« ラストイニング | TOPページへ | 「海猿」 第6話 »

2005年08月09日

● 雑感(8月9日)


大変ありがたいことに、北海道じゃ見る事の出来ない関西方面のローカル番組の映像を



綾瀬はるかなる日々』さんの


御厚意で拝見する事が出来た。


画面には 青いツナギ姿の「綾瀬はるか」がインタビューに答えるシーンだけだったのだが…


終盤、ポロッと彼女が なに気に喋る広島弁


「そうじゃねぇ…」


「綾瀬はるか」だけで ヲタとしては もう充分なのだが、そのうえで お国言葉ときては… もうね、ブタネコ爆沈です。


以前、このブログ内の いくつかの記事でも述べた事だが、私は 訛っている女の子が大好きなんです。


無理に、カッコつけたように標準語、もしくは 渋谷や原宿あたりのガキ娘が喋る言葉を使うのでは無く、コテコテの訛で喋る女の子が大好きなんです。


旅先で 小さい女の子が地元の言葉で喋ってるのを聞くと 


「あぁ、俺は 旅の途中なんだなぁ…」


って実感に包まれて もの凄く、嬉しくなる。


「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみのなかに そを聴きにゆく」


石川啄木が上野駅での情景を詠んだ句ですが、彼は 郷愁で聞きに行く。


私は 旅先で旅情を覚える。


意味は違えど、もの凄く この句にこもる情感が判るような…気になれる。


つい、そういう子供の姿をウットリと眺めていたら 妙に痛い視線を感じ、フト顔を上げると おそらくその子の母親であろうオバチャンが


「オマエ、変質者か?」


みたいな 凄い視線で私を睨んでる。


実際、昔の事だが、岡山の駅前で花壇の縁に腰を下ろして ソフトクリームを食べながらベンチに座って地元言葉で会話をしている女学生を眺めていたら 不意に肩を叩かれ、見ると制服警官で


「何、見てるんぞな?」


と、職質をかけられた事がある。


たぶん、そういう情景を見ている時の私は もの凄くしまりのないエヘラエヘラ状態なのだな。


以降は、出来るだけ 表情に気をつけて見るようにしているが、こうも変質者が横行する世の中では おちおち旅情にも浸れない。


それにしても…


日本全国、いろんな方言があるけれど どうしても私は瀬戸内界隈の言葉に惹かれてしまう。


広島、岡山、愛媛… 特に、この3ヶ所が どうしようもなく好きだ。


私は江田島や呉には 殆ど、物覚えのつかない年の頃、住んでいた事がある。


もしかしたら、その時の幼児体験に なにか原因があるのかもしれないなぁ…。




しかしねぇ…、けっして農家を卑下するつもりは全く無いが、


「ウチ、農家なんです」


あっけらかんと言う「綾瀬はるか」の姿、その天真爛漫な姿に なんか、可愛らしさが高じて涙が出たよ。


ホント、いい娘だなぁ…と。


東京の変な部分に染められずに そのまま伸びていって欲しいなぁ…


さっき、我が家の家庭菜園を見たら トマトも赤く色づいたし、枝豆も とうもろこしも実ってる。


明日の朝は 冷やして食べよ… そう思いながら トマトを眺める午後だった。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2005年)』関連の記事

コメント

>たぶん、そういう情景を見ている時の私は もの凄くしまりのないエヘラエヘラ状態なのだな

多分 目は血走り、鼻腔は広がり、口元からはヨダレが・・・?(^▽^;)☆\(-.-メ)バキッ☆\(-.-メ)バキッ

>明日の朝は 冷やして食べよ… そう思いながら トマトを眺める午後だった。

すでにこの2日程 朝食はトマトの丸かじりなtakuです(笑)

裁判長!!

被告は ただ、風景を眺めていただけの事なのです。

風景を眺める時に どんな顔してたっていいじゃないですか?

( ゚Д゚)_σ異議あり!!

>ソフトクリームを食べながらベンチに座って地元言葉で会話をしている女学生を眺めていたら・・・

女学生は “風景”でしょうか?( ̄ー ̄)ニヤリ

裁判長!! 

只今の検察側の発言は不当です

素敵な風景じゃないですか?

女学生ですよ? 女学生!!

地元言葉という 素敵なサウンドに包まれ 目の前には女学生…

そんな素敵な風景に目を奪われるは罪でしょうか?

傍聴席から


オレも訛ってる娘、好きだけど
度が過ぎたエヘラ顔はまずいんじゃねーのー?

裁判長?

静粛にw

ヘラヘラ証拠写真の掲示を求めます( ^∀^)ゲラッゲラ

「なんがあるかな~」に(〃 ̄ー ̄〃)

傍聴席 静粛に!!

ヘラヘラ証拠写真に関しては 社会通念上の
倫理に抵触する恐れがあるので異議を
申し上げます^^

ブタネコさんへ

呉、江田島と出てきたのでは一筆書かねばと思いメールします、別のコメントとは趣旨を別にしますが悪しからず。
僕は学生時代、何組かの東京の友人を故郷に招待したのですが、彼らは’タンクの故郷で瀬戸内の魚とお好み焼きを満喫して、あわよくば広島の女の子とウンヌン・・・’と良からぬ妄想を抱いて広島に降り立ったらしいのですが、まず連れて行ったのが原爆記念館、そこで強烈なストレートをお見舞いして浮かれた気持ちをノックダウン、次ぎに連れて行ったのが江田島の海軍兵学校、ここで特別特攻隊の手記を読ませて完全に浮かれた気持ちをノックアウトにして我家に招待するのがコースでした。
家につくころには神妙な顔をして、広島に降り立った時とのギャップがおかしかったのが懐かしく思い出されます。今でも呑み会での話しはそのことが良く出てきて、よほど印象が強烈だったのでしょう、大いに感謝されています。
もうすぐお盆ですね、’そうじゃねー’とか’うちらーね-・・・’を聞きに帰ろうっと。

★ タンク さん

’そうじゃねー’とか’うちらーね-・・・’を聞きに帰ろうっと。


良いなぁ… 「~じゃけぇ」 そういう語尾が
もの凄く 私の情感をくすぐるんですよねぇ…

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。