« SKY MESSAGE | TOPページへ | 「海猿」 第8話 »

2005年08月23日

● 少年時代(昨日の後日談)


しつこいと思われても仕方が無いけど、ホントに私は ポカリスエットの「SKY MESSAGE」を 7月から ず~っと楽しみに待っていたのだ。

【筆者注】

BGMに井上陽水の「少年時代」が流れていると夢想して以下を読んで下さい。

尚、この記事はSKY MESSAGEという記事の続編です。




昨日、その念願が叶い そのせいか、心のどこかに張りつめていたモノが溶解した。


横一線に並んだ5機の飛行機が 私の視界の左から右へと飛び抜け、まるで、「ポッ、ポッ、ポッ」と音を発するかの如く空に スモークの点を残して その結果、目の前に広がった『POCARISWEAT』の文字は 天候が強風だった事もあり、ほんの数分で霧消した。


しかし、僅か数分の事とは言え おそらく昨日観た光景を 私は一生忘れない。


写真を撮りながら 本当に私は泣いていた。


見れた事が嬉しかった。


ほんの僅かな 青空の隙間が出来たのが嬉しかった。


そして、なによりも画像を見て頂ければお判りの通り、 


【参考画像】『SKY MESSAGE 完成写真1024x768


私の真っ正面に けっして、文字が裏返る事もなく きちんと、狙いすました様に『POCARISWEAT』の文字が並んだ事… その偶然の重なりが 私には まさに奇跡としか思えない。




子供の頃、家族で何処かへ遊びに行くとか、遠足や運動会の前の晩 楽しみで興奮して眠れない… そんな経験が 誰にも一度はあると思う。


歳を重ねて 大人になるに従い、いろんな事に現実感みたいな冷めた思考が働くようになり、前日にワクワクして眠れない…なんて経験は無くなり、子供が出来て その子供がワクワクして眠れず騒いでいると


「ほら、とっとと寝なさい」


なんて事を言う側にまわってしまっていた。


しかし、今回の「SKY MESSAGE」は そんな私が忘れていた気持ちを思い起こさせた。


8月になり、10日を過ぎて 15・16・17と日が経つにつれて


「いよいよだ…」


心の底から そんなワクワクがこみ上げ もう、楽しみで楽しみで…


それが、一度は悪天候で中止になった時、運動会の当日に 降りそぼる雨空を恨めしそうに見上げた少年の日を思い出す。


40過ぎたのに まったく変わらない自分が そこにいたからだ。


で、昨日 奇跡の光景を目の当たりにして 敬虔なキリスト教徒なら


「神よ 感謝します」


ってな台詞を呟くのだろうけど、宗教嫌いの私としては そんな事は全く感じず、


「俺の強運は まだ、少しも衰えていない…」


と、自分の「運」の強さを自信過剰気味に再確認しつつ 泣きながらカメラのシャッターをきっていた。


さて、空中ショーが終わり 帰宅した私を 嫁と娘が笑う。


左右それぞれの足に違うサンダルを履き、作務衣姿でカメラを持ち 汗だくで それも目を真っ赤に泣きはらし ヨレヨレになって一家の主が帰宅したのである。


「ウチの窓から 充分、見えたよ」


娘の その呆気ない台詞に、近所のマンションの8階まで上がった疲れがドッと出た。


「そんなにしてまで 観たかったの?」


と呆れる嫁に ただ、コクンと頷く事しか出来ない私。


もうね、念願叶って放心状態だったのだ。


でもね、まだ私には 仕事が残されている事を忘れていない。


それはカメラのフィルムを現像して きちんと写っているかどうか それが確認できるまでは 一連の作業を終えたと満足しちゃイケナイのである。


私は 愛車を走らせ、写真屋へと向かう。


写真屋の親父に


「これ 現像頼んだら いつ出来る?」


「そうだね、普通なら 明日の午前中かな」


そう応える親父に


「”普通”じゃなくて”異常”だったら いつ出来る?」


そう聞いている私が”異常”だった。^^;


言ってしまって 自分の発言のトンでも無さに気づいたが後の祭り


「へ?」


と言い キョトンとしている親父に


「あ、大至急やれって言ったら いつ出来る?」


すると親父は ようやく話が呑み込めたらしく


「あぁ、45分、余裕みて1時間貰えれば…」


「じゃ、それで 大至急」


「いや、ウチの店18時迄なんだけど…」


壁の時計を観ると17:30


「何だよ? 30分の残業手当ぶんぐらい払ってやっから 大至急、OK?」


気迫に負けたのか、残業手当に欲が転んだのか 渋々、応じる親父




近所の喫茶店で時間を潰し、ほぼ1時間後に写真屋に行くと…


「ねぇ、アンタ この写真 いつ、どこで撮ったのさ?」


と 待ち構えた様に親父が言う。


「今日だよ つい、さっき…」


すると親父が


「ホントに? 今日飛んだの? 何だよ、俺も これ楽しみにしててさ… 19日と20日 店締めて 撮りに行くつもりだったのよ… なんだ…、てっきり 昨日で中止になったと思ったに… あぁ、知らなかった…」


プリントを店のカウンターに出し並べて 出来を確かめる。


露光がオーバー気味で 全体が薄くなってしまっているのは 急な事だったのを思えば仕方がない。


けど、自分なりに 納得出来るものが数枚あり、また私の目頭は熱くなる。


写真屋の親父も 一緒に観ながら「お、これ いいね」なんて言っており、その一枚を 出来るだけ引き伸ばして 額に入れて飾ろうと思った私は それを告げると 写真屋の親父は 


