« 指先の花 | TOPページへ | FINE DAYS »

2005年08月18日

● 真夜中の五分前


個人的に 本多孝好という作家に注目している。




以前、このブログで『MISSING』という記事を掲示した際に述べたのだが、本多孝好の作風とでも言うべき


『切ないような、甘酸っぱいような… ちょっと肌寒いような… 上手く言えない』


そんな感じが 個人的にハマってしまって すっかり、ファンになってしまった。^^


実は 本屋で本多孝好の本を 他にも買ってきていたのだが、いつの間にか書斎の 私の机から消えており、すっかり それに気づかずに過ごしていたのだが、数日前 娘が


「ごめん 借りっぱなしにしちゃってた」


と言って 抱えてきた数冊の本の中に その本多孝好の本が2冊(正確には3冊)含まれていて


「この 本多孝好の どうだった?」


と、娘に聞くと


「なんか、上手く言えないんだけど 面白いよね。

 もし、新刊買ったら 直ぐに貸してね…


 あ、そういえば ママがファンになっちゃったみたいよ


 その人の 」


と言う。


そか、嫁や娘に好評なのか…

(じゃ、オマエラが買えよ(ToT))


まぁ、そんな事は どうでもいい。




画像

「真夜中の五分前」side-AとB 全2巻


作者の意図なのか 編集者の意図なのか 本当はA・Bに分けず、1冊の本でも良いような気がする。


けど、それぞれが独立していて それなりに楽しめるし、2冊に分けられているからこそAのストーリーを楽しんだ後に あらためてBを楽しむ… そういう趣向も悪くない。


物語の展開上 Bは Aよりも ある程度期間をおいた後の話であるから、このように二つに分けて 読者も一服し、物語の空白期間のように 僅かながらも時間をおいて読み始めたほうが趣がある。


しかも、相変わらずの雰囲気が漂う作風だから 一気に読めてしまうぶん、少し味わいながら読みたい…という気持ちも働く。


この 本多孝好という人の描くストーリーは ラストを読み終えた後、なにがしかの「?」という疑問というか 不思議というか 謎というか そんなものがつきまとうのだが、だからといって 不愉快になるわけでも無く、物足りない気持ちになるわけでもなく、


「まぁ、あまり 考えない方が良いことなのかもしれない…」


と、物語の主人公達と同じ様に 奇妙な納得の仕方が出来る説得力がある^^


だから、いつもきまってポワ~ンとした雰囲気を読後に味わうのだが、それが 実に良い。


こうやって述べていて、自分でも 何を言ってるのか よく判らないので、この記事を読んでいる人には 到底、判って貰えそうにないだろうとは思う。


なので、御一読を薦めます。


少なくとも 私が何を言いたいかは判ってくださると思うので…^^;




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本多孝好』関連の記事

コメント

ブタネコさん
毎度です!毎日暑いっすね
こちらにも今し方、トラバの再送をチャレンジしてみましたが・・・
うまく完了してますでしょうか?
度々、こんなカタチでチョロチョロとお邪魔して、すみません(笑
また、遊びに来まっす♪

★ ゆきち さん

札幌も 今日は暑いです^^;

ところで、16:38分現在 TB着信を確認できてません

すいません、調子が悪くて^^;

本多孝好さんのホームページに書いてあったと思いますが、「真夜中の五分前」はどうしても「sideA、sideB」に分けなければいけなかったそうです。本多さんご本人のお考えで明確な理由は述べられてませんが。。。

★ じゃべりっく さん

で?

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。