« ブタネコ的 アキ父の考察(6話) | TOPページへ | ブタネコ的 アキ父の考察(7話) »

2005年08月13日

● どうなってんだ?TBS


まず、冒頭に辺り、「御巣高山」の日航機墜落事故で犠牲になった方々に対して 心より哀悼の意を表したい。




さすがに 今年が事故から20年目という事もあって 8月12日の昨日は関連の話題が多く、TBSとフジでは 特番も放映された。


その特番、双方を見たのだが、何とも言えない気分になる。


いきなりの小言で申し訳無いが、TBSとフジ 双方を見た上で どうしてもTBSに対して問いたい事がある。


番組中、TBSの女性ディレクタ-と日航の元パイロット:藤田日出男氏との関わりが 再現ドラマに登場する。


そして、何処からか藤田氏に送られたボイスレコ-ダ-の公開にあたり 藤田氏が女性ディレクタ-に託す…というストーリーが流れる。


ボイスレコ-ダ-の公開が良い事か否か?について問う気は無い。


私が気になったのは まず、それをストーリー内で描くことによって その女性ディレクタ-が真摯だったんです… そんな事を視聴者に告げたいのかい?と言う事。


それとね たとえ、本人が了解の事と言っても 非公開が原則のボイスレコーダーの入手経路を明かすのって 報道取材の倫理、ネタ元の秘匿という部分に抵触しないのかい?という事である。


ボイスレコーダーが公開された事により 公開されなければ視聴者が知り得なかった事実や 事故調のいい加減さの露呈等に気づけぬままだった事を思うと 公開そのものに関してケチをつける気は無い。


気に入らないのは あたかも、運輸省(当時)の役人や 匿名の誰かが送ってきた…という部分まで公開する必要が 何故あるのか?という事である。


基本的に TBSの報道に以前から疑問視している私としては 単に、女性ディレクタ-の自慢話を押しつけられた様な感がして 違和感というか不快感が残る。


純粋に犠牲者の慰霊とか、事故原因の究明とか、コクピット・クルーの名誉回復とかを目的とするのであれば TBSのディレクタ-がどうこうとか 日航の元パイロットがどうのなんて話は どうでも良い事である。


それよりも、事故調の元委員長や委員の話にある矛盾や 不透明な部分を中途半端にしないで 何故、もっと突っ込まないのか? 私には疑問である。


アメリカの調査官やボーイング社の先行報道により 事故原因が圧力隔壁の修理ミスに誘導された…と言うのなら その反証についてを推論でも良いから それなりに主張すべきである。


で、不思議だったのは TBSの再現ドラマの 一方の主役である藤田氏は 事故報告書にある「急減圧は無かった」という持論を持たれて 圧力隔壁の破壊が事故原因の主要因では無い…と主張されているのは 以前に氏の著作を買って読んでいるので知っていたが、ボイスレコーダーの音声解析により「急減圧が起きてるとは思えない」という事を アメリカの専門家の調査結果として放送したのは TBSではなくフジの番組内で 何故か、藤田氏は フジの番組内で実験機の操縦をしたりもしていた。


TBSの番組終了後 フジの番組を見ていて なんだかなぁ…と思ったのは TBSが再現ドラマの準主役的扱いで 竹中直人に演じさせた藤田氏、そして 藤田氏から厚い信頼を得ていたと 自慢するかのように描いていた女性ディレクタ- そのTBSの番組内では無く フジの方で 肝心の検証が藤田氏自身の出演で放送されていた事である。


これって どういう事なの?


事故を風化させてはいけない…


運輸省が調査デ-タ-を あたかも闇に葬ろうとする事にストップをかけよう…


そう言う主旨は賛成だし 大いに世に問うべきと思う。


しかし、せっかくの そういう立派な主旨も クダラナイ自慢話みたいなのを放り込まれると歪んでしまうとTBSの女性ディレクタ-は思わなかったのかね?


そこが 大いに疑問で不満である。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『マスコミ・メディア批判』関連の記事

コメント

ボイスレコーダーで機長のこれはもうだめかもわからんな。って一言は本当むねがつまります。そのあとも必死に操縦不能の機体を立て直そうとしていることも。
自分はあの事故のときは小学校低学年くらいで、記憶の片隅にある程度で当時はそれほど衝撃はうけていませんでした。十数年後ボイスレコーダーの公開のニュースで聞き、悲しいとかそんなかんじではなく、本当きいていて胸がくるしくなるかんじです。これはいつきいてもおそらくかわらないでしょう。ましてや、ご家族の方たちは一生忘れることはできないのでしょう。それに私たちも忘れてはいけないのだと思います。だからこういった特番がくまれることは悪いことだとはおもいませんが、視聴率かせぎのために、ドラマ仕立てにして誇張して伝えたりするよりは、ありのままを伝えたほうがいいと、TBS,フジ、NHKそれぞれみていておもいました。

★ くま さん

『視聴率かせぎのために、ドラマ仕立てにして誇張して伝えたりするよりは、ありのままを伝えたほうがいい』


ホント その通りだと思います。

判りやすくするための ドラマ仕立ては大いに歓迎なのですが、
殆どと言っていいぐらい ドラマ仕立てには邪心が混じる
そこが 腹立たしいのです 私は。

あの墜落事故で
先に○ーイングの関係者と○軍が墜落現場におもむいた後に
自衛隊や救急隊が現場に入ったという業界話があるんですけど・・・
どう思います?

★ こんぶ さん

お? 子持ちコンブさんになって はじめての登場ですな^^

その節は おめでとうございました。^^

その業界話に関しましては お盆という事で差し控えさて頂き

なには ともあれ、2世誕生 おめでとうございました。
(何も出来ませんケド^^;)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。