« 雑感(9月8日) | TOPページへ | 悪霊島(鹿賀版) »

2005年09月09日

● 「12人の優しい日本人」


この記事は 1月21日に 今回の記事と同じ「12人の優しい日本人」というタイトルで掲示しましたが、事情があり、今回 リメイクして掲示する事にしました。




記事をリメイクしましたので、以前の記事は、頂戴したコメントも含めて削除しましたので どうか 御了承願います。^^;


12人の優しい日本人


「12人の優しい日本人」(1991年)


脚本:三谷幸喜 と 東京サンシャインボーイズ

【登場人物】

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

以上 陪審員12名と

12人の優しい日本人

それと ピザの配達員として近藤芳正の 全部で14人。


元々は「十二人の怒れる男」という題名でヒットした洋画のパロディという見方も出来るのだが、私は先入観を抜くためにも 別の作品として観る事を奨めたい。


この作品は 10数年前に 日本の裁判に陪審員制度があると仮定して 12人の陪審員に選ばれた ごく普通の人々が ある事件の被告に対して どの様に裁くべきかを話し合う…というスト-リ-だが、


12人の優しい日本人


難しい法律用語は殆ど出て来ず ごく普通の人が ごく普通の感覚で審理を進めていくところに脚本の絶妙さがある。


12人の優しい日本人


数年後、日本でも陪審員制度が実験的に実施される事になっている。


12人の優しい日本人


それを考えると この映画の様な珍妙なシーンが もしかしたら展開されるのかもしれないと思うと それが良い事でもあり、良い事と思えない部分もあり、考えさせられる問題なのかもしれない。

12人の優しい日本人


ここに登場する12人の陪審員は 実に典型的な日本人の12個のパターンとも言えるわけで それぞれのキャラクタ-が見せる仕草や考え方 発言内容等々、実に興味深いのである。


ある暇な日に たまたまケ-ブルTVで放送しているのを目にしたのが この作品に触れたキッカケだったが、見始めた途端、最後まで ずっと吸い付けられるように 中だるみも無く、飽きずに観てしまった。


12人の優しい日本人


豊川悦司という役者の魅力にハマった作品でもある。


ネタバレは避けたいので内容には触れないが、ひとつだけお許し頂くと この作品を観る際、ピザが好きな人は 出来るだけ食べながら観る事をお奨めする。


私は、この作品を見終わった後 無性にピザが食べたくなってデリバリ-を頼んだからだ。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『三谷幸喜』関連の記事

コメント

ブタネコさん、どうも。
「十二人の怒れる男」に感動した者としては、是非見たいと思います。三谷脚本だし。
しかし、日本の「裁判員制度」はどうなるんでしょうね。

 クラヒー!! ブタネコさん、お加減はいかがですか~?? 

 『12人の怒れる日本人』、私も好きです。私は、この作品は『・・・怒れる男』を観てから鑑賞した方が面白みが増すように思います。三谷脚本は当然、観客が『・・・怒れる男』を観ているものとして、彼らしい遊びを盛り込んでいますので、それがわからないのは勿体無いです(笑)。

FORREST

★ オカダ さん

過日、日本の「裁判員制度」を浸透させるために法務省が
役者を使って作った啓蒙ビデオを観たんですが…
その時のアンケートの感想の欄に この映画を観た方が
実感が沸く…という旨を書いたら 嫌な顔をされました^^;


★ FORREST さん

ども、いつも御世話になっております^^

>『・・・怒れる男』を観てから鑑賞した方が面白みが増すように思います。

それも一理だと思います^^

実際、私が そうだったし、仰るとおり

>彼らしい遊びを盛り込んでいますので、それがわからないのは勿体無いです

という部分も 激しく同感です。

ただ、『・・・怒れる男』を絶賛される方の中には この作品を
激しく罵倒される方も多いので あえて そう述べました^^;

 『・・・怒れる男』ファンの一人としては、純真で熱烈なファンの方々が気分を害される気持ちもわからないではありませんが(苦笑)、ミステリー作品で、自分の推理や予想が見事に外されることに怒りや不快感ではなく、「軽い衝撃と心地よい爽快感」を覚える映画ファンであれば、やはり、『・・・怒れる男』を先に観てほしいですね。

FORREST

★ FORREST さん

>「軽い衝撃と心地よい爽快感」

軽い…というより けっこうインパクトありましたよ 私には^^

でも、心地よい爽快感と言う部分は 激しく同意です。

私はジンジャーエールを飲みたくなりました。

★ conb さん

お、あいかわらず 良いトコ 突くねぇ^^;

遅ればせながら(^^;

ジンジャエールもピザもよーく気持ちがわかります(笑)

BSで舞台版を見ました。今年のお正月かな。
配役がうまいなぁっていうのが印象でした。まさに適材適所。
山寺宏一さんが出てはったのですが、どんぴしゃだったし♪

流れって言うか、なんというか見せ方も、台詞回しも、間合いもいい。
最後でまで、引き込まれるように観てしまいました(笑)

★ meiya さん

近々、久しぶりに再見しようと思っております。^^

(もちろん ピザ食べながら^^)

ブタネコさんおはようございます。
これ、好きで何度も見ました。
保存しておいたのを、あやまって編集中に消去してしまい、ケーブルで再放送する日を心待ちにしてたのを覚えています。
数ヶ月前に漸く確保できましたので、いつでも鑑賞可能になりました。
三谷さんの密室劇は本当におもしろい。
この作品は深夜鑑賞が特に合ってている気がします。

★ とし さん

先日、ある人物に これを観なよと薦めたばかりなんです。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。