« ブタネコ的 アキ父の考察(8,9) | TOPページへ | 「海猿」 第7話 »

2005年08月16日

● 幻のテープが2本


記事を書くのに 画像を整理していたら 「あれ?」と気づいた事があった。



ウルルへと旅立ったアキ、彼女が旅立つ時、彼女が寝ていたベッドの上に いろんな人達に宛てたメッセージを吹き込んだ、カセットテープが残されている。


11話


で、上の画像のシーンに続いて ベッドの上のテープがアップになっていくのだが、そこを見てたら…


11話


この上の画像 ちょっと文字が小さくて読みづらいかもしれないのは どうか御容赦^^;


で、ベッドの上のカセット・テープ 上の段の3本は 左から


「智世へ」「中川君へ」「大木君へ」


いちばん下の3段目は


「お父さんと お母さんへ」


「あれ?」と思ったのは 真ん中の段の 一番左 そこには


「サクちゃんの

 お父さん お母さん

 芙美子ちゃんへ」


と、書かれている。


そして、真ん中が


「佐藤先生へ」(主治医)


真ん中の段 右端が


「谷田部先生へ」


「サクちゃんの 

 お父さん お母さん

 芙美子ちゃんへ」


そして、


「佐藤先生へ」


そんなテープまで置いてあったんだね…


今日、初めて気づいたよ^^;


今まで、何度も見てたんだけどなぁ…


いまだに、こんな発見があるなんて…


深いなぁTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」は^^;



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『TVドラマ版』関連の記事

コメント

この2本のテープ、聞きたいですね。
朔の家族宛などは、長いものなのでしょうね。

あと、内容不明なのが、亜紀が入院した頃に吹き込み、
真パパが一旦取り上げ、後に朔に渡されたテープですね。
封筒の中には4本くらい見えます。
こちらは、朔に会いたい気持ちがいっぱいでしょうね。

あ、いかん。想像しただけで、うるっと来てしまいました・・・

おはようございます。
ブタネコさまもうすでに気が付いてらっしゃると思ってましたが、知らない事もあったんですね。

特別編で、谷田部先生が、差し入れというか亜紀のお見舞いの品にカセットテープ持って病室に来てましたから、それでたくさんの方に残せたんだなと思いました。

★ hiro さん

御心中、お察し申し上げます。


★ エメラルド さん

いえいえ 知らないことはいっぱいありますよ^^;

これねぇ・・・
DVDの特典に入ると思ってたんですよねぇ・・・
(´・ω・`)ショボーン

幻のテープですね・・・

でも、個々でいろいろ勝手に妄想できていいかも。

でも聞きたかったな~
同じく(´(・)`)ショボーン

★ taku さん

「サクちゃんの お父さん お母さん 芙美子ちゃんへ」

なんて聴かされた日には 爆泣きしそうです。

タイトルみただけで 目頭が熱いんだもの


★ Wen さん

互いに 妄想しましょう^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。