば推測できますヨン。女の感・・奥様もきっと何かを感じているはずw
どんな、旅になるか、そちらのドラマのほうが
楽しみですね。

★ エメラルド さん

気づいたら ほとんど記事が80’sしてますが^^;

どうか お許しを^^

TBさせていただきます。
この映画、久しぶりに見直しました。

クスクス笑えるブラックユーモア最高です。

人気プログ、クリックさせていただきました。

★ 慶次  さん

遅いレスですいません^^;

コメントありがとうございました。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。