« 悪霊島(鹿賀版) | TOPページへ | 病院坂の首縊りの家(石坂版) »

2005年09月10日

● 雑感(9月10日)


このところの 私の身の上について…


雑感(9月5日)


雑感(9月6日)


雑感(9月8日)


という風に書き連ねてきた。



台風14号では 幸い、我が家には被害は無かったが、家庭内台風は凄まじく、私だけが 現在、家庭内で避難場所に避難した生活が続いている。


だが、まぁ、家庭内政府も鬼では無い。


御飯時には声もかけてくれるし、当然 食料の配給(?)もある。


本来であれば このところ恒例となった「電車男」など ドラマを観ながら 家庭内融和を図るところなのではあるけれど、間が悪い事に 柔道の放送で 今週は その放送が無い。


ゆえに、少しづつ 日々の暮らしの中で融和を図るしか無い。


さて、そんな時…


どうも、ギプスをはめた左足の調子が悪い。


むくんでいる…というか、膝から下が腫れたようにパンパンで 心なしかギプスが窮屈に感じて仕方が無い。


前までは ギプスと足の間に ミニ・孫の手を差し込めるぐらいの隙間があり、痒いときは それで どうにかしていたのだが、そのミニ・孫の手すら 入らないぐらい 足とギプスが密着しているのである。


なので、それを 何気なく嫁に言ってみた。


「なんかさ、足が腫れてるみたいなんだよね…」


すると 嫁は一刀両断のごとく スパッと


「太ったんでしょ」


雑誌から顔を上げもせず、そのまま記事を読みながら 軽く言い切る。


「でもさ、1日や2日で 孫の手が入らなくなるぐらい 足だけ太ったりはしないでしょ?」


そう私が言うと


「じゃ、2・3日 御飯食べるの止めてみれば?」


そんな事を言う… (ToT)


だから、今度は娘に


「ねぇ お父さんの足 左右で太さが違わないか?」


と、聞いてみたところ


「シオマネキの 足バージョンでしょ…」

【参考URL】『シオマネキとは


と、これまた ニベも無い。


しかし、やはり なんだか足の具合が良くない。


なので、再度 嫁に


「悪いけどさ ちょっと、病院まで 車で乗せて行ってもらえないかな?」


と、懇願すると


「なに? そんな悪いの? じゃ、入院する?」


とか 言いながら、渋々 応じてくれた。




さて、そんな艱難辛苦の末に「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」の病院へと連れて行って貰えた私な訳だが…


ここで、この「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」について 大事な事を語り忘れていたので 触れておきたい。


実は、この2代目開業医と私は 密かに二人で先月の19日に「世界の中心で、愛をさけぶ」の舞台版を観に 岡山まで行く事にしていたのである。


私は その舞台版を観るのと 久しぶりに鷲羽山に行って 瀬戸内を観ながら心の洗濯をしたいと考えていたわけだが、ちょうど その同じ時期に 札幌でポカリスエットのスカイメッセージが実施される予定になってしまったのと、この2代目開業医が 彼の本妻どころか 私にも内緒で 愛人を連れて行こうとしていた事が判明し、私は岡山行きを取りやめ 私のぶんのチケットを 彼の愛人に高値で譲った経緯がある。


その事については もちろん他の余人は知らない。

(ウチの嫁もだ^^)


だから、現在 2代目開業医と私との 個人間の人間関係は圧倒的に私が優位な位置にある。


ま、そんな事は どうでもいい^^


診察室に通され、私の 足を見るなり、


「あれ?」


と、呟く 2代目開業医。


あのね、医者が患者を前にして「あれ」とか「ちっ」とか「マズイなぁ」とか「失敗した」なんて 絶対に禁句なんだよね。


そんな事を言われると たとえ、違う意味であったとしても 患者の不安は爆発的に増大する。


私「おい?」


医者「ん?」


私「なんだ? いまの”あれ?”って呟き」


医者「う~ん」


私「なんか マズイ事でもあるのか?」


医者「うん、悪いトコ 見落としてたみたいだな…」


私「なんだ、そうか…^^

  見つかって良かったな…  って 
  


オイ? どう言うことだ それは!? 」


医者「ま、まずはレントゲン それ診てからって事で…」




約30分後、レントゲンを撮り 再び診察室に戻った私に「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」は言った。


医者「膝の靱帯が 伸びてるね… こりゃ、膝もギプスだわ」


それまで 脛から下だったギプスが 太股の中間まで長い物に交換された。


おかげで 私の左足は 巨大なチクワ(もしくは きりたんぽ?)と化し まったく曲がらない物となってしまった(ToT)


