« 雑感(9月5日) | TOPページへ | 選挙に思う。(その2) »

2005年09月05日

● ねずみの嫁入り


『セブンイレブン・フェアリーストーリーズ「ねずみの嫁入り」』なる 東京FMの放送を…




zekuwのひとりごと (想いのままに…)』さんの情報により聴く事が出来た。


もうね、子供の頃 母親に睡眠薬代わりに絵本を読んで貰う状況って きっと、こうなんだろうな…と思った。


この「思った」と言うのは 私には そう言う記憶が無い。


もしかしたら 読んでくれたのかもしれないけど 幼すぎて覚えていないのかもしれない。


しかし、綾瀬はるかの朗読を聴いていたら きっと、こんな感じだったんだ… 絶対、そうに違いない。




私が かねがね「綾瀬はるか」という女優さんを高く評価し 大のお気に入りなのは カワイイから…とか お○○いがグレートとか、そんなのが理由では無い。


同年代の他者には なかなか見受ける事の出来ない演技力であり、何よりも 声のトーンなのである。


演技力と声のトーン この二つを兼ね備えている女優さんによる 朗読やナレ-ションは もうそれだけで 立派な作品となる。


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」を高く評価する視聴者は多い。


そのドラマ内で用いられた カセット・テープの交換日記 DVD-BOXを買った時に オマケでついてきた カセット・テープを聴いて それだけで 私は壊れるほど泣けた。


でもね、セカチュ-・ファンを自称されている方が多い割には 彼女のナレーションの巧みさを褒める人が少ない。


それは、下手くそだから褒めない…のでは無い。


あまりにも見事すぎて 自然に受け止めてしまい、その本当の凄さに気づいていないだけなのだ。


オマケのカセットを聴いていて 私は それを実感した。


もし、そのオマケのカセットを持っていない方ならば 試しに、1話のラスト 防波堤で告白する時のシーンの テープを聴き、


9話の

朔ちゃん 昨日、夢を見たよ

電話が鳴っていて、そっちの方に歩いていくと

真っ青な空があるの

あれはきっと ウルルの空だよ

朔ちゃん、空がみたい

一度しかない最後なら

私、世界で一番青い空が見たい


そして、10話の

白血病で死ぬことが

わたしの運命だったとしても

そんなものに

わたしの17年をつぶされたくない

きっと生きたいように

生きるために

生まれてきたから…


少なくとも この3場面を 画面を観ずに 声だけ続けて聴き比べてみるといい。


どれも、綾瀬はるかの喋りだから 同じ人の声だって事は 直ぐ判る。


でもね、元気な時、病に苦しんでいる時、決断して 吹っ切れながらも 病状の深刻さから やつれきった喋り…、それが ちゃんと声だけで演じきれている事が判る。


第7話のラストで 入水自殺をしようとする亜紀と それを止める朔のシーンを 芝居の神様が舞い降りたシーンと評するファンは多い。


その意見に対して 私は反対しないけど、「綾瀬はるか」のみについて言えば このナレーションこそ 神と言うより 天使が舞い降りたと思えるぐらい秀逸だと思う。


この事は「雨鱒の川」という映画のメイキングDVDで 綾瀬はるかがナレーションをしており、その録音風景も入っているのだが、それを観て 私は ますます確信となった。


画像

【画像は兎燕さんから パクリです^^;】


「この娘のナレーションは 素敵だ…」と。


で、そんな娘が担当した「ねずみの嫁入り」


もう、何とも言えないぐらい素晴らしい。


昔懐かしい番組「にほん昔話」を 常田富士夫や市原悦子では無く、綾瀬はるかでリメイクして放送して欲しい… 心の底から そう思った。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『綾瀬はるか』関連の記事

コメント

姫の声質、そして感情を込めた物の言い方、全てにおいて心に響きますね。

インクレも良かったし(・∀・)