「お客さん その写真、俺にも一枚貰えないかな? そのかわり、引き延ばしはサービスしてあげるよ、それと 引き延ばしの作業、普通なら明日の午前中には上げられるんだけど 出来れば明日1日、明後日の昼まで時間をくれないかい? 焼き付ける時に 少し、濃度調整して 空と文字のコントラストをクッキリさせられると思うんだ…」


私は 親父の好意に感謝して写真屋を後にした。


車に乗って ちょっとだけ走り、周囲に人気が無い場所にいったん停めて 車内で もう一回 袋から写真を出して見る。


特に、一番 出来の良い写真を ジーッと観て、おもいっきり車の中で


「イヤッホー」


と奇声を叫んでみた。


写真は ちゃんと写っていたのだ。


本当に嬉しかった。


家で泣くわけにはいかないから 今のうち車の中で泣いておこうとも思った。


そして ラジオをつけ さらに、タバコに火をつけたら


ローカルFMから


井上陽水の「少年時代」が流れてきた。


なにげに 曲の詞を聴いていたら



   夏が過ぎ 風あざみ

   誰のあこがれに さまよう

   青空に 残された

   私の心は 夏模様

   夢が覚め 夜の中

   永い冬が 窓を閉じて

   呼びかけたままで

   夢はつまり 想い出のあとさき


   夏まつり 宵かがり

   胸の高なりに 合わせて

   八月は 夢花火

   私の心は 夏模様



青空に 残された 私の心は 夏模様


だからね、久しぶりに「少年の心」を取り戻したようで 嬉しいような気恥ずかしいような…


でも、本当に 






良い夏の思い出が出来ました ^^


以上。




【管理人追記(8月23日)】

このブログを観て下さった方から 写真の大きなサイズを…という 御希望が多く寄せられましたので 1024x768を用意しました。 ^^

SKY MESSAGE 完成写真1024x768




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ポカリスエット関連』関連の記事

コメント

しつこいようだが・・、北の台地は、いい人が多いような気がします。
そうやって人と係わり合い、すてきですね。
私も、写真ほし~い。
一瞬ブタネコさまを、すきになりかけました。

少年時代の曲浮かびましたよ。私は、童謡?夏の思い出が・・
『はるかな尾瀬♪・・遠い空』名前も、空も出てくるしw

本当に、私にとって、今日の収穫は、人はこころ満たされると、コメント欄もやさしく聞こえるってことでした。


★ エメラルド さん

>一瞬ブタネコさまを、すきになりかけました。

『かけました』… 好きじゃないのか… orz


写真屋店長として一言・・・

迷惑な客だっ!(´ロ`;)ヾ(--;)ぉぃぉぃ

ブタネコ様、はじめまして^^
いつも勝手に拝見させていただいてます^^
(楽しみにしてます^^)
ブタネコ様のうれしい気持ちがこちらにも
伝わってきました。
私もスカイメッセージみたくなりました^^


お気に入りの写真を大きく表示してみました。

おそらく引き伸ばされた写真と 構図は そんなに変わらないと思います。

画質は やっぱ、写真にかないませんが…^^;


『SKY MESSAGE 完成写真1024x768』


どぞ、お楽しみ下さい^^


★ taku さん

そっか… 写真屋でエキサイトしかけたのは そのせいだったんだ…^^;

どうです? プロの目で今回の写真は…


★ まき さん

コメントありがとうございます。^^

今後とも 宜しくお願い申し上げます。

もうね、嬉しいなんてモンじゃないです。

2・3発 殴られてもヘラヘラ笑ってそうなぐらい 御機嫌です^^

完成写真見せていただきました。
素人目には完璧、美しい出来じゃないですか!
ここまでの経緯知ってるだけに、よけいにすばらしく見えますよ。
takuさんに頼んで、亜紀の病室の一枚に紛れさせてもらってください。

>「”普通”じゃなくて”異常”だったら いつ出来る?」

思わずふきだしました
必死ですねぇ・・・

ブタネコさん、お久です。

>井上揚水の・・・ → 井上陽水じゃなかったっけ・・・^^
揚げ足を取るようで申し訳ないのですが、

あっ、takuさんも突っ込みを入れないでね^^
人間誰にだって間違いはあるんだから・・・^^

おめでとうございます。実は主人もこのキャンペーンを楽しみにしていて(はるかちゃん大好き人間)名古屋の予定日、そわそわして空の様子を伺っていたのですが、怪しい天気・・・
 主人曰く、名古屋は万博やってるから、絶対この空当たりに決まっている!我が家は万博会場の直ぐ側です。何度もベランダを出たり入ったりしたあげく、PCで本日中止のお知らせ、えーー!!やらないのかよーってすっかり落胆してました。
 ところが、暫らくして、小学校の息子が、「今日ねープールに入ってたら、空にポカリ・・何とかって雲が出て皆ビックリして見てたんだ」一瞬の間があり、「お前見たのか?あーーーー」
主人の落胆振りと、息子の呆れ顔、・・・まあ無欲が一番ってとこなんじゃないと、内心こっそり冷ややかに笑って、「しょうがないよ、天気ばかりはねー」一応フォローはいたしました。
 でも本心は私も見たかったです。

★ 虎馬 さん

御覧頂けましたか… ^^

でっかく引き伸ばして3000ピースぐらいの ジグソー・パズル作ろうかと
真剣に考えているところです。^^


★ うごるあ さん

>必死ですねぇ・・・

当たり前じゃないですか^^


★ 雄きち さん

すいません、チェックして直したつもりだったんですが…

きっとtakuさんが 忍び込んでやったんですよ^^;


★ yumi さん

御主人のお気持ち判ります^^

一昨日まで 本当に、私 そうでしたから^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。