私「(医者に)オマエ、最初にギプスつけた時、サイババ(死語ですか?)並の念力で 切れかかったアキレス腱を繋いだ…って言ってなかったか?」


医者「ん? あぁ、言ったよ」


私「だったら 伸びた靱帯だって そのサイババ並の念力で治せるんじゃないのか?」


すると 医者は顔色ひとつ変えずに


医者「あぁ、残念だったな… さっき、痛風の患者さんに サイババ並の念力を全部使っちゃって 今日のぶん もう無いんだ」


私「へぇ、そのサイババ並の念力って 1日分の量が限られてるんだ?」


医者「そうなんだ、ごく微量でね、一回分の量があるか無いか…なんだな」


私「なるほどなぁ…」


と言いながら、私は医者の耳元に 顔を寄せ、小声で医者に呟いた。


私「オマエよぉ、俺が教えてやった岡山のうどん屋に 


 愛人と二人で行って、


 ”さすがに本場の讃岐うどんは美味いなぁ…”


 って言ったんだって? で、横で うどん食べてた どっかの爺ぃに


 ”ここ(岡山県)は備中で 讃岐は香川県ぞな”


 って説教されたんだってな?」と。


途端に医者は狼狽えて


医者「なんで 知ってる?」


私「オマエの愛人28号(親父的通称です^^;)が 


  楽しそうに話してたぞ… しかも、お土産の


 ”もみじ饅頭イチゴ味”持参で…」


医者「ええ?!」


私「嫁にさ 


  ”あら? 岡山のお菓子なんて珍しいわね… 誰から貰ったの?”


(9月11日:筆者註)
  誰かツッコミ入れてくれるだろうと期待して放置しておきましたが、
  このままではマズイので 訂正します。
  「もみじ饅頭」は広島のお菓子で岡山のものではアリマセン。
  その点について 私が 嫁にツッコメ無いのは言うまでもアリマセン^^;


  なんて聞かれてさ… 


  危なく 2代目開業医の愛人28号から…


  って言いそうになったよ…。 どうする?」


医者「どうする?って どうすりゃいいんだよ?」


私「最近さ… 


  ウチの嫁と娘の機嫌を損ねちゃって 大変なのよ我が家は…


  でね、君(医者)がね、ちょちょっとカルテを何して


  ナニをアレしてくれればね、嫁と娘が買い物行って 


  御機嫌を直してくれると思うんだけど… どうする?」


すると 2代目開業医は「ウォッホン!!」と 大きく咳をして…


「こりゃ 重傷だな… ウン、全治 もっとかかるな… ウン。」


そして、待合いのロビ-で缶コーヒーを飲んでたウチの嫁を呼び


医者「あのさ、旦那の足なんだけどさ、


  この前に診た時より悪化しててさ、


  あの時の ほら、保険の用紙を 悪いけど 


  もう1セット貰ってきてくれないか?


  これじゃぁ、書き直さなきゃ駄目だわ」


すると、嫁は 即座にパッと立ち上がり


「ホントに? ちょっと待って 車に予備の積んであるから取ってくる…」


診察室を出ていく後ろ姿を眺めながら…


医者「さすがだな… 予備、持ち歩いてんだ…^^;」


私「 … (絶句)」




心なしか、病院からの帰りの車中は 嫁の御機嫌が良かった。


「アナタ、晩御飯 ナニか食べたいものある?


 美味しい物を食べて 早く良くなって貰わないとね」




「ナニか食べたいものある?」


嫁が私に 優しく、そう聞いてくれたのは、かれこれ数カ月ぶりだ…


それに気がついた途端、泣きそうになった。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『闘傷病記(?)』関連の記事

コメント

保険金って。。。騙してもらう(゚∀゚ )\(-.-メ) バキッ。。。有効的にもらうもの だったんだ。。。勉強になったなー

でも。。。また被爆した。。。o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

Aflacはだまさなくてももらえるかな?Σ(^∀^;)


鬼畜だ。。。

へ?

私は ただの儚い患者なんで…

詳しい事は よく判らないんです^^;

>嫁が私に 優しく、そう聞いてくれたのは、かれこれ数カ月ぶりだ…

「何かを失う事は、何かを得る事」
亜紀の言うとおりですなぁ。

ブタネコさんごめんなさい!
PCがおかしな動作で重複してしまいまいした。
重複分削除おねがいします。

★ うごるあ さん

まったく その通りで…^^;


★ 深刻なセカチュー病患者 さん

ほい 御依頼通り削除しました。

ちょっと気になったことが・・・

愛人28号って美人?^^;

一家の大黒柱の怪我を喜ぶ家族って・・・
orz

それとなんかここにコメントかきこむとエラーでたり、激しくおもかったりするのは私だけでしょうか?

★ taku さん

御想像にお任せします^^


★ くま さん

すいません 今朝から さっきまで不具合が生じてました^^;

赤いきつねも?!(・∀・;)☆\(-.-メ)バキッ☆\(-.-メ)バキッ

赤いトラクタ-もです (=`^´=) 

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。