来年は語学系の番組に出演しないかな~なんて(〃 ̄ー ̄〃)

ホント、ホッとする声ですよね。

ブタネコさん(もちろんtakuさんにまで)はまってしまったという??
セカチュー病末期の患者です。(多分ブタネコさん同年代)
そうなんです!ずっと気になっていたのです。
亜紀(はるか)ちゃんの声って加工してるなかって。
透明感が溢れ、不思議なエコーがかかった声の数々。
「サクッゥ」あの響く声。
もし、もし、地声ならそれこそ神の仕業です。

原作に惚れていたから(それもウン10年前読んだ)手を出せないでいた
【雨鱒の川】借りる勇気が湧いてきました。
あの声を確認するために。
ブタネコさんThank You!

★ Wen さん

ホント、良いよねぇ…

足首の痛みが和らいだもの。^^


★ 深刻なセカチュー病患者 さん

くれぐれも レンタルするのは【雨鱒の川】の
メイキング版のDVDですよ^^

じゃないと ナレーションを聴けませんので^^;

メイキング版DVDですね。
お聞きしなければ、DVD再生前後で天国と地獄になるところでした。
(亜紀は「そんなもの無い。」って言ってましたけど。)

でも、一度でいい、あの声で、不意に名前を呼ばれて見たい・・・

おはようございます。
カウントが、22万になっておりました。
おめでとうございます。
昔話が今見尚されて、ブームになってきてるそうです。TBSなら昔、市原悦子さんと常田さんでしたか・・ひげのお方は名前がうろおぼえ
はるかちゃんも、とてもやさしいいい語り部でした。

takuさんのところで、燻しすぎて燻製とありましたが、ふと、おふたりの仲のよさから、イソップ物語の、『ねこにすず』を思い出し、遠山のお裁きの物語については、『猫に小判』を想像してひとり笑いいたしました。私も、治療費払うようですか、閲覧料
ねこさんに関することわざや、物語は多いんですね。

まったく余談です。ロイズは、お取り寄せするんですが、ポテトチップにチョコがかかって、甘さと塩が絶妙なんですが、ブタネコさんは召し上がった事がありますか?

★ 深刻なセカチュ-病患者 さん

>でも、一度でいい、あの声で、不意に名前を呼ばれて見たい・・・

あぁ、それは もう願望ですね 私も。

「サク」って呼ばれる名前だったら どんなに幸せだったか…を
考える時がありましたもん。

「作蔵」とか「作之助」とかね^^;

どっかの誰かは あえて「タク」と聴いてるらしいんですけど、
それは「空耳」だと この場で断言しておきます。^^


★ エメラルド さん

>おめでとうございます。

ありがとうございます^^

「閲覧料」など お気持ちだけで結構です。^^

(願わくば ランキングのどれかをクリックしていただければ もう それで充分です^^)


【注意】
徒然なる…旅一座の方々は 別途料金を申し受けます。


>召し上がった事がありますか?

すいません、私 チョコとかアンコ 駄目なんです^^;

ふたたびすみません。
閲覧料元気だせよとクリックしたら、つぎつぎクリックしてしまいました。
旅一座のサービス料も加算されてると思いますので、またポチしておきます。
takuさんのところも押すんですが、ブタネコさまもご友人のためにポチねがいますね。

チョコとあんこがだめなんですか。イメージって恐ろしいものですね。
これが一番・・これがあればご飯何杯でもなんてしりたいなぁ
日本酒で、月見してるおとうさんも似合いそう

★ エメラルド さん

御厚意 深く感謝申し上げます^^

順位なんかは どうでもいいのです。

「あぁ、こんなに応援してくれてる人がいる」

そう思えるだけで 生きていく勇気が湧きます。


ちなみに、私 酒も嗜みません。^^;

明太子があれば 何杯でもご飯いけます^^

なので、明太子を自製してます^^

マイ・メンタイコ… なんか いい響きですね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。