« 幻のテープが2本 | TOPページへ | 指先の花 »

2005年08月16日

● 「海猿」 第7話


「海猿」 第7話を見た。




内容は決して、悪く無い。


しかし、何か物足りない。


率直に言うと 今回は 先週の第6話の終盤と 放送終了時の予告編で過度な期待をし過ぎた。


「査問委員会」なんて言うから 


「え? 過剰防衛でもしちゃったのか?」


なんて思ったが、ただの事情聴取だし、


「俺は この手で人を殺した…」


なんて言ってるから 派手にブチ殺したのかと思いきや 見た感じ、


「射弾が直接命中した訳では無く、自爆か 可能性は薄いけど誘爆によるもの…」


映像からは そう思った。


まぁ、私のようなロクでなしが言うのもナンだが、今回の状況で


「人を殺した…」


と悩むストーリーに持っていくのは 少々、無理を感じたのだ。


これは 脚本のせいと言うよりも 演出の責任だと思うが、射撃の様や 不審船が爆発する様などの いわゆる戦闘シ-ンの表現の拙さは コレに限った事でも 今に始まった事でも無い。


もう少し なんとかならないものかなぁ…



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『海猿』関連の記事

コメント

ブタネコさんこんにちは
不審船は、爆破しちゃったし、自分たちを
責めすぎでしたね。
目の前で人が倒れたというならまだしも
撃ってる状況からは、当たったかどうかも
わかりずらかったですよね。

★ まりこ さん

「自分達を責める」そういう設定の物語にしたいのなら そう言う映像にするべきで、
昨夜の映像で「自分を責める」のは かなり違和感でしたね^^;

ま、全てを完璧に求め過ぎちゃ いけないんでしょうけどね^^;

ブタネコさん初めまして、海猿の感想にグッときてしまいましてついカキコしてしまいました。特に第三話の感想は目頭が熱くなってしまいました…
不審船の銃撃…自分は大輔たちが人を殺したかどうかの事実は海から浮かんできた「うっすらと赤い手袋」で暗示したのかな…と思いました。
とはいえ「自分を責める」という内容に持ってくのには若干映像としての説得力欠けていましたよね…特に大輔は実際に撃つシーンもないので。

★ ロボット刑事KK さん

どうなんでしょうねぇ^^;

ま、今週 どうなるか…が、楽しみです^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。