« ブタネコ的 アキ父の考察(7話) | TOPページへ | ブタネコ的 アキ父の考察(8,9) »

2005年08月15日

● 小野田少尉・遅すぎた帰還


フジ系で放送された「小野田少尉・遅すぎた帰還」を観た。




おぼろげな記憶だが、1972年に 


「ルバング島で 地元民が山賊と戦闘になり、その際に射殺された山賊を調べたところ 元、日本兵の「コヅカ」なる人物で 「オノダ」という、仲間が その場から逃げ、未だ山中に潜伏中…」


そういう内容の報道に触れビックリした事を記憶している。


その少し前に、元日本兵「横井」氏がグアム島から帰還し 戦後28年経って尚、戦争を継続していた日本兵がいた事に驚いたのだ。


その頃、ニュースを見ていて 実に不思議だったのが、何故 大々的に捜索隊を送らないのか? 子供心なりに 不思議でならなかった。


というのは 当時の報道では 何故か、「小野田寛郎少尉」と 人物が特定されて報道していたから、当時の戦友達や上官などは 何を見かねているのだろう?


勝手に、そう、想像していたのと 戦後28年間、生きながらえていながら亡くなった「コヅカ」氏に対し もの凄く、可哀相に思ったからでもある。


その後、日本に帰還した小野田さんの記者会見の放送も 当時、テレビで見た。


で、正直に申し上げるが その時の記者達の質問に対し、小野田氏が応える内容が あまりにもチグハグで 本当に申し訳無いが 私は 小野田氏が精神的に狂ってしまわれているんじゃないか? そう思ってしまっていた。


当時、横井さんが帰還した際に述べた


「横井庄一、恥ずかしながら帰って参りました。」


という台詞が 今で言えば 流行語大賞を間違いなく受賞できる程流行っていた時期で、無責任な聴衆は 小野田さんからも そんな一言が発せられるんじゃないか?と期待していたフシがあり、だから 余計に、小野田さんの発する一言はチグハグ感が強かったのだ。


しかし、一緒にTVを見ていた 私の実父は その姿を見て


「コイツは大したモンだ…」


と 呟いていたのも印象的だったから覚えている。




その後、だいぶ経ってから 何かの雑誌で 小野田さんが対談で語れている内容を目にした時の事である。


それは もう、今から何年も前のことなので どんな雑誌だったかすら覚えていないのだが、ルバング島で どんな風に過ごし、どんな事を考えていたか… それらの事について小野田さんが語られていたのだが、それを読んで これまた大変失礼な話だが、


「あれ? この人 狂ってる訳じゃ無かったんだ…」


と、感じたのであるが、なにせ 紙面の関係で充分な会話を掲載していたわけじゃないから コヅカ氏の事とか 私の知りたいと思った大部分が その紙面には無かった。


しかし、今回の放送で 大部分が補完され ようやくスッキリした気持ちになれたのと同時に 帰還直後のインタビュー場面で


「この人 狂ってる…」


そう感じたのが 実は大きな誤りで誤解であった事を知り、ただ恥じ入るばかりである。


小野田さんは 単に命令に忠実なだけだったんだ。


周囲から、特に現代社会から(私が最初の報道に触れた1972ですら) そんなバカな…と思われるほど 命令に忠実なだけだったんだ。


でも、それが 太平洋戦争中の風潮だったとすれば いろんな事が 違う解釈で成立する事の証ともなる。


「軍では 部下は上官の命令に絶対服従」


これは 今では一般社会では ナンセンスとして受け入れられない方が多い考え方となってしまっている。


我々の父親の世代は「戦後、日本は大きく変わった」と言いながらも「会社・仕事 優先で組織に準ずる」その風潮は未だ拭い去れてないと思われる。


その考え方を思えば コロコロと転職していく現代の若者の姿を納得するのは難しい。


逆に 現代の若者感情から言えば「上司の馬鹿な命令に どうして抗わないの?」という感情に至り、そもそもが滑稽に映ってしまって理解の範疇を越えるのであろう。


ただ、なんとなくなのだが 最近の子供達は 心のどこかに「このままじゃマズイぞ」といった危機感みたいなものを感じている子が多いのか 今までにないぐらい真剣に聞こう(知ろう)とする姿勢を見せる子が増えてきた感もする。


個人的には それはとても奨励したい事なのだが、重要な事は そういう子供達に 正しく教えてあげる事の出来る大人が 現代には とても少ないと思える事である。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『戦争関連』関連の記事

コメント

同じ番組の記事を自分もUPしていたので思わずTBさせていただいちゃいました^^
それにしても、小野田氏の精神力はすさまじいものがありました・・・
当時の教育精神の影響ももちろんあるのでしょうが、強靭な精神力を持ってたんだなぁ・・・

 クラヒー!! ブタネコさん、こんばんわ~。小野田少尉役の中村獅童は好演していましたね。セリフが現代的なのが少々気になりましたが、雰囲気は良かったと思います。聞くところによれば、彼は小野田寛郎氏ご本人と会って、「気をつけ」や「敬礼」を直接指導されたとか。彼の眼光の「本気さ」は小野田氏譲りなんですね。

 生還した彼が島田伍長の墓参をし、小塚一等兵の仏前を訪れるシーンでは目頭が熱くなりました。特に、「これが小塚君が大切にしていた小銃です」と白い包みから歩兵銃を取り出し、老いた父親がうやうやしく両手で受け取るところは思わず、落涙。

FORREST

中村獅童の番組宣伝は二三度見ました。何の宣伝なのか判らず、「男達の大和」なんだろうかと思ったほど頓珍漢な私でした。

番組を後半から見ました。小野田さんのこととようやく知りました。上官から任務解除の命令を受ける所ではわたしは泣けました。

戦死した部下の実家を訪ねるシーンはよかったですね。的確なセリフと的確な映像に唸りました。背景が鮮明に想起されます。タクシーもきちんと当時のセドリックでした。

「亡国のイージス」にガックリしたところにこれを見て、イライラが払拭された思いがしました。

中村獅童さんの演技は秀逸でしたね。

小野田さんの日本に帰還された時の、戦士の野生の眼光と、今現在の優しい眼差しに、ジャングルでの凄まじい闘いの日々を感じました。

陸軍中野学校の凄まじいまでの教育も感じました。
上官から命令解除を下達される所は、涙涙でしたね。
今はただ、本当にお疲れ様でございましたといった気持ちで一杯です。

★ Wagner さん

>強靭な精神力を持ってたんだなぁ・・・

ホント そうですよねぇ…

私も嫁に精神力は日々鍛えられてますが まだまだ、だなぁ…^^;


★ FORREST さん

>生還した彼が島田伍長の墓参をし、小塚一等兵の仏前を訪れるシーンでは目頭が熱くなりました。

帰還後、真っ先に 靖国神社と 戦友の自宅を訪れる所に 人物像が窺え、私も頭が下がる思いで落涙しました。


★ Shino さん

>上官から任務解除の命令を受ける所ではわたしは泣けました。

今更、言える事では無いのでしょうけど もっと、早く言ってやる事、出来なかったんですかねぇ?

他にも まだまだ、小野田さんのような日本兵が多かったんじゃないか?と思うと忍びないです。


★ Wen さん

>今はただ、本当にお疲れ様でございましたといった気持ちで一杯です。

まったく、同感です。

「上官の命令は絶対である」
小野田さんの悲劇は、教えられた方は忘れないが教えた方は忘れることから生じています。
似たような言い回しに
「殴られた痛みは忘れないが、殴ったことは忘れる」
というのがあります。

小野田さんは帰国後、命令解除が遅すぎたと言いつづけてはいません。そもそも、言っても居ないと思います。

中国韓国は、日本に侵略されて酷い目にあったと言いつづけています。

この対比を、何かの機会にここぞとぶつけてやりたいと密かに考えています。

★ Shino さん

>小野田さんは帰国後、命令解除が遅すぎたと言いつづけてはいません。
>そもそも、言っても居ないと思います。

そうなんですよね、そこを どう捉えるかなんですよね…

主張しないと、「言わなきゃ判らないじゃん」とか言う人が多いし、
主張する事が 主義主張では無いと信念を持ってる人がいるのも
現実なわけで…

Shinoさんの仰りたいこと よく判ります。

こんにちは。ブタネコさん。
以前何度かコメントをさせていただきました。
ありがとうございます!
さて、今更この小野田さん記事についてですが、すいませんコメントさせてください。
今年のはじめ小野田さんがついに亡くなり、改めて慰霊の気持ちを込めて彼の書籍を読み返しております。
ブタネコさんのお父様が以前、「こいつは、たいしたもんだ、、、」おっしゃられていたのと同じ、
深くいろいろと考えさせられて「立派な、すごい方だな」と僕も感じました。
気骨のある軍人や先人対して、改めて慰霊の気持ちがわいてきました。
今回調べごとをしていたら、小野田さんの書籍の関係者が下記のことを語っているのを読み、なんだか複雑な気持ちになりました。嘘か真実かは別として、小野田さんの死後に編集者、メディアが一方的に語りだすことに不安を感じてなりません。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20140124-00031918/

★ バンブラ さん

こちらこそ御愛顧頂き恐縮至極です

さて、御教示頂きました記事を読みました。

この件に関して私見を返信しようと文章をタイプし始めたところ それなりに長文になりそうな予感が
したのと、少し じぶんなりに冷静にまとめたいという気も生じた為、数日の御猶予と 返信を記事と
して掲示したいと思っております事をお許し下さい。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。